「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
[No.064] DVを受けて離婚しましたが、最初から結婚自体無かったものと考えていいですか
[No.065] 特定個人を引き寄せたいのですが、気付くと不足感にばかり焦点をあててしまいます
[No.066] 相手に対し、愛と憎しみ両方の感情があり、素直に愛を送ることができません



[No.064]
437 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/08(日) 06:21:41 TZp0IOY.O

108さん、連続質問で申し訳ありません。
私はDVを受けて離婚しましたが、その結婚自体、最初からなかったのだと考えていいのでしょうか?

そう思うととても晴れやかですが、まだ
「それでいいのかな、許可が欲しいな」「その経験で学んだ大切な事や得た事はどうなるのかな」
という気持ちがあるため、完全に忘れた頃にDVの事を聞かれたり、バツイチは遠慮したい等の
会話を耳にしたり、結婚時の姓で呼ばれたり、離婚した事を言わなくてはならなかったり…
思いださざるを得なくなり、嫌で、悲しくて、怖くて、悔しい吐き気を伴う感情が浮かびます。

なかった事と認識するのに迷いがあるから中途半端な事になっているのだと思います。

学んだことや、得た物は最初からあった。その結婚自体なかった。悪い夢だった。
と認識してもよろしいでしょうか?

何を思うかではなくて、何を感じるか、ですよね?


3135 名前: 108★ :2009/07/04(土) 00:26:59 ???0

>>437
> 私はDVを受けて離婚しましたが、その結婚自体、最初からなかったのだと考えていいのでしょうか?

それもあなたの自由です。
でも、この願望自体にあなたにとって不都合なものが含まれていることに
まずは気付いた方が良いと思います。

> 完全に忘れた頃にDVの事を聞かれたり、バツイチは遠慮したい等の会話を耳にしたり
> 結婚時の姓で呼ばれたり、離婚した事を言わなくてはならなかったり
> …思いださざるを得なくなり、嫌で、悲しくて、怖くて、悔しい吐き気を伴う感情が浮かびます。

思い出したくもないと抑圧しているため、何かの拍子で喚起されると、
それはあなたに強烈なダメージを与えてしまう。

あなたにとって、これらの思い出は恐怖ですよね。
だからこそ、なかったことにしたいわけです。
ところが、それらから逃げるどんな行動もあなたを自由にしてはくれない。
かえってそれらを保持し続けることになってしまう。


そうならないためには、その嫌な思い出に対する重要性を捨て去ってしまえば良いのです。

「それらは『今』起きているわけではない。過ぎ去ったことなのだ。
 こうやって思い出してしまうと、その時の強烈な感情がわき上がってきて、
 私は酷いダメージを受けたように感じる。

 しかし、実際には私は何ら傷ついていない。
 それらは『今現在の私』に、指一本触れることは出来ないのだ。
 これらは私の思考が作り出している『今現在起きていないこと』に対する感情、つまり錯覚だ。
 したがって、私はこれらの思い出に必ずしも翻弄される必要はない。

 その記憶を思い出すと、私はまたダメージを受けたように感じるかもしれない。
 しかし、それらのどれ一つとして、実際には『今現在』起きていないことなのだ。
 実際には私は安全な領域にいる。何も私を傷つけるものはない。私は安全だ」

こんな風に。
それらが実際には今起きていないことが充分に実感できれば、
その記憶に対する重要性は低くなります。

で、それらが実際にはあなたを傷つけていないということが充分に分かると、
あなたはそれらの感情を取り扱える立場に立ったことになります。

(つづく)

3136 名前: 108★ :2009/07/04(土) 00:27:36 ???0

(つづき)

ここからどうするのかは、色々と方法があります。
その記憶に触れて強い感情を感じたとき、出来るならエネルギーとして胸でただ感じてみる、
という方法があります。

この時思考を働かせないで、単にエネルギーとして感じるのです。
未だに残っているそのエネルギーがある程度解放されれば、
その記憶はあなたにとって脅威ではなくなるはずです。
ただ、無理を押してまでやる必要はありません。

また、セドナメソッドも効果的です。
※やり方についてはWeb等で調べてください。
詳しいやり方の載った解説本も出ています。

人生を変える一番シンプルな方法
~世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド~

その記憶について感情がわき上がってきたら、

「この感情を出来るだけ認めることが出来ますか?」
 ※以下、深く考えないで「はい」「いいえ」等で答えていきます。

「この感情の下にある欲求はなんですか?」
 ※何らかの感情は、その下にある基本欲求から来ています。
  基本欲求とは「制御」「承認」「安全」です。
  あなたの場合「安全」か「承認」だと思います。

「この欲求をずっと持ち続けていたいですか?それとも、この欲求から自由でいたいですか?」
 ※この答えは自ずと「自由でいたい」となると思います。

「では、この欲求を手放しますか?」
「いつ?」


こうやって、最終的には「今」その欲求(感情)を手放せるよう誘導してきます。

上記手順は、かなり簡略して概要を述べただけです。
詳しくはご紹介した書籍を参考にしてください。

あなたの場合、前のご質問などを見る限り、
割と精神的な安定度が高いとお見受けしたので、上記の方法をお勧めしました。
もし心的外傷のレベルが高くて手を焼くようでしたら、場合によっては
信頼できる心理療法士さん等にカウンセリングを受けた方が良いかもしれません。

ただ、いずれの場合でも心配することはありません。
必ずあなたに合う方法があり、その問題が解消できることを忘れないでください。

そして、普段の生活ではあなたにとって快いことに意識を向けていてください。
あなたが快いことに意識を向ける分量が多いほど、あなたの心の中で、
かつての忌まわしい記憶の占める分量は減っていきます。

ひょっとしたら、この普段の心がけによって、
あなたが問題にしているそれらのトラウマは自然解消するかもしれません。

とにかく、その問題はいずれかの方法で解決できる。
そうやって気を楽にして、快となる方向に進んでいってください。


[No.065]
444 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/08(日) 12:52:23 lE.vYY26O

108さん、こんにちは。
以前108さんに、特定個人の引き寄せについてアドバイスをいただいた者です。
これまで何度かうまく行きかけているのに、結局いつもうまく行かず、今はまた音信不通です。
(連絡を取ろうと思えば取れるけど、敢えて取りません)

何故だろう?と問い掛けた結果、いつもうまく行きかけると、
恐怖心が沸いて来ることを思い出しました。

今すぐに叶って欲しいはずなのに、
まだ叶わなくていいかもと思ってしまうなんて、すごい矛盾していますよね。
どうしてもその思いがなくなりません。

自分の思考が幸せを妨げているということがなんだか虚しくて、
気づくと胸の辺りがもやもやし、不足感にばかり焦点をあててしまいます。
どうしたらいいのでしょう?


3137 名前: 108★ :2009/07/04(土) 00:29:53 ???0

>>444
まずはその事について、重要性を引き下げてください。

「私は、必ずしもその相手と上手く行かなくてはいけないわけでもない」


これで、あなたの願望を真っ向否定することなく重要性を緩めることが出来ます。
その上で、あなたの倒錯している願望を一度手放してみます。

「『その相手と上手く行きたくない』という願望を手放せる?」


自問します。
その願望はあなたの本来の願望とは異なるので、手放すことは容易だと思います。
認めなければいけないことは、あなたがそのあり得ない願望を保持しているということだけです。
それさえ認めることが出来れば、この倒錯した願望は簡単に手放せます。
(この方法は、まんまセドナメソッドの方法です)

その時に感じる恐怖心をそのまま手放してみても良いです。
で、ある程度解放が進んだら、もう一度その願望について気持ちを確かめみてください。

「私はこの相手と上手く行く」


そして、上手くいっている場面をありありと想像してみる。

もしこの時、恐怖心が未だ消えないのだとしたら、
これはあなたの感情ナビが危険を知らせている可能性がある。
(このまま行くと、という意味です。もちろん回避するルートはあります)

もしそうなら、いったんその事は保留にして、
あなたにとって快いことの方に思考の焦点をずらしていく。
ここままだとあなたの焦点はその恐怖心にずっと定まったままになってしまうので、
恐怖心を感じないで済む、他の快いことでコンディショニングしておくわけです。

で、充分に調整が済んで、快い方向に調整が行われていると実感できるようになったら、
その相手と直接コンタクトを取るのではなく、相手との幸せな情景(あなたの目標)を、
ありありとイメージしてみる。


この時恐怖心を感じないなら、望む方向にアクションを起こしてみても良いでしょう。
まだ恐怖心を感じるならまた保留にし、快いことに意識を向けて調整してください。
大事なのは、あなたが楽な状態でその願望について考えられること。
それが出来るようになったら、後は快に向かって進んでいくだけで大丈夫です。



[No.066]
470 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/09(月) 08:27:28 ncl2wmLQ0

相手に愛だけじゃなく、憎しみがあるのに気付きました。
「どうせ叶わない」という思い込みの中身の一つだと思います。

恋人同士だった頃の相手との時間を思い出すと、じんわりした喜びに浸れるようになったのですが、
どうしても素直に愛を送ることが出来ません。どうも別れ際の冷たい態度が、未だに許せないんです。
それが当時相手の優しさだったとしても、受け入れられない。

要するに「仲良かったあの頃の人なら愛してる。ずっと一緒にいよう」
「あんな冷たい態度とって人の心を踏み躙った奴なんて大嫌い」
という2つの思いがあります。

そんな態度をとられた自分自身も情けないし
「あの性格だ。絶対に気が変わることなんてない」と決め付けて、実現を絶望視したり。
でも、そんな態度を取られながらも、やっぱり相手の事を思って
一緒にいたら楽しいな、とかワクワク想像してる自分もいます。
とりあえず、喜びにも憎しみにも抵抗はしないようにしてます。

あと、「どうせ叶わない」という信念保持を認めたり同意すると
「嫌だ、苦しい、叶わなきゃ困る」という感情が一杯出てきます。

それにも抵抗せず、「苦しいよね、嫌だよね」と同意をしてますが
さらに「畜生!どうせ無理だよ…」という風に悔しさや悲しさがこみ上げてきます。
この場合も延々と感情を認め続ければ良いのでしょうか。
108さん、メソッド適用に関してご意見お願いします。


3138 名前: 108★ :2009/07/04(土) 00:31:54 ???0

>>470
> 恋人同士だった頃の相手との時間を思い出すと、じんわりした喜びに浸れるようになったのですが、

なら、そこで止めておけばよいです。
無理に愛を送ろうとして、殊更相手の不足面に意識を持ってくる必要はない。

恋人だった頃の相手との時間を思い出す。
そこでじんわりとした喜びに浸る。


メソッドはこれだけにしてください。
今後の関係性の進展についても期待しないこと。

相手との関係で取り組むのはそれだけにして、
後はあなたにとって快であることに意識を向けるようにして毎日を過ごしてください。


450 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/08(日) 17:51:41 DKXiUGWE0

「自分を変えない」ことに決めたら
なんだか楽になったw

459 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/08(日) 21:33:40 fUP4JReY0

不足感に直面するのが怖い、と108さんに質問した者です。
最初の頃は「不足感」を感じてないフリをするためメソッドして地獄を見ましたw
「不足感」を感じて良い、と許可出来るようになってからは
毎日毎日泣いて泣いてを繰り返しました。苦しかったですw

で、つい最近気付いたというか少し心境が変化したというか
「『不足感』って過去の栄光とか幸せを想起しないと沸いてこない。

なのに未だ『不足感』でわんわん泣くのは、不足感を感じることが中毒になってるのかも」
という風に、なんだか不足感をいちいち感じるのがバカらしくなってきました。
疲れたのか、あるいは執着の果てに来ようとしているのか・・・
クタクタになるまでの過程がしんどいですね。

昨日から唐突に実践してる自分的に気持ちがラクになる方法ですが
どんな感情も怖れない、怖くない、と決めてしまうと良い感じです。
どれだけ自分が感情に抵抗しているかが分かって、なんだか面白い。
無理矢理「過去の栄光」とか「叶わない理由探し」をして
「不足感」を必死に出そうとしてる自分がいましたw
まあ参考程度にこういう人間もいます。


3138 名前: 108★ :2009/07/04(土) 00:31:54 ???0

>>450
これも素晴らしい気付きですね。
おめでとうございます!

>>459
> 昨日から唐突に実践してる自分的に気持ちがラクになる方法ですが
> どんな感情も怖れない、怖くない、と決めてしまうと良い感じです。
> どれだけ自分が感情に抵抗しているかが分かって、なんだか面白い。

これも素晴らしい。
お二方に共通するのは「自分でこうだと決める」
つまり意図を働かせている点ですね。

意図を働かせたとき、とても安心感があり、恐怖心はありません。
単純な意図は、あらゆる重要性と無縁だからです。

471 名前: 夏休男 :2009/03/09(月) 10:28:48 ospM4SO20

108さん、ところで、ちょっと興味のわいたことがあります。
108さんら、悟ったというか、それが言い過ぎならある境地におられる方にとって
日常とはどのようなものなのでしょう。

僕の場合、瞑想やメソッドは夜寝る前や休日にやっていて、そのときはいい感じなのですが、
休みが明け朝がきて、いつもの日常が始まるとその中に埋没してしまいます。
日々の雑事、人づきあい、緊張するような仕事、時にはやっかいごとへの対応など、
煩わしくて滅入ることもあります。

108さんら賢人の方々にとって、そうした日常はどのように見えているのでしょう?
或いはその境地に達すると、やっかいごとなどは起きないものなのでしょうか。
正直、興味本位の質問のような気もするので、お答えいただかなくても構いませんが、
我慢できずに書きこんでしまいました。ご勘弁を。


3138 名前: 108★ :2009/07/04(土) 00:31:54 ???0

>>471
私は賢人ではありませんw
したがって、日常は日常として見えていますよ。
ただ、まぁなんというか、ある意味すべて輝いていますね。
それは本来、あなたにとっても、誰にとってもそうであるはずです。

ところが「そんなはずはない」と思うことで、そうは見えなくなります。
ですが、これは単なる信念ですよね。思い込みです。
思い込みが崩れるにしたがって、本来の状態が見えてくる。
そしてそれは、実は私らが思っているほど悪いものではないということです。

108質疑応答
 
                 Sponsored Link


[2012/04/13 00:40] | Category * 108式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.