「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
[No.131] 様々なメソッドをやってきましたが、効果があったり無かったりで疲れてきました
[No.132] 『受入れ』『認める』の感覚を掴みたいです。指南をお願いします
[No.133] 問いかけメソッドは感情が伴わないと無意味or伴わなくてよい どっちですか



[No.131]
1234 名前: もぎりの名無しさん :2009/03/31(火) 19:41:37 FtJRF4zAO

108さん
こんにちは。私は恋人の過ちが許せなくて困っています。
許したら楽になるのに許せない自分がいて、どうしたら良いのか解りません。

許せない自分にどうして許せないのか聞いてみたら
「傷付いた。苦しい。あんな事をする奴は最低なんだ。又自分は傷付けられる…」と
色んな言葉が帰ってきました。

今日、本当にナーバスになって何も考えられなくなり、ただただ心の闇を感じていました。
いい気分になる方法やメソッド、色々やってきました。効果はあったり無かったりで、
その度に一喜一憂する自分にも疲れました。もう憎しみから抜け出したいです。
ご助言がありましたらお教え下さい。。


3240 名前: 108★ :2009/10/07(水) 01:33:09 ???0

>>1234
「私はまったく傷ついていない」

これをアファメーションとして利用するなり、心の中で唱えるなりしてください。
コツは「傷ついた!」という想いや感情を力づくで抑圧するのではなく、

「その認定は間違いだよ。実際には私は何ら傷ついていない。それは勘違いだ」

このように、単に認定をスイッチするように使うことです。

エゴはこのように、あなたの意識が矮小な部分に集中するように仕向けてくる。
それで自分の完全性から目をそらせようとします。
なぜそんなことをするのかというと、エゴはそれによって存続できるからです。

で、あなたはこの仕組みを理解していればよい。
わき上がってくるその想いは湧くに任せておけばいいのです。
抵抗して抑圧しようとか思わないこと。

ただその時に、この反応がエゴの活動であることを自覚し、
一方で実際には傷ついてもいず、傷つき得ない自分の方に意識を向け始めてください。
そうすると不足ではなく充足の方に体の向きが変わり始めていく。


そうなると少しずつそれに見合ったものが視界に入ってくるようになってきます。
そしたらそれに飛びつくのではなく、自分の向きが変わっていることを自覚して受け容れてください。

「おお、私が体の向きを変えただけで、これ程見えるものが違ってくるのか」

こんなふうに理解し、それが有益なことだと気付いたなら、
体の向きを絶えず充足の方に向け続けてください。

あなたにとってのその不都合な想いを抱えたまま、
その想いを消し去ろうとしたり抑圧しようとしていくらメソッドを試みても、
効果は出たりでなかったりでしょう。

その想いをいじくり回して刺激し、増幅していることに他ならないからです。


だから、想いが出てきたら抑圧するのではなく解放してあげること。
それは一種のエネルギーだから、解放されたがっているわけです。
解放しながら単純に向きを変えれば、あなたは労せずして充足を目の当たりに出来ます。


[No.132]
1238 名前: 108さん・だぜさんに質問 :2009/04/01(水) 14:02:23 gkQIQbxA0

108さん・だぜさん質問があります。
ちょっと具体的なことで申し訳ないのですが、
出来ればスッパリ『言い切り』で是非回答を御願いします。m(_ _)m

チケット最終メソッド(リリース)でのことなのですが・・・
抵抗感がかなり激減したのですが最終の部分の感覚として御教授下さい。あと一越えなんです。

それは、在るものを『受入れ』『認める』です。
現在の感覚として願望からの『不足感』が随分離せてから『意図』がボンヤリ体感できました。
正直『意図』を自覚出来た時、プロセス(条件)を度外視した感覚は
『焦り』とは無縁だと気付いた時にはビックリしました。
さて、ここからなのですが・・・

①『受入れ』『認める』の感覚を掴みたいのですが
何か噛み砕けたご指南を御願いします。

②具体的に例えば現状がどうあれ『自由』・『豊かさ・富・経済』・
『人間関係』を具体的にしていいものか?(※期限や形、理想の状態や額面等。)
もしくはアバウトにしていいものか?(「いずれは(これは言い過ぎですが)」との感覚リリース)

焦燥感は現在外れております。
ただ意見が分かれると感じますが・・・
(具体的に意図する事で焦燥感が復活したり)(しっくり来るならOK・・・)等
砕いたご指南を御願いします。

この質問自体が『焦ってるじゃねーか!』と言われれば言い様がなく
今後、質問が出来ないのでそこは据え置いて頂けると幸いです。
どうしても、回答を受取りたいので与えて頂きたいのです。

長文・文脈乱れにて少々込み入った文面で他の方達の批判もあると
思いますがよしなに御願いします。
                          敬具。

1239 名前: ◆qDAZEwwFzA :2009/04/01(水) 15:00:27 JQ/auSvg0

前略>>1238殿

……なぜわしに聞くんだぜw
ああ、レスポンスが早いからだろうかww?
一応答えておくが、画家氏とか55氏にも聞くとイイのだぜw

①バカボンのパパが知っているのだぜw

②どっちでもイイんだぜw
だがな、わしが思うにはだな、あまりにも具体化にこだわっちまったせいで、
理想の状態以上のコトが起きた時に「あ、これは違う」とか言って受け取らずに
スルーしてしまわないように気をつけるとイイと思うのだぜww

実際に起きるコトは自分の想像を遥かに超えている場合もあるのだぜw
                                      草々

1241 名前: ◆qDAZEwwFzA :2009/04/01(水) 17:04:17 JQ/auSvg0

バカボンのパパ曰く
           __
         ,r'"__i,-、_,-'''、____
         !、_,.-'!_,ノー ノ、ー、二'''ヾ、,
         /    `''"___ニ-、_ ヽ 〈`
         '-ー===、ニ二,,,,_  ,iヽ,`-ッ
         ! '`,i  、`∩ー` i'  ヽノ
       ,.-'" (__,.._ `l     ヽ、,-'ヽ  これでいいのだ~~♪
       (  ー"ノ i `t'   、、   く ノ
      _i、(`ヾiニi´ ̄``'!ニiー'''"iヾヽ ヾ n/)
     ∈ ( / ヾ、、  ,-、,...、  ノ   ノ"i ヾツ,
      " ̄'ー、, `ヾ=、_'ニ二-ー'''"__,..ヽー='   
          /-、__∠/    r'' ̄
      ,.-ー、/ / /`'ッ-、_,,,/
     /`'''-ノ'i⌒'ー、/  /  /___
    ,i'`"''ーノ/    ヾー--'メ,ー-`'t-、
    i,`'''∠,ノー''"`'''ヾー--ー'`ヽ、ニ=、ノ
     ̄        `''ー-ー''"

誰かに確かめなくてもイイのだぜw

1249 名前: ◆55 ◆52uE3j0pa6 :2009/04/01(水) 21:45:19 o9z6Jxt.0

だぜさんに同意です。
受け取るには、何か特別な感覚が必要だと思ってらっしゃるのかな?
その感覚を掴むまでは受け取れないと自分で決め付けてらっしゃるような?
準備なんて不要なのに、受け取る準備に力を入れ過ぎかもしれませんね。
と言うことで……

力を抜く。リラックス。→→→『受入れ』『認める』


3241 名前: 108★ :2009/10/07(水) 01:34:35 ???0

>>1238 他(108さん・だぜさん・画家さん・55さんに質問 さん)

以前にやり取りした方ですね。
だぜさん、55さんの回答で解決済みかもですが、
ご指名なので一応私からもレスしておきます。

> 『受入れ』『認める』の感覚を掴みたいのですが

抵抗しないことです。

思考を使うことでは、条件なしで「在る」ということを認めるのは困難。
思考を使い始めると、認めるということからどんどん遠ざかってしまう。
思考では受け容れがたい認定だからです。

そこで、「在る」という前提に立ってみる。
「在る」を前提に持ってくるのです。


現在あなたの中では「ない」が前提だから、
「在る」を認めるためには思考をあれこれ駆使しなくてはいけなくなる。
ところが既に述べたように、思考を駆使することではかえってそこから遠ざかる。

だから前提に持ってきてやるのです。
全てに優先する「大前提」なのだから、そこに条件付けや思考は必要ではない。
前提に持ってきてやることで、思考を駆使することを回避するのです。
こうやって前提を逆転してやることで「在る」を受け容れることは
本来「当然のこと」になります。


こうなると「ない」と思わせている条件付け、
つまり「在る」を経験することを邪魔しているあなたの作った障害が明確になる。
それらの障害を客観視できる状態で観察できる立場に立ったことになる。

そうなったら単にそれらを取り消していけばいいわけです。

(つづく)

3242 名前: 108★ :2009/10/07(水) 01:36:20 ???0

(つづき)

> 具体的に例えば現状がどうあれ『自由』・『豊かさ・富・経済』・
>『人間関係』を具体的にしていいものか?(※期限や形、理想の状態や額面等。)
> もしくはアバウトにしていいものか?(「いずれは(これは言い過ぎですが)」との感覚リリース)

現状と関係なく、望むことを具体化して構いません。
むしろ、より具体的にすることです。
具体的にするということでは、自分の望んでいることが明確になるからです。
ただし、それが条件付けや制限にまでならないように注意して。

あなたが挙げた中で期限というのは一つの条件付けですよね。
だから期限については制限という形では具体的にしない方が良いと思います。

それと、願望について望む部分以外については具体化しにくいですよね。

例えば、あなたの望みが「オリンピックの特定競技での金メダル獲得」だとします。
あなたが試合で勝利した瞬間の情景や感情を具体的にイメージすることは出来るでしょう。
また、表彰式の様子などもリアルにイメージすることは可能です。
この時、細部にわたって詳細にイメージすればするほど、
それだけ望む状態に意識を固定した上で、思考と感情とを多く展開できるので、
そのイメージが実現する可能性は高まります。

しかし表彰式でスタジアムにいる観客ひとりひとりの顔や表情・服装まで
詳細にわたってイメージすることは不可能です。
しかもそれらはあなたの願望と直接的な関連性が低いので、
そのイメージングにたくさんの時間を費やしても、
願望が実現したときの思考や感情からはどんどん離れていってしまいます。
そういった部分は、

「スタジアムにいる観客の拍手が怒濤のように押し寄せてきている感覚」

といった感じでイメージすればいいわけです。
その時に観客の何人かの表情が自然に思い浮かぶのなら、
もちろんそうしても構いません。

(つづく)

3243 名前: 108★ :2009/10/07(水) 01:41:14 ???0

(つづき)

そして、その中で自分がいよいよ表彰台に歩いていってその真ん中に立ったとき、
自分が何を感じているのか、会場の雰囲気はどんな感じになるのか、
そのプロセスでの自分の感覚を想像でトレースしてみればいいわけです。

そんな時、観客ひとりひとりの顔なんて見えないし、見てませんよね?

で、お偉方とアシスタントの女性が自分に近づいてきて、
いよいよ首にメダルをかけられる時の情景を、
プロセス通りにじっくりトレースしてみればいいわけです。

その時のメダルの重さとか、どんな声をかけられているかとか、
握手したときの肉体的感覚はどんな感覚かとか、
左右にいる銀メダル・銅メダルの選手はどういった祝福をしてくれているかとか、
その選手達を表彰台の真ん中に招き寄せているときの言葉とか、
三人でそこに立って手を振っている様子とか、その時自分がどんな感覚でいるかとか…

これがインプット時に効果的な具体化の方法です。
それを想像の中で実際に経験してやるのです。
そうすれば、必要な部分がどんどん具体化されていきます。

目標をアバウトな感じでイメージしても構いません。
アバウトなイメージというのは、目標がそこまで明確化されていない場合に有効です。
「こんな感じの経験がしたいな」というような時です。

そんな時でも、その経験のエッセンスは前もって感じることは出来るでしょう。
そこでそのエッセンスを感じられる範囲で感じることが出来ればそれで充分です。
無理矢理に具体化しようとしなくて構いません。

どちらの場合でも、受け取るメンタリティとしてはアバウトな方が望ましい。
金メダルの例で言えば、

「絶対に金メダル以外は嫌だ!取れなかったらどうしよう!!」

というメンタリティよりは、

「金メダルが絶対に良いけど、全力出し切れたら結果についてはまあいいや」

くらいの方が受け取りやすいのです。
このメンタリティの方が実力を発揮しやすく、結果的に金メダルも近づきます。
また心がオープンに「あるがままを受け容れよう」という状態なので、
実際にも望むものを受け取る時のフォームなのです。

要するに願望を手放せているわけです。

【要点】

・願望(どのような状態を望んでいるのか)をハッキリとさせること
・願望の具体性にしたがって、それを出来るだけ詳細に前もって経験する
・願望がそれほど具体的に明確になっていなければ、その範囲内で前もって経験する
・前もって経験したら、その願望を手放して自由にさせる
・あとは寛大なメンタリティで、あるがままを受け容れるという立場に立つ
・このメンタリティは実現を受け容れるフォームである

あなたはちょっと真面目に考えすぎている気がします。
その意味では>>1241のだぜさんの回答が一番的確かもしれませんw

私の回答はあなたの質問からすると、ややずれているように感じるかもしれませんが、
「まぁ、ずれているけど良いか」くらいの感覚で受け取ってみてください。
杓子定規になりすぎているなと感じたら、手綱を緩めて許容範囲を広げてみてください。
その方があらゆる面で可能性を広げることになるからです。


[No.133]
1252 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/01(水) 22:15:58 h11lRZ72O

淡々と実践をしてたのですが、質問が出てきました。
「どうして〇〇出来たんだろう?」というような問いかけメソッド、
以前108さんは質疑応答の『東京2』という記事で、この手のメソッドは、
今現在をどう感じていても効果がある、と仰ってたのに対し
ブログには『感情が伴わないと無意味』というようなことを書いてある。

これって矛盾してないですか?感情伴わないとやはり無意味?

ちなみに自分は『どうして~』と問いかけても、まーったく感情は湧いてきません。
で、エゴしゃんはザワザワ。「そんな非現実的で合理性の無い事、あるもんか!」と。


3249 名前: 108★ :2009/10/16(金) 02:48:14 ???0

>>1252
問いかけメソッドは、

「今、自分が状況をどう感じているか」

ということと無関係に効果があります。

「今、自分が状況をどう感じているか」というのは
「あなたが現状をどうとらえているのか」ということです。

東京の方の例で言えば、

「私は現在東京に戻れないでいる。私がいるのは東京ではない」

これが現状認識です。
で、東京の方が

「私は一体どうやって東京に戻ることが出来たんだろう?」

こう問いかけたとき、ポイントとなるのは感情です。
この人が実際に東京に戻った未来から現状を振り返っているのであれば、
その時の感情は「嬉しい」「快」「喜び」「安心」といった類のもののはずです。

この時、この人は実際に東京に戻った状態に身を置いているわけです。
この時の問いかけは、現状と見えているものと無関係に作用します。

しかし同じように
「私は一体どうやって東京に戻ることが出来たんだろう?」

と問いかけても、その時感じているものが
「悲しい」「不快」「不満」「失望」「不安」といったものであれば、
この人は東京に戻った状態に身を置いてはいないわけです。

「…なんて問いかてみたけど、実際には私はまだ東京にはいないじゃん」
というように「現状と見えているもの」に留まっています。

逆に、この人が
「私は一体どうやって田舎に居続ける状態から脱したのだろう?」

という問いかけをしたとします。
この問いかけは一見「現状の不足部分」に注目した文言なので良くない感じですが、
この人がこう問いかけたとき、実際に感じている感情が
「解放」「安心」「希望」「喜び」といったものであれば、
この人はその状態から脱した未来に身を置いているわけです。
逆もまた真なり。

このように、問いかけを行う際に重要なポイントは
利用した文言ではなく、問いかけたときに感じている感情ですよ、
それによってどの状態から振り返っているのかがわかりますよ、

というのがブログ記事「私はどうして○○出来たのだろう?」での要旨でした。

重要なのは文言ではなく、文言が呼び起こしているその人の状態です。
それを知る手がかりとなるのが、その時感じている感情であり、
人によって適した文言は異なるということを考慮して、
自分にとって適切な文言を用いましょう、ということです。
これは仮設男のときに提案した方法論です。

もっと言えば文言自体は重要ではなく、
問いかけることで願望が実現した状態にパッと身を置けるかどうかです。

我々はどうしても現状の不足部分に注目してしまいがちだから、
それを一瞬でもパッと解除してやるわけです。

そうすると、現状の不足点にロック・オンし続けていた焦点が、
ストレッチを行うようにパッと解放される。
様々な可能性が考慮に入ってくるわけです。

そうなると、たとえ可能性が物的証拠として目の前に現れなくても、
その可能性に対してオープンな姿勢を取ったことになる。
受け取ることの準備が整い始めるわけです。


このことは殊更に重要です。
その姿勢を取れるのかどうかが、実現のための極めて重要な鍵だからです。

ところであなたの場合、問いかけをしても上で説明したとおり、
実現した状態に身を置けていません。
現状分析から判断してしまっているわけです。

そういうことと無関係に、一足飛びに実現した自分に身を置いてみる。
プロセスを飛ばしてショートカットするのです。
想像の中では、そこに至るまでの詳細な道程は不必要です。

エゴがしつこく聞いてくるそのプロセスについては
「なんやかんやで実現した」くらいにぼかすのですw

あなたにその方法やプロセスがわかるまいが、実現しちゃったんですよ。

コツは現状分析の結果や分析しようとする思考を、
問答無用に粉砕して無視することです。


で、実際にその地点(実現した地点)に身を置けたと感じたなら、

「じゃあ、一体どうやって…」

初めて振り返ってみればいいのです。
考えるのでなく、単に振り返ってください。
この時、実現したあなたと現状とが一直線に結ばれているので、
頭で理解できなくてもプロセスを逆転した地点から関知したことになります。


後は放っておけばいいのです。
その空白を埋めるように現実が展開していくようセットされたわけですから。

108質疑応答
 
                 Sponsored Link


[2012/11/02 01:00] | Category * 108式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.