「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
[No.161] 「手放す→引き寄せ」「感じきる→クリアリング」となるのはどういった違いなのですか
[No.162] チケット7章で復縁しましたが、願いが叶うとエゴに飲まれてしまいます
[No.163] 「願望を叶えるために充足を見よう、充足見てれば叶うんだー」て気持ちじゃダメですか



[No.161]
1506 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/20(月) 11:22:47 W4A2SzR.0

賢人の皆様、質問させてください。

「願望が叶った状態を『今』感じて手放す」
「ネガティブな感情を感じきる」

この二つは、感覚的にも、手法としても非常に似かよっており、
結局、どちらも他の領域に手放している状態に思えるのですが、
結果として、前者は「引き寄せ」、後者は「クリアリング」となるのは
どういった違いによるものなのでしょうか?

1512 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/20(月) 21:53:31 oNFAdihAO

>>1506さんと同じようなこと、私も疑問に思ってます。
全ての観念を手放すべき…?なのかなと思い、そう心がけていると
確かに気持ちはニュートラルに、楽になって行くのですが、
不安な想念→手放すことで不安から解放される→現実化しない

では、手放した願望は…??

不安な想念→手放す→安心感→安心感に基づいたものが現実化する
願望→手放す→執着や不足からくる願望への飢餓感から解放→本当の願望が実現

…みたいなことで良いんでしょうか?


3288 名前: 108★ :2010/03/02(火) 02:20:36 ???0

こんばんは~。
バンクーバオリンピックも閉幕しましたね。
私は女子フィギアでの浅田真央ちゃんの演技に感動しました!
まさにアスリートとしての真髄を見た想いです。
真央ちゃん、感動をありがとう!

>>1506、>>1512
・願望が叶った状態を『今』感じる=直結
 ↓
  →願望を手放す=執着を解除する

・ネガティブな感情を感じきる=抑圧されているエネルギーを解放
 ↓
  →恐怖心その他の抵抗観念と正面切って向き合う
   ↓
    →実体のない虚像であることが暴かれる→無効化


こういうことです。
上は願望実現のメカニズム、下はクレンジングの仕組みです。

>>1512さんの疑問にはもう少し詳しくお答えします。

もしあなたが全ての観念(信念)を手放せたなら、あなたに不可能はなくなります。
しかしそれ以上に素晴らしいことは、なんの条件も必要なく自然に
ポジティブなエネルギーで満たされた状態になることです。


つまりあなたは、ありあまる充足によって存分に満たされた状態になる。
ところが、その目的によって全ての観念を手放そうとしても無駄。

「全ての観念を手放しさえすりゃ、自由に願望を実現できるんだな」

これじゃ現状から一歩も動いていないじゃないですか。
これじゃ目の前の現象化をコントロールすることが目的になってしまっている。
つまり「コントロールしなきゃ自分の願望は叶わない」と思っている。

要するに「思い込みを手放したら充足を経験できる」とは
これっぽっちも信用していないということです。

一見パラドックスみたいですが、実に簡単なことです。

あなたはどうしてもコントロールの権限を握っていたい。
手放した願望が叶わなかったら、それこそ「叶わん」からです。
ところが手放さないとなかなか願望は叶わない。これも叶わん。

どうせ同じなら、楽な方をとりゃいいじゃないですか。
楽だし、しかも叶う可能性がぐんと高くなる方を思い切って選べばいいじゃないですか。
コントロールしようとしてヘトヘトになり、結局叶わなかっただけ、
というような失望とはおさらばですよ。

これをすることで、あなたにとってのデメリットは何もない。
ノーリスクハイリターンです。

ところで、実際にはあなたの取り組みは中々うまく行っています。

> 全ての観念を手放すべき…?なのかなと思い、そう心がけていると
> 確かに気持ちはニュートラルに、楽になって行くのですが、

これで良いのです。
必要なのは「行くのですが」のあとについつい続けてしまう、
ブツクサ言う思考を思い切って止めてみることです。

願望が実現しようがしまいが知ったことか。

少なくとも楽になり、叶う可能性を高めることにも成功しており、
おまけに、幻想とどっぷりつき合って苦しむという
不毛な営みからも足を洗い始めている。
これは私にとって多大なメリットを与えてくれているのだ。

こう考えりゃいいんです。
エゴが騒ぎ出したらこう言ってみてください。

「知ったことか」


[No.162]
1530 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/21(火) 05:10:14 f0Goe/bAO

チケット第七章を実践して復縁できました。
他にも色々願いは叶えましたが、私の場合願いが叶うと大事な事を忘れていきます。

それでだんだんエゴにのまれ状況悪化。エゴがお手上げでまた実践‥
暗記するまで読んでるのにまたチケット読み直し、そうだったと思い出す‥
条件つけたくはないけど、願望が叶った後や常日頃エゴから抜け出すのは難しい‥
エゴから抜け出そうというモチベーションを持ち続ける事も‥

何かアドバイス有ったら誰か下さいm(__)m


3290 名前: 108★ :2010/03/02(火) 02:26:18 ???0

>>1530
> チケット第七章を実践して復縁できました。

おめでとうございます。

> 条件つけたくはないけど、願望が叶った後や常日頃エゴから抜け出すのは難しい‥
> エゴから抜け出そうというモチベーションを持ち続ける事も‥

じゃあ、あなたはエゴから抜け出すことをすっかりあきらめたらいい。

実はエゴというものは存在していません。
それ自体が錯覚なのです。


ところが、あなたは別の領域をエゴとの対比によって概念化しているため、
両方の領域をさも行ったり来たりしているように見える。

あなたに必要なことは、自分自身の奥深い本質の部分に注目し続けることです。
そのために効果的なのは、一日に一回から数回、静かに瞑想の時間を持つことです。

日常に戻ってエゴが騒ぎだしたと思っても気にしない。
それは単なる反応です。反応をあなた自身だと錯覚する必要はない。
仮想的な錯覚の範囲で起きている事柄に、敢えて集中し続ける必要は全くない。

あなたが瞑想などによって別の領域を体験しているとき、そこにもはや「別」という枠組はありません。
それはあくまでエゴの領域から本質を認識するために用いられた概念です。

あなたが別の領域にいるとき、あなたはエゴの領域の外側に出ているのではない。
そのときエゴという仮想概念自体が消え去っているのです。
つまり、エゴは本来存在していないという事実をただ単に認識している状態になる。

これをたびたび経験したなら、あなたは日常生活に戻っても
エゴという仮想概念にしたがってゆらゆら揺れることが段々馬鹿馬鹿しく思えてくる。

でも揺れたとしたって気にしない。
「ああ、揺れてんだな」と思っときゃ良いんです。
揺れに抵抗したって、もっと激しく揺れるだけ。
あなたはそれに気付いている視点を持ち続けていればそれで良い。

あなたはかなりイイ線行ってますが、せっかくそのレベルまで来ているなら
どうせだから、もう少し先に進んでみましょう。

あなたが「実践している」と思っている第七章やメソッドのような意識の置き方は、
実はあなたにとって本来の状態であって、苦労して敢えて実践するようなことではないのです。

実はエゴと取り組んでいるときの方が、あなたは遙かに苦労して別の領域に抵抗し続けているのです。
ところが「実践」と思っている意識の置き方は、本来自然な状態なので努力は用いられていない。

エゴと取り組んでいるとき、あなたはとても努力している。
別の領域にいるとき、あなたは何もしていない。
これが逆だと感じられるのは、あなた(を始めほとんどの人)が、
エゴと取り組むことにしたときから、知覚が逆転するようにセットされているからです。

では、この逆転を解除するにはどうしたらいいのでしょうか?
何も要りません。

「これは知覚が逆転している状態だ」

これに気付いてさえいりゃ良いんです。
たとえあなたが理性で納得できていなくても。

この意識を絶えず持ち続けていれば、あたかもだまし絵を見ていて
別の絵が視覚に突然飛び込んでくるようなことになる。

エゴが騒ぐ日常を経験しているときでも、
「これはひょっとしたらまやかしかもだぞ」
といった態度で、知覚が正常に戻ることを絶えずスタンバイしている状態になる。

こうなれば、エゴの正体が暴かれるのは時間の問題。
実際には時間はないので、あなたの信念が適当な段階まで解除できれば、
知覚は勝手に正常な状態に戻ることになる。


長々書いてきましたが、要するに

「気にするな」

とうことですw


[No.163]
1550 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/21(火) 18:28:09 ZXx5rO/MO

108さん
私は質問者さんとは別人ですが、>>1545に関して

『願望を叶えるために充足を見よう』
『充足見てれば叶うんだー』って気持ちじゃダメ?


3291 名前: 108★ :2010/03/02(火) 02:27:12 ???0

>>1550
> 『願望を叶えるために充足を見よう』
> 『充足見てれば叶うんだー』って気持ちじゃダメ?

それだったら、

『願望を叶えよう』
『叶うんだ』

だけの方がマシです。
あなたの設定では、充足が願望達成のための条件になってしまっているからです。

充足というのは、願望達成のための一要素ではない。
充足には願望達成も含め、あなたを満足させる要素が全て備わっている。
だから充足をそのように概念化するべきではない。

充足>願望達成

なのです。
だったら充足をとりゃいいじゃないですか。
敢えて限定された少ない方を取るほど奥ゆかしくならなくてよろしいw

1556 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/21(火) 22:44:43 koawxBlM0

108さん。自分も>>1545に関して教えて頂きたいのですが、
“充足を見る”というのが、いまいち分からないです。

あ。どこかでたしか、コップに水が入っているのを見て、
「半分しかない」とみるか「半分もある」と見るかという話だったかな?

「充足をみて」といわれると良く分からない。
「今あることに感謝して」なら、なんとなく分かるけど。

108さんの考えでは「充足をみる」と「感謝する」では同じですか?
でも、コップの水の話からすると、感謝とはニュアンスが違うような気もするのですが。

1587 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/22(水) 16:51:26 khfswVkw0

>>1556
私も昨日108さんのレスを見てひっかかったんですけど、
何を思ったのか、改めて108さんのブログを読み返してみたら
別の領域に対する誤解」の記事にバッチリ書いてありました。
現実を再定義する~のところです。

レスとブログの記事で理解が深まりました。
108さんはホントに親切でやさしい方ですね。


3292 名前: 108★ :2010/03/02(火) 02:30:14 ???0

>>1556
>>1587…だそうですw

ちょっと補足しておきます。

> 108さんの考えでは「充足をみる」と「感謝する」では同じですか?

あなたが充足を見ようと思ったとき、

「なんだよ。なんで望みと違う、既に持っている事柄に対して充足を見なきゃなんないんだ。
 でも充足を見ることが願望実現のための条件なら仕方ない、見てみるか」

こういう状態なら、あなたは充足を見ていません。
したがって当然感謝も出来ないでしょう。

あなたがコップの例えを持ち出したので使わせてもらうと、
あなたが「コップに水が半分しかない」と思っているのに、
「コップに半分も水がある」と思おうとしても無理。

既にコップの水を不足の観点から捉えているからです。
つまり二元性の観点から一歩も出ていないということです。

※これはポジティブ思考を行おうとするときにも良くある落とし穴だから気をつけて

これを回避するには、なんの予断なく、ただそのまんまで認識することです。

「コップに水が半分入っている」

これがそのまんまです。
「も」も「しか」もありません。

「コップに水が半分入っている」

ただそれだけです。

この認識をベースに、ちょっとだけ歩を進めましょう。

「コップに水が入っている」

これでも良いですよね。量は関係ない。

「コップに水が入っている」

あなたがこう認識した時点で、あなたの経験にコップと水が入ってきた。
あなたは、

「コップに水が入っている」

という経験をした。
あなたはコップでも水でもないのにも関わらず。

なぜ?

あなたはコップも水も認識できた。
それがあなたの意識の範囲に入ってきたということは、
あなたは「コップと水を持っている」ということです。

※「購入したので所有権を有している」という意味ではありません

あなたの意識に入ってきて認識したものをあなたは経験している。
あなたが経験しているということは、それは紛れもなくあなたのものだということです。


もう少し具体的に行きましょう。
あなたが街でベンツを見かけたとする。

「これは私の欲しいベンツだが、誰か他人の所有物のようだ。忌々しい」

とエゴによる所有権のアイデアを持ち出して充足を遮断するのか、

「これは私の欲しいベンツだ!なんて重厚な色合いと風格だ!素晴らしい!」

と、ただ単にそれが経験の中に入ってきたことを喜び、経験として所有できたことを喜ぶのか。

実際に一般的な意味でベンツを所有することに近いのは後者です。
なぜならもう既に所有したのと同じメンタリティになっているから。

これが充足です。
その上で最初のご質問に戻ると、充足と感謝とはセットです。
それは不可分です。

充足を見るということは、一般的な意味での所有権の確認ではない。
それを見るということは、それを自分の経験として招き入れるということであり、
所有権というエゴの概念をすっ飛ばして、直ちにその経験に突入するということです。


108質疑応答
 
                 Sponsored Link


[2013/03/27 01:39] | Category * 108式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.