「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
2928 名前: ◆DAZEwMrjjA 投稿日:2009/05/10(日) 00:39:42 ID:JQ/auSvg0

ところで雑談だが、先日NHKでやったこの番組見たヤツいるだろうか?
http://www.youtube.com/watch?v=Jza9z_n7Ju0

かなりスゲエ体験をしたようで、脳の血管が破裂して読み書きも喋りも
全ての情報処理能力が失われて、そこから奇跡的に回復したそうなのだが、
その思考が停止してしまったかのような状態を「涅槃」とか言ってたらしいのだぜw

で、回復後は今まで同様の自分と、時間の無い世界の自分と、二人の自分がいる
とかなんとかもうちょっとヨダレが出そうなお話だったらしいのだが情報求むのだぜww

2932 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2009/05/10(日) 02:50:48 o9z6Jxt.0

>>2931
私もまだザッとググッただけですが、
苦悩は「選択」であると、脳神経学の見地からも説明された感がしますね。

例えば博士によれば、怒りは脳の自律的な反応ではないと。
怒りの反応はあるものの、それ自体は90秒以内に終わると。
その後はカラオケボックスの延長を繰り返すみたいに、自ら怒りを選択し続けているだけ。
逆に、意識的に終わらせることだって選択可能であると。

私達は誰にも何事にも怒らされているわけではない。
自分自身で怒りを選択して、自分自身を苦しめているだけだっつー話ですねw


2933 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/05/10(日) 03:17:22 ID:3dUmPv1w0

>>2928 だぜっち
確かにこの人はすごい☆

>>2932 55氏
苦悩と言う現象は記憶による感情の再生、固着なんでしょうね。
苦とは敢えて言うとある種の感情そのものです。

畢竟、人間は情報で苦しんでいる。
●●という情報、過去の記憶という情報、そして気になっている対象の情報。

全て情報だ。
そして単なる記憶だ。
その記憶が感情を呼び覚ます。
感情がまた記憶を引きずり出す。
これを繰り返す。
繰り返す理由は恐らく抵抗・・・。

>逆に、意識的に終わらせることだって選択可能であると。

可能ですね。
で、デフォルトの状態は常に平安、安寧。


2944 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/05/10(日) 16:48:59 TIUnbG4A0

(かなり長文ですがどうかお許しくださいm(__)m)
今から10年位前になると思いますが、至高体験というのを私はしました。
当時私は精神世界とか目に見えないものなどは一切興味はなく、むしろ気味が悪かった位でしたが
あの体験は素晴らしいものだった、残念ながらその感覚自体はどう頑張っても再現できないのですが、
それを体験している自分の意識や感情は昨夜まざまざと思い起せました。

そしてそれも当時睡眠から覚めた瞬間に起きたことであり、その直前も生々しい夢を見ていました。
あんな夢は見たことが無い、自分が意識だけになり宇宙空間にいる夢です。
当時宇宙の夢はよく見ていましたが、それとは別格の物でした。

哀しいような寂しいようなとも違う、その時以降も以前も私には知らない感情を感じていて、
胎児のイメージが一瞬浮かび、そのあと地球のイメージをを想いました、
その瞬間言葉にできない程の愛しい気持ちというか、切なさに包まれ、
男の人のはっきりした声で話しかけられました。そこで目が覚めたのですが
寝起きとは思えないほどはっきりしていて、あまりの感覚に自分は死んだんじゃないかと一瞬思いました。

いつものすさんだ部屋で、目をあけると電気のヒモがあって、
いつもどうりなのにまったく同じ設定の別の星に来たのかと思うほどでした。
その時の感覚は1時間ほど続きました。

そしてその時に自分が繰り返し心で思ったこと、それがまさに108さんの言っていた
別の領域に対する記述と同じと気づき、鳥肌が立ちました。
まさにあれが別の領域の純度100状態なのでしょうか。

当時自分は非常にすさんだ生活をしておりヘヴィメタにはまっていて、
それに似つかわしい生活ぶりでした。

自分にとって知りえない感覚の言葉である「愛」
そこには「愛」だったんです。「愛だ」「愛だ」と思いました。

それ以外に強く繰り返した感覚は、「わかった」「全部わかった」「しっている」です。
とにかく「私は全てわかった」という言葉を繰り返し思いました。
そして、これはなんなんだ、どうしよう、誰かに知らせなくていいのか
こんなことがあるのかと思いました。でも言葉にするとちょっと違う気がするのですが・・

その後ショックのあまり半日ほど口もきけなくなりました。
どんどんその感覚が薄れていくのがあまりに寂しく、どうしたらまたあそこへいけるのか
自分に何が起きたのか、今見せられたものはなんなのか、知識の無い私は本屋に行き、
夢や心理学、哲学などのコーナーにいき、やっと見つけた本に「至高体験」とあり、
まさにそのことが書いてあり即確信しました。

でもそこには、どうしてその体験をするのか、体験したからどうなるのか、
また体験するにはどうすればいいか等はなにも書かれておりませんでした。
その後、なにも発展もせずそのまま、戻れないならば忘れてしまえばいいと思い昨夜まで忘れていました。

そして昨夜思い出し、なんとかまたあの体験ができないかと、もう忘れることができません。

先ほど当時と同じような時間に瞑想をしてみましたがだめでした。
私の場合目を閉じて瞑想していましたが、まずそれが感覚的に大きく違いました。

瞼をふさぐのは、決定的に違いました。感覚は全て開くのが前提の気がします。
瞑想で同じような至高体験をされた方もいらっしゃいましたら、シェアさせてください。
電波のような書き込みですがお願いします。


2972 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/05/11(月) 06:12:35 ID:3dUmPv1w0

>>2944
私は高校時代に至高体験をしました。
ある板に書いたことをこぴぺします。(多分エロ忍さんならわかるかもwww)

高校時代にありました。
別に何もやってなかったんだけど、ヨガとか気功には興味があったかなぁ。
しかしこれらがきっかけでアレが来たわけじゃないんです。

或る朝、強烈な至福を体験しました。
理屈ぬきにそのままですべておkな世界。
長くなるけどここに書いておきます。

いつも土曜日にラジオの深夜放送を聴く習慣がありました。
鶴光のオールナイトニッポンw年がばれるねww

或る春のこと。
いつも3時くらいになるとそのまま寝てしまうのですがその日はやけに目が冴えてた。
結局5時になり、オールナイトニッポンが終わって“おはよう浪曲”なんか始まっちゃったんです。

「げwおはよう浪曲かよ!w ああ、日曜が一日潰れるなぁ・・・」

そのときふと窓を見たんです。
窓の青が目に飛び込んできました。
その青さといったらなかった。
私の内側で何かが弾けました。
一刻も早く外に出たい衝動に駆られました。
この一瞬です。今です。今!
玄関までが長かったこと。

ドアを開けると一面真っ青な世界。(普通の朝なんですが)
強烈な幸福感に襲われた私はそのまま空を飛べるのではないかとさえ思った。
ただ呼吸をしているだけで幸せだった。存在しているだけで強烈な祝福があった。

「とうとう頭に来たかな?w」

その幸福感に押されるまま走り出しました。
走らずには居られない位にうれしい衝動が衝き上がってきます。

「よくわかんらんけど、ジョギングと見せかければいいかw」

早朝ですので途中、玄関掃除のおばちゃんやら新聞配達のお兄さんやら日曜出勤の会社員と
すれ違うのですが、私は彼等に一人残らず「おはよう!」と挨拶していました。
彼等の存在が嬉しくてありがたくって仕方なかったからです。

すると誰一人無視する者はなくみんな「おお、おはよう!」と声を返してきました。
世界が一変していました。

家に戻った私はこのひとときを記録しておこうと思い、周囲の音をテープに録音しました。
「欣喜雀躍」と名づけて。

寝てしまうと元に戻ることすら知っていました。
しかし私にはこれで十分だった。

これが私の世界だった。
今後、どんな苦しいことに直面しようとここで体験した世界があるというだけでいい。
この世界は、ある。どんなときにでも。

以降、いわゆる至高体験というものはありません。
そしてそれを望みもしません。これが別に特別なこととも思っていません。
ただ自分であることだけを思っています。

しかしこの世界を見た私には全ての条件や取引きは全て嘘であると断言できます。
人間はそのままで完璧です。累加することも削除することも何もない。

いや、遊びならいいんです、取引きしても。

でも自分を失うような契約などしなくてもおk。
カルトとかそのようなモノはいつも条件を突きつけてくる。
その条件が問題を引き起こす様子を見ます。

2973 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/05/11(月) 06:20:04 ID:3dUmPv1w0

今日はひときわ鳥たちの声が綺麗だ。何かが湧き上がっている。
さて、もう一仕事♪

2976 名前: NASA局長 投稿日: 2009/05/11(月) 07:24:17 6qaLjB1YO

>>2973
画家さん、ノってますな!
いやはや、芸術家画家さんに前々から聞いてみたいことがあったんですわ。
それは108氏にも問いかけたことなんですが、
昨日2ちゃんの某引き寄せ系スレでこのようなカキコミが私の印象に残ったわけです↓

942 本当にあった怖い名無し 2009/05/10(日) 17:36:05 ID:MxHYuxDB0

エイブラハムや西洋のスピリチュアルな人たちの死生観って、なんか油っぽい。

死や、消滅、虚無が恐いんだろうな、という印象が強い。
そりゃ誰だって恐いだろうけど…。

精神、永遠、宇宙、神、天使…、
そういうものを持ち出して安心したいだけじゃないの?
「あーよかった」って。

931 本当にあった怖い名無し 2009/05/10(日) 01:01:39 ID:ePKxbLY9O

ヒックス夫妻に限らず、宗教やスピリチュアリズムを深く勉強した人たちには
精神>>肉体 って観念が抜きがたく染み付いちゃってるのかも。

「肉体は滅びるけど精神は永遠」みたいな考え方って、なんか発想が粉ミルク臭い。
永遠性に執着してる子供みたい。つまりマザコン…?

エイブラハムには「滅びの美学」とか逆立ちしても理解できないんだろうな…

喜びや幸せだけが人間の本質だなんて嘘だよ。
そうじゃなくて、その発想そのものが幸せなだけだと思う。


↑以上なんですが、私も物理屋でありながら、どこか永遠性みたいなものに惹かれるわけです。
が、それとは対極に上の方がお書きになっている「死の美学」のようなものもあるわけです。
とくに芸術家は究極的に「死」をモチーフといいましょうか、まるで死に(取り憑かれるように)
向かっていきます。野性の臭覚のようなものなのでしょうか?

太宰ですとかジミヘン、ジャニス、ジム・モリスン、マークボランなんかもそうですし、
TAKESHIの映画なんかも「死」ですよね?みんないってしまいます。

私は画家さんのいつもほがらかに満たされているようなカキコミの中に=強烈な死を感じるのですが、
それは何なんでしょうか?ニルヴァーナですか?イデアですか?いやはや・・


2977 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/05/11(月) 07:31:43 ID:3dUmPv1w0

>>2976
>私は画家さんのいつもほがらかに満たされているようなカキコミの中に=強烈な死を感じるのですが、

それは恐らく、私のHN画家から来るイメージでしょう。
例えば私のHNが「変なおじさん」だったら違う印象を持つはずwww

或いは私の書き込みが0を0とする意図を持っているからなのかも知れません。
滅びの美学、消え行くものへの哀悼。
それらが真に理解されうるとき、0が0になります。


死というものはなく、あるのは死という概念だけでしょう。
概念は0を必要とします。しかし実相は1のみ。

2981 名前: NASA局長 投稿日: 2009/05/11(月) 08:39:12 6qaLjB1YO

>>2977
0と1ですか。いやはや、物理屋の私でも難しいですな・・


3012 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/05/11(月) 22:46:08 ID:3dUmPv1w0

>>2981
いやいや、簡単ですよ。
あるものはあるし、ないはない。
ただこれだけ。

でも我々は[ないものがある]、と思考し、概念化する。
だからないものがある、と思ってしまい、それが当たり前になる。
或いは「段差の不足感」を作る。

去年まで年収1500マソあったのに今年は1200マソになった。
マイナス300マソである。300マソ足りないのである。
300マソが消えたのである。無いのである。
これが段差の不足感。

で、300マソも減った!悔しい!コン畜生!となる。
この感情を持ち続けている限り焦点は-300に固定される。
この一見当たり前に見える事象を限りなく概念が支え、あたかも「私は-300マソだ」となる。

しかし実相は1200マソがある、である。

おまいガイル。俺ガイル。
ここにいる。全てがある。
ないものは、「ない」のだ、と。


あら?何が言いたいのか解らなくなったのでお茶にするw

上海雑伎団スレ
 
                 Sponsored Link


[2012/09/18 00:52] | Category * 画家式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.