「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link

[No.048] 別の領域に実現を任せきれず、思考を止めようとしても苦しくなるばかりです
[No.049] 叶った時の感情を体験していると、願望を手放すことが出来ません
[No.050] どうやったら人と比べずに、そのままの自分を愛せるようになりますか?



[No.048]
331 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/06(金) 09:00:48 sEnAOlYI0

108さん、>>291で回答いただいたものです。

291 名前:108★ 投稿日:2009/03/05(木) 20:03:12 ID:???0

>>(スレ58の)693
> でも実際現実は…あれ?見えてこないな…の繰り返しです。

そんなに現象化が気になりますか?w
それは料理をしながら、再三蓋を開けて中を覗き込んでいるようなものです。
出来上がろうとしている料理の調理過程を、その都度キャンセルしてしまっているわけです。
ワクワクに留まっていればいいのに、すぐまた現象化に証拠を求めようとする。
本当に上手くいっているのか、どうしても信用できないことによってです。

抵抗がなくなっているのなら、実現を信頼して任せていればいいじゃないですか。
再三中を覗き込むのは、これだけでは不充分だ、まだ自分にも何かすべきことが
あるんじゃないのかという、別の領域に対するぬぐい去れない不信があるからです。

エゴはこうやって実現のプロセスに直接関わろうとすることで、
願望を保持して手放せないようにしてしまうのです。

思い切って実現を別の領域に任せてしまうことです。
どっちみち、エゴの領域に保持したままでは実現は不可能なんですから

108さんに直接ご助言いただくのは夢でもあったので、うれしかったです。
ありがとうございました。

いろんなことを言い当てられてしまいましたw
そして、それらを自分は見て見ぬ振りしてたんだと知りました。この期に及んで。

>本当に上手くいっているのか、どうしても信用できないことによってです。

その通りで、どうしても心の底にこびりついた不信があります。
メソッドを提唱してくださった108さんに失礼ですよね。
(勿論、信頼したい気持ちのほうが強いのでここにいるのですが。)

そしてメソッドだけでなく自分に対しても不信があると思います。
ですから、いくらメソッドをしても、もしかしたらまだ足りないかも、間違っているかも
ほかにも対処しなくてはいけない事があるかも、と疲労困憊していました。

>思い切って実現を別の領域に任せてしまうことです。

これは108さんが以前からよくおっしゃっていることですよね。
ただ、私にはその“思い切る”という感覚がイマイチ掴めないのも正直なところです。
思考を止めようとしても、苦しくなるばかりです。出来る範囲でやって行こうとは思っていますが。

まず、自分やメソッドを信頼することのほうが先決かもしれません。
信頼するために断言やアファするのはアリでしょうか?

また質問で本当にすみません。(自分でもなんて分からず屋だ!と呆れます)
もし何か助言等ございましたらよろしくお願いします。ありがとうございました。


2305 名前: 108★ :2009/05/21(木) 00:25:01 ???0

>>331
> 思考を止めようとしても、苦しくなるばかりです

一日に一回から数回、瞑想の時間を取って強制的に思考を止めてみると良いです。

コツは、呼吸に注意を向けることです。
規則正しく呼吸して、それだけに注意を向けていると、自ずと思考は止んでいきます。


普段の生活に戻って、また不安が頭をもたげてきたら、
それをグルグルに丸めて、瞑想時に感じたあの静かで安心できる空間に
「え~いっ!」と放り投げてしまいます。イメージでそうしてみます。

> 自分やメソッドを信頼することのほうが先決かもしれません。
> 信頼するために断言やアファするのはアリでしょうか?

あなたに安心感を与えることなら、どんな手段を執っても構いません。
ただ、あなたはメソッドと現象化を関連付けすぎている気がするので、
気分を自らの意志で選択することを習慣づけるのをお勧めします。

「メソッドでこれこれこういった結果が現れなければ安心できない」
「したがって好意的な結果が出ないうちは、安心を経験することを延期する」

これではいくらメソッドを行っても効果はありません。
その時のあなたの感情がどのレベルにあるのか、確認してみてください。
108メソッドは、現象化を自らの選択でブッタ斬るところが真骨頂です。

不安ではなく安心を、不快ではなく良い気分を選択することを練習してください。
今、あなたの目の前には安心や快を与えてくれるものが一杯あります。
それに注目して、安心や快を選択する練習をするのです。
小さいことで構いません。まずはそれを習慣化してください。


[No.049]
341 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/06(金) 17:53:38 vWE9SQjA0

現在私は転職活動中です。
クレンジングをしていて分かったのが、私には「仕事は辛いもの」
「苦労(我慢)しないとお金は稼げない」という信念があることが分かりました。
分かったので手放すと宣言をしました。
また今を感じるメソッドや愛を送るメソッドを思いついた時にやっています。

私の願望は「理想的な職場環境で楽しく仕事をする」です。
その為「私はどうやってこの理想的な職場環境の楽しい仕事をゲットしたのだろう?」と
問いかけてほっといてみたりしています。また、気が付いた時に理想的な職場環境で
楽しく仕事している自分の感情を味わったりしています。

そこでよく分からなくなってきたのですが

●前もってその時の感情を体験していると、願望を手放す(問いかけて ほっておくこと)
 が出来ません。楽しい感情と同時に「あっ私にはこの願望があったんだ」と再認識してしまいます。

●願望に「理想的な職場環境」とアバウトに書きましたが、実際自分では何をもって理想的なのか
 具体的にそこまで考えていません。なんとなく周りの人がイイ人たちで・・・位なのです。
 それでもいいのでしょうか?

現在は引きこもりなのですが、美容院に行って履歴書用の写真を撮影したり、
ネットで色々な会社の求人情報を探したりしています。

346 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/06(金) 19:12:05 vWE9SQjA0

341です。
既に具体的な活動はしています。といってもつい最近はじめたばかりですが、
今までに応募した所は2件。1件は面接でおとされ、もう1件は書類審査でおとされました。

履歴書用の証明写真もなくなったので、気分転換がてら美容院に行って
新たに写真をとり、ここ数日はネットで求人情報を見ていますが、
応募したいと思う求人が今の所ありません。

初めからちゃんと書けば良かったのにスミマセン。亀のようなスピードでの活動です。
あっ今あるメソッドを思い出しました。「大丈夫、完璧」とつぶやいてみました。


2307 名前: 108★ :2009/05/21(木) 00:27:17 ???0

>>341
>●前もってその時の感情を体験していると、願望を手放す(問いかけて ほっておくこと)
>が出来ません。楽しい感情と同時に「あっ私にはこの願望があったんだ」と再認識してしまいます。

あなたはその瞬間、実現した現実を、実現していない現実から捉え直しているわけです。
つまり、

「これは未だ実現していない夢なのだ」

と、その経験を再定義することで無効化しているのです。
これも不足に焦点が合ってしまっているために起きることです。
これを回避するため、実現したときの感情を経験する前に、

「これから経験する感情は、今現在の実現状態と何ら無関係である」

と予め念押ししておくことです。
あなたが遊園地のアトラクションで遊ぶとき、

「この経験は私の日常とどういった関係があるというのだろう」

とか、いちいち考えないですよね。
それが一時的なアトラクションの経験であることを予め了解しており、
にも関わらず、その夢のような経験にどっぷり浸ることができているはずです。


感情を予め経験するときも、このような感覚でやってみてください。

> ●願望に「理想的な職場環境」とアバウトに書きましたが、実際自分では何をもって理想的なのか
> 具体的にそこまで考えていません。なんとなく周りの人がイイ人たちで・・・位なのです。
> それでもいいのでしょうか?

その時の感情がリアルに体験できるのなら、詳細に関する情報が少なくても構いません。
そのままでリソースが不足していると感じるなら、どんどん広げていくと良い。
その職場の人は、どんな風に「いい人」なのか。あなたにどうやって接してくれているのか。
職場はどんな雰囲気なのか。同僚とどんな風に飲みにいったりして楽しむのか。

どんどん具体的にしていくと良いです。

> 現在は引きこもりなのですが、美容院に行って履歴書用の写真を撮影したり、
> ネットで色々な会社の求人情報を探したりしています。

それは大変結構。さらに>>346に関連して言うと、

> 応募したいと思う求人が今の所ありません。

敢えて応募したいと思わない求人に募集してみるとか。
あなたはおそらく理性的に考えて、

「合理的判断において、この求人は私のニーズに合致しているだろうか」

こういった目に見える情報による根拠を応募の判断材料にしていると思います。
経験からも言えますが、ネットの求人情報による少ない情報で、
あなたのニーズに本当に合致しているかどうかを判断することは難しいです。

職場の雰囲気や、そこで働いている人と自分の相性、職種の適切性など、
求人誌やネット情報では表面的な部分しか伝えられないからです。

で、一度合理的判断を放棄してみる。
内容や詳細に目を通さず、直観で選んでみる。
内容と一切関係なく、求人情報に1~6まで任意に数字を振ってみる。
サイコロを振って、出た目と同じ番号の求人に応募してみる。
多すぎたら、同じ手順でもう一度絞り込む。

…とかね。
※この方法はあくまで一例です。

方法はなんでも良いんです。
合理的判断と全く関係なく、応募するところを決定してみる。

「こんなことをして、とんでもない企業に採用されたらどうしよう!」

こう感じるなら、わずかな情報から得られるとても狭い理性的判断によって、
最善のコントロールが出来るという信仰を未だ手放せていないということです。

一度、そういった判断を一切放棄し、偶然に任せてみても良いと思います。
不安になるなら、神様にお願いメソッドを併用してみると良いです。
抵抗が大きければ、それを押してまでやらなくても良いです。
今のやり方でも、いずれ望みの職場に就職できるでしょう。


[No.050]
350 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/06(金) 20:31:03 boZ5ZNvkO

108さん、賢人さんたち教えて下さい
よくそのままの自分を愛してあげてってアドバイスされますよね。

私はその感覚がよくわからないです。
自分の事が嫌いってわけじゃないです。でも人並みにコンプレックスはあるし、不満もあります。
だから自分を愛そうとする際どうしても自分より劣っている人、不幸な人を引き合いに出してきて
自分を愛そうとしてしまいます。

あの人に比べたら私の方が大分マシだよねっていう風にです。
性格悪いですよね。

でもこの方法が一番わかりやすいというか、感情を感じやすいんです。
他の人と比べて感じる愛なんて自分よりも恵まれた人が出て来た時点であっという間に
消えてしまうのに、それ以外の方法でただ愛を感じるというのがイマイチぴんときません。

やはりこういう愛の感じ方はまずいですか?
どうやったら人と比べずにそのままの自分を愛せるんですか?
教えて下さい。よろしくお願いします

352 名前: エロ忍者 :2009/03/06(金) 20:56:47 TYVL8bLsO

>>350さん
自分より劣った人とか不幸な人を対照として、自分の幸福感を充足させるのは、
幸福感を外に求めていることになり、内に在る本当の幸福が見えなくなってしまいます。
外に幸せを求めると比較対照し、不足感も生じます、
なんせ比較するものがわんさかあるんですから、

エゴの餌ばかりで、食ってはお腹をすかして新たなる比較対照を探し続けるでしょう。
外に求める幸福は二元化されて不幸の裏返しなんですね、
幸福を意識すれば、対極の不幸も浮上してきます。

別の領域にある幸福は、この上ない極上の幸福、至福ですね、
此には比較対照、対極がなく、幸福になったけど何だか不安だなあ、とか
次から次へとエンドレスな幸福追求もありません。

訳解らんレス、失礼しました(b^-゜)

368 名前: 画家 ◆utHkaCg902 :2009/03/07(土) 00:12:10 ZUsVIlbk0

>>350
横レスすみません。

>でも人並みにコンプレックスはあるし、不満もあります。
>だから自分を愛そうとする際どうしても自分より劣っている人、不幸な人を引き合いに出してきて
>自分を愛そうとしてしまいます。あの人に比べたら私の方が大分マシだよねっていう風にです。
>やはりこういう愛の感じ方はまずいですか?

まずくはありません。
ただ無条件になっていない、ってことだけです。


私は○○だから愛する
私は○○だから嫌だ

これ、実は同じなんです。

○○は条件です。
つまり条件付きの愛。そして条件付きの嫌悪。
同じものです。

自分を愛する、とは「無条件に」です。

何もなくてもいい、金も、地位も、美貌も、才能も、なーんにも要りません。
そのままそっくり愛する。~だから愛する、ではありません。
理由もなにも要らない。寧ろ邪魔w

もっともっと簡単に把握してください。

350さんの場合は先ず比較した状態で愛を感じ、その感じを維持したまま
だんだんと比較した条件を取ってゆく、でいいかも。
○○が無くても愛を感じる、って具合に。


2312 名前: 108★ :2009/05/21(木) 00:37:01 ???0

>>350
あなたのしていることは、画家さんが指摘したとおり「条件付きの愛」です。
「条件付きの評価」と言い換えても良い。つまり本質的には愛でもなんでもないわけです。

その「他人との比較で優越感を得て自己を評価する」ということも、
自分に対する定義を見直す一歩にはなるので、まんざら無駄とも言い切れない。

しかしあなたがご自分で書いているとおり、その評価は相手次第で一変してしまう
可能性を多分に含んでいるため、いつまで経っても完全な安定感を得ることは出来ない。

それなら話は簡単、そういった条件と無関係に自分を無条件に愛することを始めた方が良いです。
さて、その方法ですが、これもあなたがご自分で既に書いています。

> どうやったら人と比べずにそのままの自分を愛せるんですか?

人と比べなければ良いんです。それだけです。
あなたの自分に対するOKもNGも、全て他人との比較で定義されている。
それなら、あなたへの評価に「他人との比較」を持ち出さなければいい。

あなたが自分で自分を評価している点があるでしょう。
髪が綺麗とか、爪が綺麗とか、整理整頓が得意とか、一度走った道は覚えているとか、
目覚ましなしで起きられるとか、いつどこででも、すぐに眠ることが出来るとか、
絵が上手とか、おしゃべりで人を楽しませることが得意とか…

何かあるでしょう。
それを、他人との比較と無関係に評価してやればよい。
他人と無関係に「私はこれが得意、好き」というものがあるはずです。
それをただ単に評価してやれば良いんです。

それが趣味として出来ることなら、趣味として継続してみる。
日常的な作業であれば、それが出来るたびに自分を評価してやる。
そうやって、自分を肯定できる部分をどんどん拡大していくのです。

例えば、あなたが絵が得意だとして、あなたが絵を描いているときは、
他人の評価とか関係なく、ただその行為に没頭して楽しんでいるでしょう?
その時、あなたはあなた自身を祝福しているんですよ。
そういう機会を増やしていくことです。日常のどんな些細なことにでも。

他人との比較や評価と無関係に、あなたはあなた自身に幸せを与えられることが分かってくるはずです。
それが出来るのはあなた以外にいないことも分かってきます。
そうやって、自分と良い関係を築いていってください。

エロ忍者さん・画家さんのレスも、とても参考になると思います。

108質疑応答
 
                 Sponsored Link


[2012/02/26 00:18] | Category * 108式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.