「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
2 名前: chi_san 投稿日: 2010/11/21(日) 11:53:40 RkYcYn9w0

こんにちは。ここ数週間クレさんの「なる」というのを実践してます。
今特定の人からベタ惚れされているに「なって」いますが
わたしの最終的な目標は理想の人と結婚するです。

いまベタ惚れされている人はまだ性格も知らない人です。
この場合、最終的な目標である理想の人と結婚するわたしに「なった」
ほうが、賢明なんでしょうか…

私は特定の人も、理想の人も手に入れたいのです。
どなたか、助言頂けたら本当に嬉しいです。よろしくお願いします


24 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/22(月) 13:02:59 ID:qLe.ummcO

>>2
その特定の人と理想の人は別の人ということですね?
私は、どちらも欲しいならどちらも手に入れて
(としか表現しようがない)も構わないと思います。


私も同じ様な考えでしたが、実際は周囲の一人が特定の人間でありながら
理想をも兼ね備えていました。そんなこともあります。

要は、あなたにしっくり来るか来ないかです。
文章にすると長くなりますが、実際はそれほど考える必要性はないです。
それに、今のままだと「理想の人は現れない」というわけでもないです。

そういう意味でも気楽にやってみて下さい。
「なった」ことを忘れてしまうくらいでもちょうどいい。

8 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2010/11/22(月) 00:18:12 o9z6Jxt.0

前スレ>>999クレさん
縁とは、連続性であると言えるし、世界そのものであると言えるでしょう。

時間と死を完全に採用しないというのは、縁を切るということ、
すなわち世界を捨てるということに等しいと思った次第です。

しかしながら、縁の中にいることと、縁に依存することは違いますけどね。
依存しないことで、縁の中にいながらなお、縁から自由であることが出来ると考えます。

例えば、
> 時間という概念を採用しているということに気付いた時点で、
> もうほとんど時間概念を採用していないのかもしれない。

も然り。


16 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/22(月) 08:44:35 ID:qLe.ummcO

>>8
申し訳ない。私の理解が全く及びません。
とりあえず縁を切ってみようとしたら、何の縁を切ればいいのか全くわかりません。
縁とは何との縁なのですか?

22 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2010/11/22(月) 12:29:13 o9z6Jxt.0

>>16
とりあえず、縁を切ることをすすめているのではありません。
時間から完全に離れるというのは、縁を切ることに等しいのでは、という問いです。
縁とは、私と連続するもの全てです。家族や恋人、仕事、目的、成果、思い出etc.


23 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/22(月) 12:54:00 ID:qLe.ummcO

>>22
すすめられてないのはわかってますが、
その発言内容を私が実行に移すかどうかとは拘わりないでしょう。

さすがに断定されてたら問いとは思えませんてw
問いを私に発したのかわかりませんが、縁を切ることが物事の連続性を
断ち切るという意味なのであれば、私もそう思います。
私の理解では時間とは物事の連続性ですから。

28 名前:ぶたまん 投稿日:2010/11/22(月) 14:35:24 ID:q4sTfO0w0

>>22 55さん
>>23 クレさん
時間とは物事の連続性・・
つまり、思い出とは過去の物事(出来事)であり、今はそれら連続の線上にある。
その連続性を切るか切らないかの主体、イニシアティブは今の自分にあるべき。

思い出(あるいは過去の記憶)を採用することを、今が必要とするなら能動的に採用すれば良く、
今必要のない思い出が勝手に(エゴによって)再生されてしまうのなら、能動的に切れば良い。

過去の後悔の念がふつふつと湧いて嫌な気分になれば、断固として「いらんわい」すれば良く、
過去の記憶がヒラメイてわくわくしてくれば、「よくぞそいつを思い出した」って
ウハウハ縁をたぐれば良い。

んじゃなかろうか、と勝手に思うのでありました~

30 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2010/11/22(月) 15:15:43 o9z6Jxt.0

>>28 ぶたまんさん
連続性のええとこどりですね?w
わかります。私も日常生活ではそのようにしています。

が、クレさんの視界には、連続性からの完全なる離脱があるように思えたので、
その実験に興味をひかれた次第です。(見当ハズレならゴメンよ、クレさん)

もしも連続性から完全に離脱するとならば、
ええとこどる主体、これも連続性の一部として連なっているものなので、
これからも離脱することになりますでしょう?

あの悲しい思い出と同時に、あの素敵な思い出、今ある家族や恋人との絆、
そういったもの全てからおさらばするということではないのかなあ、と思うのですよ。

26 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2010/11/22(月) 13:47:54 o9z6Jxt.0

>>23
> すすめられてないのはわかってますが、

それは良かったです。すすめているように捉えられてはいまいかと勘繰ってしまいました。
私が自分の「こうだ」と思うところを書くことが、誰かの実験の方向を断定することになるのは
本意ではありませんから。

> 私の理解では時間とは物事の連続性ですから。

そうなんです。私もそのように理解しています。
そしてその連続性は、1時から2時へ、ここからそこへという連続だけでなく、全体としてある。

その全体の中には、クレさん、当然、あなた自身も含まれているわけでしょう?

時間から完全に離れるということは、クレさんがクレさんでなくなる
ということではないかと思うのです。私が私でなくなるということ。
私はこれを本当に望んでいるのでしょうか?(←これは私への自問です)


42 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/22(月) 22:50:44 ID:qLe.ummcO

>>30 >>26
私が私でなくなるというのは、世界から切り離された意味での私ですよね?

私が時間を捨てたとき、確かに私は私でなくなるかもしれません。
しかし、私は本来世界であって、私は本来の私に帰るだけでしょう。私はそれでも構わない。

そして連続性を断ち切ることができるなら、また繋ぎ合わせることもできるはずです。
まして、現在私はその連続性の中にある。そうであれば、バイパスするように
過去と未来を繋ぐこともできやしないかと…
まあ今考えたんですがw

その見当は当たってます。
しかし、私の思い出も最初から全て存在するのだから、
それからおさらばするというよりはそこに向かうという方向性でしょう。

49 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2010/11/23(火) 00:04:46 o9z6Jxt.0

>>42 クレさん
全てが既にあるのですから、なるほど、厳密にはおさらばとは言えませんね。
しかして私は、これを完全に断ち切ることに一抹の寂しさを感じてしまいます。
私という連続している物語に愛着があるからでしょう。

山あり谷あり、紆余曲折してきた私という凸凹な物語を、
丸ごと愛するようになったからかもしれません。

以前、なぜエスターはエイブラハムと、ダリルはバシャールと、
それぞれ分離したままなのだろうか?と疑問に思ったことがありました。
今ならそれがなぜなのか、わかるような気がします。

と、話は変わってしまいましたがw
ともあれ私は連続性の中から語っているので、そこから完全に離脱した先の実相を知りません。
どうぞとくと超えていって下さい。で、言語化できる範囲でシェアして下さい。


59 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/23(火) 01:13:20 ID:qLe.ummcO

>>49
その気持ちはわかるかも。
確かに私も一抹の寂しさを感じます。それは私という「我」がなくなることであるから、
やはり私は私でなくなるということも変わりない。

しかし私は死にすら好奇心を覚えますから、やはり私が私でなくなることにも好奇心があります。
ただ、私がなくなると私にレスをくれた55さんはおろかチケット板もまたなくなると言えるので、
果たして体験しても伝えられるのかw

ともあれやってみますノシ

61 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/23(火) 01:25:02 ID:qLe.ummcO

そういえば数日レスを重ねる間に最近私の抱えていた騒音問題が
いい意味で予想を裏切って今朝解決しました。
なんかいろいろ悶えていましたが、レスを重ねる中で私に変化があったようです。

今回ばかりは「私の実力w」ではどうにかならなかったので、
こういうときはチケットを信じたくなります。
しかし、やはり偶然という可能性がそれを阻害しますw

あとレスし忘れましたが、55さん、私チケットしか知らないので、
エスターヒックス?の名前くらいはわかりますが、他は全くわかりませんw
エイブラハムって人の名前かと思っていました。別の領域的なものなのかな?

質疑スレできて以来ここでこんなにレスしたのは初めてかと思いますが、なかなか楽しかったです。

60 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/23(火) 01:19:11 4nPHV6Hs0

クレさん
変な質問ですが、例えばエゴがAを望んだが別の領域はより素晴らしいBをプレゼントした。
で、大抵の人はこれで「やったー、Aよりも素晴らしいBゲット!」と
喜ぶと思うのですが、これってなんなんでしょう?

別の領域はその人その人にとって最善のものを知っているのなら
我々の自由意志なんて信頼するに値せず、本来的なあり方として
私たちは願望を抱くことすらしなくてよいしないのでしょうか?

望むことすらせずにただただ別の領域に任せればそれが最善の結果に
つながるのなら願望など抱くこと自体不毛じゃないか?
なんて思いました。


63 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/11/23(火) 01:36:47 ID:qLe.ummcO

おっと、去る前に。

>>60
>大抵の人はこれで「やったー、Aよりも素晴らしいBゲット!」と
喜ぶと思うのですが、これってなんなんでしょう?

いわゆる、望み以上のものをくれるというやつですね。

>別の領域はその人その人にとって最善のものを知っているのなら
>我々の自由意志なんて信頼するに値せず、本来的なあり方として
>私たちは願望を抱くことすらしなくてよいしないのでしょうか?

信頼とは、誰が信頼するのでしょう?
私達が自分の意思を信頼するというのは変ですし、別の領域がというのも座りが悪い。

本来的に願望を抱く必要性はないと思います。
願望がなくとも、私達は私達が幸せと考えるものを得られます。


だからといって、願望を抱くことは不毛ではないでしょう。
なぜなら、それが叶ったとき、確実に私達は幸せを感じ喜びを噛み締めることができるからです。

ある種「わかりやすい」のが願望であるかと思います。
意識していない幸せな側面は、私達は気付きにくい。それが当たり前に近くなってしまうから。
しかし、本来は願望も叶って当たり前、くらいであっておかしくない。

要は、願望を抱いても抱かなくても、どちらでもよいといったところです。

思うままを一気に書いてしまった。

上海雑伎団スレ【第三十五幕】
 
                 Sponsored Link


[2012/09/28 01:06] | Category * クレ式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.