「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
842 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2013/12/06(金) 15:36:23 ID:ZWTkyGEc0

認識がまた変わりました。
結局今までの認識が変わった方と同じようなことしか書けないけれど、
ちょっと感動したので、書かせてくださいね。

それはありふれた言い方になりますけど、
「この世界で完璧だったのだ。この世界を自分は選んでいたのだ」ということが
腑に落ちたということです。

不足のあるこの世界を「自分で望んで」選択していたのだ、ということです。

エゴからすれば「足りない!どうにかしたい!」と思うような世界ですが、
そもそもそういう世界を自分は作っていたんです。
だから変える必要もなかった。(そもそも変えられませんが)

エゴが「こんなの嫌だ」と物申すのは当たり前です。
だってわざわざそういう風にプログラミングしたんですから。

てゆうか、「不足の出前一丁!」と電話で注文しておいて、
いざ届いたら「なんだよこれ。」っておかしくないですか?

自分が完璧に世界を創っていたことを知って、
心の底から、自分やるじゃん、て思いました。

それと同時に、今まで、エゴと同化して
「どうにかしよう。なんだこの世界。コントロールしないと」と取り組んでいたのがばかばかしくなりました。
エゴはエゴとして仕事をしているだけなんですね。
そういうエゴすらも自分でプログラミングしたのかもしれません。

自分なんていないという感覚はわかりません。
けれど自由意志がないというのは良くわかるようになりました。

そもそも「不足のある世界」を頼んでおいて、それが完璧に出来上がっている中で、
何も変えられないし、変える必要がないということです。

「ああ、また意図したとおりに完璧にできたなぁ」と感激して
他の世界が良かったらただそっちを選ぶだけです。
選ぶ、というと何かするような印象を受けますが、
エゴや不足が湧いてきたら、それをスルーして(これが選択)
常に満たされていればいいだけなんだと思います。


エゴが想像する以上に素晴らしい世界が広がるだろうと確信しています。

長々書きましたが、端的にいうと、
「願うのをやめたら願わないで済むような世界が広がっていた」ということです。

843 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2013/12/06(金) 17:28:34 ID:bYRSuExY0

>>842
世界は自分が選んでると言っても
あなたはその自分が選んでる「世界」ってどこまでの範囲だと認識してますかね?

それと
>>431の物事の関連性が薄れてきて突拍子もない現象が起きたというのは
時間の法則や物理法則を超える体験でもしたんでしょうか?


431 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2013/05/19(日) 19:08:59 ID:ZWTkyGEc0

あるとき願望が叶わなくてイライラして、なんでイライラするのかと考えたら、
願望が叶わないと絶対にダメだと設定してる自分に気がついて、

その叶えようとしてるものの正体 (不安、分離)に気がつきました。
そこから世界を見ていたことにも。

エゴがいてもそのエゴに気がついていればいいんじゃないでしょうか?
で、できるだけ思考は働かせず、静かな場所に浸る時間を増やす。
でもこれも、願望を叶えるためにという視点でする限り、エゴの世界のエゴによる営みなりますが。

私にもまだまだエゴはいます。けれど、大元の前提が変わったんですよね。
叶えるために何かする世界から物事を見るのをやめたんです。
だからエゴがいても、どっちに意識を置ているか?だと思います。


それから同時に、物事の関連性も薄れて行きました。
当然、現象の方も、突拍子のないことが起きたりしています。

いろいろ、関係ないから。

願望は勝手に叶うもの。
もっといえば、不安をやめる。


これがチケットなんじゃないかと思ってます。

844 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2013/12/06(金) 19:36:10 ID:ZWTkyGEc0

>>843
>>431ってなんだ?と思ったらずいぶん前に自分が書いたものが…
気にかけていただき、ありがとうございます。

世界の範囲ですが、とりあえず自分とかかわるものすべて、
他人から出た言葉・他人から受け取った態度なんかも、自分だと思ってます。
(正確に言うならば、他人の口や態度を借りて、自分の持っている観念が出てくるという感じかな)

隣の家の車や店先のパソコンを自分だと言い、所有という観念を突破できるほど、
まだ私のエゴは、世界とは一体化していないかもしれません。
そこの部分はうっすら「そうなのかもなぁ」と思う程度です。

>>431に書いたときにも、突拍子もない出来事は経験しました。そのときに起きたのは、

・Aだと思っていた事象が実はBだった。
それも最初からずっとBで自分で勝手に勘違いというか
思い込んでいただけだという風に現実がなりました。

他にも、あんまり具体的に書けないけれど、
・お金が欲しいと思ったら、給料が半年前まで遡って上がり、その差額をもらえた
・あるお金を支払ったが、何やら法制度が変わってむしろ支払った分まで戻って来た

物理原則・時間の法則が崩れたというよりは、
思考の範囲外(自分の想定外)の出来事が起きたという感じでしょうか。

>>431のあたりでは、「エゴから世界を見ていることに気が付けた」状態だったかな。
エゴと同化していると何をしていても「叶えるために」になるところが、とても辛くて
一切投げ出したときに、ちょっと現象が動いたのを覚えています。

108式実践・成功体験談スレ【3】
 
                 Sponsored Link


[2016/05/26 11:27] | Category * 108式成功体験談 その3

 

 
Copyright © 2016 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.