「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
330 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/04(木) 17:33:51 5rDIFp52C

「完璧だ」採用をしてみてます。
でも、この辛い状況に「完璧だ」と云い続けることが怖いです。
「その状況で『完璧』なら、ずっとずうううぅーーっと、そのまんまでいいんじゃん?」
てなことになりませんか? そんなのイヤだ(つд;)


331 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/04(木) 19:28:47 ID:8xMa9fPEO

>>330
採用してないじゃん

336 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/04(木) 20:31:56 hRHAZHngC

>>331
よくわかりません…


338 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/04(木) 20:56:08 ID:8xMa9fPEO

>>336
この辛い状況が、完璧だ

↑おかしいでしょ?
完璧云々の前に「これは辛い状況なのだ」という認定ありきでしょう
「この辛い状況」に対して完璧だと思い込もうとしても、>>330のようになって当たり前

しかし「じゃあ辛くないと思えば良いのか?」って話でもない
感情を抑圧することになるだけだろう
逆効果

この状況がどうであろうが
この状況を自分が今どう感じていようがいまいが
それとは関係なく

「完璧なのだ」

と決める
認定する
或いは、知る
「完璧だ」と言えるセクターに移動する
選択する

まあ言葉は何でもいいんだが、それが「採用する」ってことでしょう?
辛さを見つめて「この辛さよひっくり返れ」ってやっても無駄なのさ
それでは何も採用してない

「完璧だ」

そう認定するのには、なんの力みも要らない筈だよ
「完璧だ」と言い続ける時点で「完璧でないから」「どうにかしないと」と
エゴの領域からせっせとコントロールに勤しんでるわけ
当然、そのコントロールには何の力も無いわけさ

(つづく)

339 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/04(木) 21:00:11 ID:8xMa9fPEO

>>336
(つづき)

私が何を思い何を感じようがもはや完璧なのだ
手の出しようがない。自分にできる事はもはや無いのだ

「ハイハイ、どーせ完璧なんでしょっ(`ヘ´;)フン」
てなもんだ

この時もはや「この辛い状況」に対して何かをする必要が無い(どーせ完璧だからネ(`ヘ´;))
もはや「この辛い状況」について考える必要が無い(考えても無駄だからネ(`ヘ´;))

さて、このポジションに立った時に何を選択する?
相変わらず「この辛い状況」に思いを馳せ「苦しむ」ことを選択するのか
「この辛い状況」については考えても無駄そうなので
他に何か楽しい事や嬉しい事に思いを馳せるのか

荷物をおろしてごらんよ
事態は自ずから整おうとしている
世界は自ら充足しようとしている
その事にほんの少しの信頼を寄せてみないか?

370 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/08(月) 00:48:07 qE7tyFO20

「思い煩う」まさにソレをやってしまう。しかも無意識に気がついたらやってるorz
で、「いかんいかん!」と自分を否定してしまう

そこで、「あ、コレは自分を否定してしまうから、自愛ではないしそのまま認めてない」とか
更にややこしい事になってしまうわけなんだw

それもそのままでいいのかな
叶えるために多重に条件付けを与えてしまう


371 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/08(月) 01:33:46 ID:8xMa9fPEO

>>370
そこで「単純な選択」が力を発揮するんだ
「あー思い煩ってるな、やめよう」これだけ

思い煩う、という取り組み自体が不都合を支えてる
つまり今自分はせっせと不都合を支えてるんだな

そう気付けば容易い選択な筈だ

この選択によって不都合を支える必要がなくなったら後は好きなものを選択するといい

今何を感じてたいのか
感じたいものを選択するんだよ

難しくしなくて大丈夫

372 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/08(月) 02:53:21 GVa5zgPc0

>>371
「持っている」を感じたい。


373 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/08(月) 20:46:01 ID:8xMa9fPEO

>>372
どうぞ。誰も止めやしないぞ
だが、「持っている」を感じようとする事で「持っていない」に焦点が当たるなら
その道は迂回した方が無難だよ

結局は不都合をせっせと支えて自分をいじめることになるから

654 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2011/01/20(木) 14:46:57 1MeTejfc0

この間から、恋人の事を考えると、好きなはずなのに、嫌な感情がでてくるんです。
感じきるとか、自愛とか実践してきました。

でも、いくら自愛をしても感じきろうとしても、もやもやとした感覚だけがとれないんです。
だから自分の内面を探ろうとしたわけですが・・・

恋人の事好きなはずなのに、どうしてこのもやもやはとれないんだ!
ほんとは好きじゃないんじゃないか!!とまで考えました。

でも、この『考える』ってことこそエゴの思うツボってことですよね?
とにかく胸の痛みから解放されたくてもう疲れてしまいました。
休みたいのに、彼の事を見たり思ったりすると、もやもやがとれないんです。


658 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2011/01/20(木) 18:35:37 ID:8xMa9fPEO

>>654
嫌な感情をどうにかしよう、としてるの?
あってはならないものとして扱ってる内は平行線だよ

嫌な感情だと言うその感情に付き合ってやりな
話を聞いてやりな


「こうあるべき」という押し付けにあなたのハートは窒息寸前だ
汚い言葉でも怒りでも吐かせてやりなよ

紙に思いのたけをかきつづってごらん
「こんなこと考えちゃいけない」なんて制限無しでさ

123 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2011/03/17(木) 20:07:55 UKo13Yac0

4月から学校に行かなければ行けないのに、行けません
甘えてると怒られるとおもいますが、行きたくないのです
震災で苦しんでる人もいるのに、なんで自分は学校くらい普通に行けないのか

こういう時、何からすればいいでしょう
直結?自愛?セドナ?
アドバイス頂けたら、と思います


130 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2011/03/21(月) 00:39:02 ID:8xMa9fPEO

>>123
それじゃまるでおまじないじゃないか
学校に行かなければならない、訳でもない
休む事もサボる事も学校を変わる事も他の学習機会に変更する事も可能

行かなければならない

この思い込みがあなたを追い詰めてしまう
しなければならない、て圧迫感でもってますますキツく、ますます視野は狭くなる


そこを緩めてやりつつ実際に休みたかったら休む
サボりたかったらサボる、言い訳も前置きも一切抜きでな
罪悪感も不要

それと、行きたくないって気持ちをどうにかしようとせず
その気持ちがあっても良いと認めてあげてごらん


その上で、学校に行きたくない気持ちを少しの間放っておいて
自分が幸せを感じる事やものに意識を注ぐといい

嫌なことに注意を注ぎっぱなしじゃ自分が可哀想だろう?

128 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2011/03/20(日) 04:12:13 0gY1Dz2sO

相談させて下さい
セドナ・ポノ・自愛等をしていますが
昔のいじめられてた記憶からかどうしても人が怖いです

他人は期待外れならすぐ裏切ったり味方を集めて平気で傷つけたりします
(全員では無いですが…)

自愛が足りないのでしょうか??
昔から親の顔色見て育ってきたのと、のんびりしてると怠けるなと叱られていたので
自分を許す感覚が(許すがよく分かりません)
自分を甘やかしているようで罪悪感がわきます

こういう場合でもひたすらポノやセドナ自愛を続ければ状況は好転するのでしょうか?
頭が固く確証がないとずっと疑ってかかってしまいます


131 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2011/03/21(月) 00:52:34 ID:8xMa9fPEO

>>128
あなたもおまじない的に取り組んでるように見える

人が怖い事について、考えなくて良いとしたら?
もし、その気持ちをどうにかしようとしなくても良いとしたら?

たった5分でもいい

人が怖いこと
その理由
その理由を形成した過去のもっともらしい記憶
それらから自由になる事を自分に許してごらん
その事について思いを馳せなくて良い安心感に浸ってごらん

そこがあなたの着地点のはず

状況が好転したら安心しよう、としている限り
あなたは不安と共に状況を見張り続けなきゃならない
それじゃなかなか上手くいかない

理屈抜きの安心感に浸ってみる
そこを信頼してみる

それと、あなたの本音を聞いてあげなきゃ人にどうして欲しかったのさ
その声に耳を澄まして、ひたすら聞いてあげてごらん
こうあって欲しかった、という思いにこそ愛を

可能なら、もし本当に過去がそうであったなら?
という都合の良いイメージを楽しむのもいい

ひたすら自分に優しさをね


108以外 質疑応答【2】【3】
 
                 Sponsored Link


[2012/05/17 00:06] | Category * 携帯式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.