「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
242 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/09(木) 15:49:40 ID:nEh0nueg0

以前に完璧認定をしていたものです。
前スレッドで本願云々と書いた事がありましたが、自然と上手くいきました。

正直、状況としては全く思わしくない状態だったので
自分には実現方法なんて分からなかったのですが
「…え?」というような感じで勝手に現実が変わっていきました。

どんな状況でも大丈夫なんですね。
全く違う言葉で、違う事を伝えているように見えても同じ事なんです。
それが信頼であって、手放すであって、流れに任せるという意味だと思います。

>>前スレの693さん
遅くなりましたがその後はどうでしょうか?
以前に問題を問題としているのは誰だろう、という問いかけをオススメしましたが
あれは答えを言ってしまうと自分以外の誰でもないんです。

少し難しく考え過ぎているかも知れませんね。
完璧だ、とは考えるのではなく、ただ淡々とそれを意図するだけなんです。
思考に判断させると即座に反論が出てきて埒があきません。

「この問題があるからこうなった」
この関連性を強く保持する限りは延々と同じ状況が繰り返されます。

正直、僕自身がそうでした。

それだったらこの関連性を手放しませんか?…という事です。
大丈夫ですよ、問題がその現実を作り上げたわけではありません。


「どうみても問題が関連して起きたようにしか思えない!」
敢えてそこをひっくり返してみませんか?

問題が問題である限り解決しない、という理解にも繋がっていきます。

>>前スレの761の476さん、どうもおめでとうございます!

761 名前: 476 投稿日: 2010/09/02(木) 23:20:34 x5MRf//c0

622さんの完璧認定をしてみたらなんか良いです。
特に「現状をあるがままに受け容れる」からスタートしたら
現状は今まで思っていたものより、ずっと素敵なものだった。

私は「完璧であると気づく」という感覚もあるけどそんな感じかな?
実際に良いこともいろいろありました。

どうもありがとう。しばらく継続してみます。

完璧認定に関してはその通りだと思います。
現状をあるがままに受け容れると充足に満たされていると分かりますよね。

「完璧であると気付く」
これはまさに完璧な気付きですね(笑)
そうなんです、そこに気付くだけで本当に物理世界もその姿を変えます。


こちらこそどうもありがとう御座います。

246 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/09(木) 16:35:31 7EOvNT5o0

>>242
おめでとうございます。
私もずっと、こんなことが起こったからこうなったんだ、って思い込んでいます。
そういうこともそういえばあったなー、でも関係ナイナイって思い返したり
最近は願望に対して、もう考えるのも辛いから、どうでもいいかー
違うことしよ、と思う瞬間があれば、またぶり返して辛くなるときがあります。

安心したくて信じたくて、その証拠を見つけようとしてスレを必死で読み漁ったり。
それって、叶ってないって思ってるんですよね。
何でそんなことしてるんだろう?って問いかけて放っています。

さらに最近、楽しいと思うことをすると罪悪感がうまれるようになりました。
何に対してなんでしょうね。

それも、何故こう思うんだろう?って問いかけて放っています。
何がでてくるのかなー。ちょっと楽しみ。


304 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/10(金) 05:34:22 ID:nEh0nueg0

>>246さん
どうもありがとうございます。

>安心したくて信じたくて、その証拠を見つけようとして

ここにその答えが既に書かれていますね。
多分、願望を手放す事に何等かの恐怖や不安がある
または俗にいう"別の領域"を信頼出来ていない状態なんだと思います。

辛い時こそ、その完璧さを見て下さい。
僕たちに視認出来る範囲なんてたかだか知れたレベルのものです。
本当はもっと広い世界が広がっているんですよ。


楽しみだ、という感覚は凄く大切だなーと思います。
どうかその感覚を大事にしていって下さい。

293 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/10(金) 00:42:44 Cfbi0F9w0

>>242
>完璧であると気付く

つまりは「完璧になった(なる)自分を心に強く思い描く」
という思い込みを強固にするって事?


304 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/10(金) 05:34:22 ID:nEh0nueg0

>>293さん
何度か書いたと思いますが、思い込む事とは全く違います。
その方法はどちらかといえばイメージングに近いのかも知れませんね。
それでワクワクするのならば、勿論それもいいと思いますよ!

僕のいう完璧認定とは、純粋な選択として"完璧"を採用するだけです。
恐らく108さんもそれを言っていたのではないかな…と勝手に思っています。
どんな現実にも振り回されないで、ただそう認定するんです。

327 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/10(金) 13:55:54 7EOvNT5o0

>>304
アドバイスありがとうございます。

> 安心したくて信じたくて、その証拠を見つけようとしてスレを必死で読み漁ったり。
> それって、叶ってないって思ってるんですよね。
> 何でそんなことしてるんだろう?って問いかけて放っています。

これに対する答えは、今沸いてきました。
願望そのものを見ると不足感でいっぱいになります。
見なければいいのですが、見ざるを得ない環境です。
そこにあるのに、なんで不足感でいっぱいになるのかもわかりません。
その不足感を「叶う証拠」で埋め尽くそうとしてるのです。

昨日見た夢に、二人組みの男の人が次々に三組でてきました。
服装も身体的特徴も全く違うのに、この人たちは全部同じ一人の人と天の声が言いました。
「なんだ、じゃあ願望は叶うんだね」と安心する自分がいました。
その安心感を思い出そう。


372 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/11(土) 00:10:15 ID:nEh0nueg0

>>327さん
願望に対してそれを見ざるを得ない状況にいるわけですか。
そしてそこで不足感を感じるんですよね。
つまり現実を見て「やっぱり叶わない」という認定を与え続けているんですね。

証拠なんて必要がないんです。
叶う事への絶対の信頼があれば、わざわざ証拠探しなんてしませんよね。
不足感は幻みたいなものですから埋め合わせる必要もないですよ。

現実の動向に振り回されるのではなく「自分がどうありたいか」
という選択を淡々とする事が大切なのではないかな、と思います。


>「なんだ、じゃあ願望は叶うんだね」と安心する自分がいました。

おめでとうございます、その安心感を大切にして下さい。

後、余談でこれは私的に感じた事なのですが
不足感を"見て見ぬ振り"するのは逆効果になり易いような気がするので
注意した方が良いかも知れません。上手く説明出来ないのですが、
そもそも無視する性質のものではない気がします。

不足と充足があったとしてどちらを選択するか、という事ですね。
充足を選択する、というのがキーポイントだと思いますよ。
本当は最初からわざわざ不足を採用する必要なんてなかったんです。


375 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/11(土) 00:52:31 utxK6XGQO

>>372
携帯からなのでID変わっていると思いますが、327です。
全くご指摘の通り、現実を見て叶ってない認定をしているのですね。

現象を淡々と受け止めて、願望がそこにあるな、で留められるといいのですけど。
不足を感じるのは今の事実なので、そこから充足に持って行くには何かで埋めなければとなってしまい、
何かがないと充足しないという認定になってしまうと考えてしまって、躊躇してます。
間違ってると頭でわかりつつ、叶う安心を思い出そうとしてます。

おや?という気づきのようなものがあることもあるので、
中には自分にしっくりくることもあるのだと思います。
たくさんのアドバイスありがとうございます。とても嬉しいです。


417 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/09/12(日) 02:18:21 ID:nEh0nueg0

>>375さん
色々な気付きもあるようで何よりです。

>不足があるのは今の事実

この認定というのは本当のものですか?
今が不足である、というのは誰が決定しているんでしょうか。

以前に充足には条件が必要ない、と書きましたが不足も同様です。
不足という認定を与えるのは紛れもない自分自身です。
だったら代わりに充足の方向性を見てみませんか、という事なんです。

僕たちは実際にたった今、無条件で充足を感じる事が出来ます。
よかったら一度、願望という条件すらも外してそれを経験してみて下さい。

「無条件に充足を見よう!」
という意図の前に最早、不足は入り込む余地はありません。


こちらこそ何等かの切っ掛けに役立てて頂けたら幸いです。
どうもありがとう御座います。

上海雑伎団スレ【第三十一幕】
 
                 Sponsored Link


[2012/03/02 00:06] | Category * こっそり式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.