「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
517 名前:観測者 ◆4lcQ4vQ08Y 投稿日:2010/11/11(木) 19:35:56 ID:XQSKwh.Q0

いっくらここで悩んでたり、死にたいといってる方に語りかけても
楽になってもらえないのが最近の悩みというか歯がゆいところです。
自分の脳みそにUSBつっこんで、相手の脳みそと同期できたらいいのにと思う今日この頃なのです。

519 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2010/11/11(木) 20:05:00 ID:UvYg.TjM0

>>517
そうまでして伝えたいことって(´・ω・`)

522 名前:観測者 ◆4lcQ4vQ08Y 投稿日:2010/11/11(木) 20:43:06 ID:XQSKwh.Q0

>>519
何ってわけじゃないのですが、くるしまなくていいのに、
くるしんでる方に楽になって欲しい。ちょっと考え変えるだけなのに。

でも、どうしたら伝えられるがわからん…
いくらカキコしても伝えられる事は限りがあるし…
だから108しも色々創意工夫してたのかなー

540 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/12(金) 14:45:06 CKKZ23Qw0

>>517>>522観測者さん
少しわかる。そこそこ本願も色々叶ってるので心が安定してる自分だが、
同じようにしても叶わなくて苦しんで荒れる友人を見るのが辛い。
楽になってほしくてかける言葉もうまく届かないよ


543 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/12(金) 15:40:34 ID:qLe.ummcO

>>540
その人を信じるといいよ。
他人も投影であることを肯定できるなら、その人の"大丈夫さ"を信じた限度で
その人が大丈夫であることを現象として確認できる。

それは、心配を手放すことと等しい。

544 名前: 540 投稿日: 2010/11/12(金) 16:24:58 CKKZ23Qw0

! クレさん。ありがとう やっぱりそうだよね。それしかないんだわ。


551 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/12(金) 21:33:43 ID:qLe.ummcO

>>544
しかないわけではない。
可能性は無限にあることは常に念頭に置いておいた方が無難だと思うよ。
内面の投影を肯定できるできないに関わらず。

927 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2010/11/21(日) 15:12:22 ID:66lV647I0

肉親の早すぎる死や友人の事故死、愛する人が巻き込まれた事件、愛する人々の不幸。。
投影論だとこれらが確実に自分の創造になるのだが、これらが無意識にも自分のせいなら、
(いや、投影論なら確実に自分のせいなんだが)自分の内面の責任は大きいな。

「それらの不幸とあなたは関係ない」というなら現実は投影ではないということになり、
自分の内面には現実を制御する力はないということになるのかな。

なんか嫌な書き方で申し訳ないけど、「外は内面の投影」が絶対ならここまで徹底して、
「現実を作っているのはすべて自分」と考えているのかなと思ったから聞いてみた。

930 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 15:46:41 66lV647I0

>>927
ついでに書けば、私は「そうなのかもしれない」と思い始めている。
ただまだ信じ切れていないし信じたくない部分もある。

愛する人を事故や病気でなくした人が、「その現実はあなたが創りました。
意識的か無意識かにかかわらず、あなたの内面が殺しました。」
と言われてるようなものだから。これはきついを通り越している。

でも、そうかもしれない、と思い始めている。
現実は内面の投影を採用している方々は、こんなふうに考えるのは
「馬鹿馬鹿しい」と思うのだろうか?

それとも、「その通り」と思うのだろうか、と聞いてみたかった。
そして「その通り」と思った方々は、おそらくは出てきたであろう罪悪感はどうしたのだろうか。


937 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 17:08:06 ID:qLe.ummcO

>>930
馬鹿馬鹿しいとは言わないけど何を主張したいのかはよくわからなかった。
以前からそういう疑問を感じる人や罪の意識を感じる人もいたね。

投影論を採用しなければ人は死なないのか。
そんなことはない。人は死ぬ。自然の摂理だからな。

じゃあ投影論を採用して、「人は死ぬ」ということが変わらなかったとして、それがなんなんだ。
むしろ、採用すれば(というか前提にすれば)「人は死ぬ」ことすら変えられるかもしれない。
変えられたら儲けもの。

投影論ていうのは、
「目の前の不可変更と思える現実を変えることができる」ということをその要旨として掲げる主張だろう?
それで罪悪感が出るという心境が私にはわからん。むしろ、希望が出てくる魅力的な考え方と思うが。

まあそういう意見のやつもいると思ってくれ。

939 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 17:47:46 66lV647I0

>>937
レスありがとう。クレさんだよね。こんにちは。
実は自分でも何がいいたいのか。。申し訳ないです。

ただ投影論を採用(投影は採用なのかな)というか投影論は真実なんじゃないかと思った。
採用するしないにかかわらず投影されているんじゃないかと。

おっしゃるように投影論を知れば「目の前の不可変更と思える現実を変えることができる」。
だから嬉しいし希望もでてくる。とても魅力的だと思う。

と、同時に投影論が真実だったなら愛する人の不幸は自分の心配やネガティブな感情が
知らずに投影されて創造していたことになるとも思った。
そしたら、罪悪感がでた。

だっていいことばかりが投影で悪いことは投影でないのはおかしいから。
そして投影論が真実なら、投影論>自然の摂理、かなとも思った。
自分の内面(たぶん潜在意識)が信じられた範囲でですが。
信じられた範囲だけ常識や自然の摂理をこえるのかなと思ったりしてる。

宙に浮く人、物質化できる人、助からない人を助けた人。。。
自然の摂理も因果関係で説明できるものだと思うけど、例えばクレシフトは
説明できない気がする。それは自然の摂理をこえてるのではないのかな。


947 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 18:43:13 ID:qLe.ummcO

>>939
投影論が真理だとしましょう。
投影論を知らないとしたら、現実が内面の投影だなんて思わないでしょう。
「現実は投影などではない」といった類の観念・信念が存在します。

投影であれば、それすら投影され、現実は私の内面と何ら関わりないものとして投影されるわけです。
したがって、投影論が真実であるとしても、投影論を知る前に起きた死について、
自分のせいだと考える必要はないと私は思います。

さらに踏み込むと、投影論が真実であれば、
「人の死」などというもの自体が完全に虚像になります。

「死」は単なる投影であって、「死」があるわけではありません。

したがって、
投影論が真実であれば「人の死」などというもの自体が実際には存在しないことになる。

投影として、そう見えているだけということになる。

よって、そもそも投影論を知る前だろうが後だろうが、
「自分のせいで人が死んだ」などと悔やむ必要は全くないわけです。
だから、私は投影論を知っても、人の死を悲しむことはありますが、
それで自分を責めたり、まして不幸であったとか早過ぎた死などとは思っていません。

なぜなら、「死」など本当は存在しえないからです。
存在するように見えるのは「死」という観念が確固として存在するからに他ならない。

投影論で自然の摂理を超越できるのは同意です。理屈のうえでは、そうでなければおかしい。
自分でやってみようかな。徹底的に「時間」の存在を疑ってみよう。

960 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 19:56:36 EtlbEhm60

>>947
ラスト1行ですが、なぜ投影論を確かめるのに「時間」の存在を疑ってみようと?
ちょっと唐突な気がしたので。


980 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 22:05:40 ID:qLe.ummcO

>>960
途中の文章消してあるからわかりずらいかも。
私は投影論を確かめようなんて思ってません。私は投影論が真実でも
108さんの釣りでもどっちでもいいです。一先ず投影論を前提として生きるまでです。

時間も自然の摂理であり、同時に私が時間という概念を保持していることの投影であるはずです。
私は以前「時間はないが、時間概念を採用しないことができるやつなんているのか?」
という疑問を呈しましたが、我こそはという人がいなかったので自分でやろうかな、と。

955 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 19:20:43 66lV647I0

>>947
最初の6行、なるほどそうか!と読みました。
そうなら嬉しいし罪悪感もいらない、よかったなぁと。
ただちょっとひっかかったので、もう少し教えてください。

>「現実は投影などではない」といった類の観念・信念が存在します。
>投影であれば、それすら投影され、現実は私の内面と何ら関わりないものとして投影されるわけです。

ここなのですが、そうすると投影論を知らない人の現実は内面と関係ないことになりますよね。
投影論を知らない人で、お金がなく健康でなく不幸で困って質問に来てる方も多いと思うのです。

そしてここでは「今のあなたの内面がその現実を創っているのです」と
助言されてる場面をみてきたのですが、今までのその助言の仕方は間違っていたのかな、
と思ってしまい何かひっかかりました。

そして、その人たちはなんで不幸なのでしょうか?


998 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 23:15:18 ID:qLe.ummcO

>>955
鋭いご指摘ありがとうございます。そのとおりですね。
その助言が108氏の助言かはわかりませんが、今ある現実は自分の内面の投影というのが
スタート地点というのが私の考えですから、ご指摘の箇所は少なくとも私の考えと矛盾します。
だから撤回させて下さい。

一つ説明するならば、指摘のあった部分は、なお内面の投影であることを
否定しない余地を留保している、と言える気がしますが、私ならそんなこと言われても
(仮に理屈として通っても)納得しないので全撤回します。

私の根本的な意見はその下の部分ですから、影響はないでしょう。

983 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2010/11/21(日) 22:13:43 o9z6Jxt.0

時間というのは、縁としてあるのだなあと近頃気付いた。
時間の概念を採用しないというのは、縁を切るということだ。


999 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/21(日) 23:20:30 ID:qLe.ummcO

>>983
なるほど。その縁とは連続性とか因果関係とか言い換えられるかな?

今ふと思ったんだけど、
時間という概念を採用しているということに気付いた時点で、
もうほとんど時間概念を採用していないのかもしれない。


上海雑伎団スレ【第三十四幕】
 
                 Sponsored Link


[2012/09/14 00:05] | Category * クレ式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.