「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
4179 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/06/14(日) 16:17:14 ndgKJwTgO

画家さんへ
質疑応答のクリシュナムルティの件ついて質問があります。

結局、画家さんはどんな結論に至ったのですか?
質疑応答では内容が端折られていて分からなかったので過去ログを探したのですが、
閲覧できなくなっていたので思いきって書き込みしてみました。

今の私はあの質問の時の画家さんと似た混乱にあるような気がします。
最近では精神世界系の本を読むのが恐くなってきてきました。
この絶望感や生きる気力の無さはエゴが死にかけている証拠だから喜ばしいことなのか…
質疑応答でこのようなレスがついていたので混乱しています。

画家さんはどんな結論を下したのか教えていただきたいです。
よろしくお願いしますm(_ _)m


4180 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/06/14(日) 17:03:43 ID:3dUmPv1w0

>>4179
こんにちわ。
同じ感覚を共有できたこと、それをシェアリングできることに感謝します。

結論はクリシュナムルティもLOAも108式も全てのエンティティは
同じモノの角度を変えて表現しているに過ぎない、と言うことです。

クリシュナムルティには一種の瑕疵がある。
瑕疵と言いますかこれは彼の意識的意図なのですが、よくお読みになると解ります。

彼はミーには死んでもらわなければならない、とは申しましたが
アイ<I>を殺せとは申しません。彼は敢えてその<I>に触れなかった。
何故なら触れた瞬間にその<I>はエゴに取って代わることがあるから。

これに気付かずに鵜呑みにすると「自分自身を消さないと」→「安息は無い」
とこうなる。

そして自分の消滅こそが安息の条件になり、

「私は不幸のどん底で絶望感に満ち満ちて苦悩に打ちひしがれても
それはエゴが死のうとしているのだから何もすべきではない」

とこうなる。
「もっと苦しめ!それが安息への道だ!」となる。

これはあなたと同じ私の疑団だったのです。
で、二進も三進も行かなくなった私は空に向かってこう呼びかけた。

「人間はその究極の苦しみを<経なければ>幸せになれないと言うのか!」
「そんな出来損ないな存在なら私は要らない!そっくりお返しする!」と。

するととても力強い声で

「それは違う!」

と帰ってきた感覚があった。
これ以降、私の方向性が変わります。

「私は不幸のどん底で絶望感に満ち満ちて苦悩に打ちひしがれても
それはエゴが死のうとしているのだからそれを受け入れるべきだ」


これと今話題のセドナのアプローチと何だか微妙に似てませんか?


「私は不幸のどん底で絶望感に満ち満ちて苦悩に打ちひしがれても」

「今感じている感情を感じて☆」

「それを受け入れるべきだ」

「受け入れられる?」

そして「手放せる?」


つまりクリシュナムルティのアプローチはセドナを始め様々なエンティティが伝えた
キャッチ&リリースと同じなんです。

この絶望感や生きる気力の無さ?
それはただ思考から来る感情に過ぎませんw
その思考とは「私は不幸のどん底で云々」です。

ただクリシュナムルティは非常に潔癖症で極力「ひかり」を見せなかった。
(たまに見せましたけどねw)これを誤解するととんでもない方向へ行くわけです。

絶望感や生きる気力の無さはエゴが死にかけている証拠なのではなく、
自分自身が全部エゴだ、私はエゴそのものだ、と自分とエゴを同一視したときに起こる現象です。

まさにエゴ自身が起しめている「感情」なんです。

クリシュナムルティの瑕疵。
それはその潔癖性による「あなた=エゴ」の強調にあります。

あなたに申し上げたいことはその絶望感、虚無感、生きる力の無さ、と言った感情は

「不安と不足と恐れから生まれた思考と感情と記憶の連携構造」
「物理次元でネガティビティを生み出したある種の<錯覚>」
つまりエゴが見せている幻覚に過ぎないことを先ず知っていただきたいのです。

エゴを殺す必要はありません。
と言うか殺しても死にませんw
実体の無い錯覚を殺しようが無いからですw

エゴに原因がある!だからエゴを!
というネガティブアプローチの時代は終わりました。
これだとエゴ連鎖から離れられません。
そうでなくエゴの活性化をスルーする方法、

「いつでもどこでも、今ここで心地よくある」
「恐れを手放すことによりエゴの<錯覚>から目覚める」


つまりエイブラハムはじめLOAで行われるプロセスが最も適切であることが見えてくるはずです。
しかも「今ここ」に居ると面白いことに我々のエゴは消えています。
「今ここ」を十分に楽しみ、安心し、無条件で幸せで居るとき、エゴはあなたに影響しません。

何か気付きませんか?

「毎瞬毎瞬に目覚めて今ここを楽しんでください」バシャール
「我々にとって重要なことは刻々の体験である」クリシュナムルティ

同じですwwwww

4184 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/06/14(日) 20:15:27 ID:3dUmPv1w0

>>4179
ちょっと補足。

”まさにエゴ自身が起しめている「感情」なんです。”

そしてその感情は

”あなたにとってそれは自然ではないことを教えています”

を付け加えておきましょう。
だってメシも不味くなるでしょ?
頭も痛くなるしw不自然です。

”あなたにとってそれは自然ではないことを教えています”

「え?エゴが教えてる?」

どうなんでしょ?w
そーかも知れませんねw

混乱したときはいつでも「は~」とため息をついてください。
そして先ず心地よくあろう、話はソレからだ、と決める。
だっていくら苦しんでもそこから見える答えはその苦しみに支えられているんです。
その答え(と言うか判断)は苦しみを定義づけ「だから私は苦しむんだ」みたいなアフォな結果を出す。
何故ならそれは苦しむことの価値を創造しているのですから。

心窩痞塞せば百慮も失す(佐藤一齋)
下手な考え休むに似たり、否、休むにしかずw

あなたのどこかに「真実や真理を体現するためには我々は苦しみを経ねばならない」
という観念があるはずです。私にもありました(;´∀`)

これ、うっそでーすw

4195 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/06/15(月) 00:19:53 2y/SMA5M0

108さんとか、画家さん、55さん、だぜwさんとか、
まじで一回会ってみたいよね~w

滅茶苦茶面白い話が聞けそうだな~

何でか分からないけど、いつか会えるといいなw
ちなみに男です。画家さんすいませんw


4196 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/06/15(月) 00:38:47 ID:3dUmPv1w0

>>4195
なに、男性も大歓迎だぜw
そっちのケは無いけどww

つか私の周りは男ばっかやわw
そろそろパートナー引き寄せよっと♪

今展覧会の作品を作っています。
で、締め切りが18日とか言いやがるw
この時点で何も出来ていませんでした。

当然スルー。
締め切り?反応しません。時間は私が決める( ̄ー ̄)ニヤリッ


もし時間がなく焦ったときは
「大丈夫。時間など無限に創造できる」

何かしなくちゃ><とパニックになったら
「私は何もやる必要はなかったんだ」

これをアファしてそこから生まれる安心感を十分に味わってみる。
するとあれよあれよと事が運びますw
マジおすすめです☆

さて、コーヒーターイム☆

4198 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/06/15(月) 08:24:40 a5YKbkA.0

画家さん
今頃、徹夜明けかしら?締め切り目前でも、そこに麗しい女性がいたら、
まず、押し倒しそうな画家さんのファンでーす。
画家さんに、私も愛されてみとうございます(爆)

何かしなくちゃ!って丁度思って目覚めたのですが、そか、
何もしなくて良かったんだ。そだそだ、そーだった。

どうでもいいや、の後に、いつもの思考スパイラルにはまって
(ヒマなんだと思う、自分)108さん語録を読み直しました。
ああ、私願望と一体化してコントロールに躍起になってたのだと自覚。

ポノポノの「許してクダサイ」が妙にツボにはまって、頭の中でブツブツつぶやいています。
そうすると思考が止まるのでイイみたいです。
キレイさっぱり浄化する手だて、って何かないかなぁ。
画家さんみたいに、魂を込める作業(創作活動)とかしてないし。

という事で、作品完成して、ニヤリとする画家さんを想像しております。作品、みてみたーい!


4228 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/06/15(月) 20:52:59 ID:3dUmPv1w0

>>4198
レスありがとうございます☆

今日は午前中に2時間ほど仮眠しました。
それから展覧会運営の会合に行って帰ってきました。
また今から製作再開~♪

>まず、押し倒しそうな

いやあ、そんな無作法なww
先ずはちゃんとお話をしましてね、だんだんあれです。
プロセスを大事にしないとねw

>キレイさっぱり浄化する手だて、って何かないかなぁ。

これも同じw
ゆっくり楽しみながらやらないと勿体ないですよw


上海雑伎団スレ
 
                 Sponsored Link


[2012/12/27 00:46] | Category * 画家式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.