「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
[No.169] 「努力は不要」との事ですが、自ら能動的に動かないと結果が得られないのではないですか
[No.170] 過去に父親からされた虐待の記憶で苦しんでいます。父親も血縁も消してしまいたいです
[No.171] 元カレと復縁したいのですが、既に彼女がおり、連絡先もわかりません



[No.169]
1595 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/22(水) 22:38:56 RxuEBpQ20

素朴な疑問なんですが、108さんは努力をしなくていいっていいますけど、
その「努力」って自分が苦痛だと感じることだということでいいんでしょうか?

でも、多くの人は何か物事を始めたり、
何かに新しく挑戦するときって大きな苦痛を伴うじゃないですか?

ダイエットするなら食べたいものを多少控えなくちゃいけないかもしれないし、
新しくビジネスを始めるなら、業界に関する勉強をしたり、資金も必要になるかもしれない。

それに、物事ってやってみないと、
それが苦痛と感じるかどうかなんて、分からなくないですか?

後、他の成功本を読んだりすると、
まず行動ありきという考え方が一般的なんですが、自分から能動的に動かないと、
健康でも恋愛でもビジネスでも欲しい結果が得られないのではないですか?

特に恋愛では、男性の場合は自ら積極的にいかないと、成就しないのではと思うのですが・・。
ちょっと疑問に思ったので質問してみました。


3298 名前: 108★ :2010/03/10(水) 02:49:06 ???0

>>1595
まず、「自分から能動的に動くこと」と「努力」とは必ずしもイコールではありませんよね。
また、自分から能動的に動くと、必ずしも苦痛を感じるわけでもない。
ところが多くの人は、

「なにか成果を得るためには、必ず苦しまなくてはいけない」


と考えてしまいます。
これは、その場限りのちょっとしたアイデアではなく信念です。
「信念」ですから、相当強力な思い込みです。

あなたは努力や苦労や痛みによってなにかを得ていると思っているけど、
本当は、得ることとそれらは何ら関連していません。

実際には、あなたの信念に従って持ったり持たなかったりしているに過ぎない。

それだけです。

実際には、手に入れることに対してあなたはなんの力も有していない。
あなたがその力だと信じている努力や苦労や苦痛には、そんな力はありません。
ゼロです。むしろ、

「手に入れるには、努力や苦労や苦痛がつきものだ」


という信念によって、即座に手に入れることを延期することになっているだけ。

つまり、あなたに限らず多くの人は、
自分の信念に沿う形で、自分にそれを持つことを許可している。
で、許可した途端にそれを持つことになる。

つまり持つことに対する抵抗を止めた途端、あなたはそれを手に入れることになっている。


そりゃそうだ。
あなたは既にそれを持っており、宇宙(神)は全力でそれに気付かせようとしている。
ところが信念という抵抗でもって、あなたは必死でそれに抵抗している。
だから抵抗を止めたら、それが流れ込んで当然だ。

あなたやほかの多くの人が信じているそれらのことは、単なるエゴの信念体系に過ぎません。
じゃあ、なぜエゴがそれを採用しているのかというと、「それはない」という経験、
つまり不足を経験できるからです。

「それはある」「瞬時に実現できる」


これでは不足は経験できません。
だからエゴは「それはない」という虚偽の前提を置くことが必要だった。

これは虚偽の前提だけれど、強力に信じ込むことによって
「不足」という刺激的な経験が出来るようになった。
極めて刺激的だったので、これに強力にのめり込むことになった。

いつの間にか知覚がまるっきり逆転して、
それがあたかも真実であるかのように認識されるようになった。
こうしてエゴのシステムが構築された。

皆がこのシステムから中々脱出できない、しようとも思わないのは、
このエゴの不足システムがあまりにも刺激的で中毒のようになっているからです。
この不足を乗り越えることで情熱を燃やしたり、ワクワクしたりして、
そこで生きがいを感じることができると勘違いしてしまっているからです。

ところがその不足を克服するための情熱やワクワクの裏には、
エゴのもう一つの根幹である「恐怖心」という強力な後ろ盾があるのです。

これによって充足は、見かけ上まったく別の属性を持つことになる。
血反吐を吐く思いでやっと得られる、ほんの一瞬の儚い安らぎという属性です。
散々苦労したものだけが得られる、ささやかなご褒美という属性です。
これは実際の有様からすれば、とんでもなく歪曲された虚像です。

ダイエットしたくても、食べたいものを控える必要はない。
新しくビジネスを始めるのに、勉強や資金は必要ではない。
恋愛を成就させるために、男性が特に積極的に行く必要はない。


これが本当のところです。
でも、今まで支えてきた信念を一瞬で変更するのは難しいかもしれない。

※一瞬で変更しても良いんですよ

それなら、まず真実だと思っているこれらの前提を疑ってかかってみればよい。

ダイエットに成功するのに、食べたいものを控える必要はないのかもしれない。
新しくビジネスを始めるのに、勉強や資金は必要ではないのかもしれない。
恋愛を成就させるために、男性が特に積極的に行く必要はないのかもしれない。


こんな風に。
こうやって前提を変えたら、あなたの目に入るものや経験することがちょっとずつ変わってくる。
より実際の有様に近いことが、あなたの意識体験に入ってくるようになる。
意識体験に入ってきたということは、あなたはそれを持っているということになる。

つまりエゴを支える信念は既に崩れ始めているということです。

ここから起きてくることは人様々です。
ですが、せっかくこの信念が崩れ始めたのなら、
それをぜひともあなたが充足を経験することに活用してみてください。

あなたが充足をなんの条件もなく見る決心をしたなら、
それにしたがったものが見えてきます。


[No.170]
1610 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/23(木) 03:35:27 KO2ZT/GY0

折角の良い流れなのにごめんなさい。助けて下さい。

ここ数日、叶わない、と頭を悩ませる事も減って、少しの間平和な気分で過ごして来れてたのに
過去に父親からされた虐待の記憶が急にハッキリと浮かんで来ました。
今まで忘れていたような事まで。これには何か意味が有るんでしょうか…。

一気に地獄に逆戻りして苦しいです。父親に殺意が湧きます。
こんな人間と血が繋がっている、と言う事実も許せません。

父親も血縁も消してしまいたいです。
過去が変えられる、と言う話に微かな希望を持ったりもしてますが……。

1632 名前: 1610 :2009/04/23(木) 23:30:25 njX4o3Iw0

過去の変更について、108さんに回答を御願いしても良いでしょうか…。
父親本人は勿論ですが、自分との繋がりをどうしても許す事が出来ません。
あんな人間と同じ血が流れていると思うだけで発狂しそうです。

離れようが死のうがついて回る呪いみたいな血縁をどうしても無くしてしまいたいです。
可能なのかどうかだけでも……。


3299 名前: 108★ :2010/03/10(水) 02:57:27 ???0

>>1610、>>1632
> これには何か意味が有るんでしょうか…。

意味などありません。無意味です。
あなたが感じるどんな苦しみも無意味です。
価値はありません。何らかの評価を与えないようにして。

たくさんの方から愛のあるレスでついて落ち着かれたようですが、
ご指名なので私からもひと言。

> 可能なのかどうかだけでも……。

可能です。

…これだけだとあんまりな気もするのでw
もう少しアドバイスしてみます。

(つづく)

3300 名前: 108★ :2010/03/10(水) 02:58:25 ???0

(つづき)

上で書いたように、あなたが苦しむことは無意味で、
その苦しみになんの価値もないとするじゃないですか。

その苦しみはあなたの成長にとっても、あなたの幸せにとっても
なんら関連していないとするじゃないですか。

じゃあこの苦しみは、あなたにとって一切必要ではないということになる。

じゃあその苦しみの生成元と思われている、過去の虐待だとあなたが認識している記憶も、
自分にその仕打ちをしたとあなたが認識している、父親に対する怒りに満ちた属性づけも、
も一つついでに、それらの呼び起こされた記憶を反芻して、
頭の中で何度も再経験しようとするあなたの習い性も、

全部不必要ということになりませんか?

あなたは、
「あの父親のせいで、私は未だにこうやって苦しむことになっている。
 だから、私を苦しませ続けているあの人物を許すことはできない」

と考えています。
ところが、この記憶を呼び起こして反芻しているのは誰でしょう?
父親ではありませんよね。あなた自身です。

それなら、この忌々しい一連のプログラムはあなた自身によって解除できるということです。
そのために必要と思われるなら、クレンジングや心理療法士による処方を試してみてください。

ですがその前に、その「消したい過去」を強固に支え続けているのは、
あなた自身であるという自覚を、まずは持ってみてください。

たとえば、あなたに限らずですが

「あの人間は許せない!」

と思うと、あなたの中でその人間が強力にその属性を帯びた形で存在し続けます。
おまけに、その属性を成立させる要素も強力にその存在を主張することになる。
あなたの中で、それらがよりパワーを帯びて生き生きしてくるのです。

あなたが「消したい過去」と思っている記憶や、
「消えて欲しい」と思っている、父親のネガティブな属性などがです。

本当のことを言いましょう。
あなたの記憶にある虐待の事実や、父親があなたに行ったひどい仕打ちは、
実際には行われていません。変えるもなにも、そんな過去は最初から存在してはいないのです。

「いや、それらは全て事実だよ!」

とあなたは言うでしょう。
でも、実際はそれを事実と認定しているあなた自身が、
刻々その記憶を「今」創り出しているに過ぎないのです。

もっと本当のことを言うと、創り出してさえいません。
「創り出している」と錯覚しているだけなのです。

だから、その過去をなかったことにしたいのなら、
(実際にはそんな過去は存在していないのですが)
その過去を支えるという意識的な行為を今すぐに放棄することです。

「私は強力に信じ込んでいるが、それは事実ではないかもしれない」という前提に立ってみる。
「その記憶は私が単に今、創り出しているに過ぎないのかもしれない」と考えてみる。
「もっと言えば、創り出していると思っていること自体、錯覚なのかもしれない」と疑ってみる。

あなたを苦しませようとするいかなる事も、
あなたが実際にはずっと幸せでいることを知られまいとする、
巧妙で狡猾なエゴの罠に過ぎません。

必要なら瞑想を行ってみてください。
ただ呼吸だけに集中して、雑念が湧いてきても放って置いてください。
ただ呼吸だけに意識を持っていき、静かにそれを行ってください。

ある程度瞑想が深くなり、全ての思考が止んだ状態になったら、
あなたは「今」という実際の領域に留まれている状態になっている。

そこでは何も起きていません。
あなたを苦しませるようなことは何一つ起きていないのです。
そしてそれだけが、実際に起きている全てのことなのです。

その領域に定期的に、充分に留まれるようになってくると、
上で私が書いたような突拍子もないようなことが、頭で理解する形ではなく、
真実なのだと実感できるようになってくる。

実感できたら、そのフィーリングと共にいてください。
そのフィーリングは理性を通さず、あなたに本当の有様を知覚させてくれているものです。

いろいろと書きましたが、要するにあなたは、
「今すぐに充分に安心して良いよ」ということです。


[No.171]
1613 名前: もぎりの名無しさん :2009/04/23(木) 07:03:42 4jvDWsoIO

108さん、はじめまして!
今まではロム専でしたが、思い切って相談させて頂くことにしました!

あたしは前付き合っていた彼ともう一度付き合いたいと思っています。

でも彼には彼女がいて‥
連絡先も分からず連絡の手段がない‥
過去のことにこだわる‥

等、潜在意識にはいらないようなことばかりにこだわってしまいます‥

チケットを読んでいろいろと納得したつもりでいてもまだどこか腑に落ちないというか‥
色々な知識を持ち混乱してるカンジです(>_<)

まとまらない文ですが、もし良ければアドバイスをお願いしますm(__)m


3302 名前: 108★ :2010/04/30(金) 01:03:40 ???0

こんばんは~。
ゴールデンウィークに突入しましたが、いかがお過ごしでしょうか?
忙しい方もお暇な方も、幸せな一週間を過ごすと意図してみてください。

>>1613
> 色々な知識を持ち混乱してるカンジです(>_<)

じゃ、混乱の元になっているその知識を全部捨ててみてください。
ついでに、

> でも彼には彼女がいて‥

この情報も捨ててみましょう。
どこかの時点での情報は、あくまで「どこかの時点での情報」です。
そんな普遍性も一貫性もない事柄を信頼しても、あなたにとってなんの利点もない。

> 連絡先も分からず連絡の手段がない‥

これも同様ですから、両方捨ててみる。

> 過去のことにこだわる‥

この自分に対する定義づけも、ついでに捨てちゃいましょう。
この際だから、

> あたしは前付き合っていた彼ともう一度付き合いたい

ついでにこれも捨ててみましょう。

さて、これらを全部捨て去ったら…
捨て去ることは難しくても、せめてとりあえず一旦無視して、相手のことを考えてみて。

…できましたか?どんな感じがしました?

実はこうやって捨て去ったのは、全てあなたによる条件付けの部分です。
あなたが思考によって敢えてつけ加えた、本質とは無関係な要素なのです。
あなたはこうやって、本質に対して無関係な要素を次々と付け足してしまっているわけです。
そして、それによって敢えて苦しむということになっている。

それらの無関係な要素を全て無視して考慮しなければ、本質だけが残る。
その本質とは「彼を好きだ」「愛している」という想いです。
この想いはそれだけで十全であって、完結しているものです。


これには、あなたが考えたどんな要素もつけ加える必要はないし、
つけ加えられることをなんら必要ともしていない。

あなたがその十全な想いを持っているということは、
あなたは既に十全に満たされているということになる。


それに対して思考で何かをつけ加えることによって、
それがあたかも不足の構成要素であるかのように自らを欺く必要はまるでない。

あなたはその十全なものを紛れもなく自分のものとして持っているのだから、
その十全であるものの本質だけをじっと感じてみればいい。
あるいはそうしたければ、その想いを相手に送ってみるといい。

実はこの二つは、別のことに見えてやってることはまったく同じことです。

そうやって実際にあるものの本質だけを充分に経験するようにしたら、
あなたに必要なことは全て自動的に起きてくる。

もし上記の手順を踏んだ上で、本質が何も残らなかったということなら、
あなたの想いは、条件付けがもたらした単なる思い違いだったということです。
つまり、何らかの条件付けから「彼と復縁する必要がある」と勘違いしていたということです。

もしそうだったら、そんなことと関わっても無駄なので、
あなたにとって快い方向に興味を向け直してみて。
それが恋愛でなくても構いません。

大事なことは、
あなたが快いと感じる方向に、たとえ小さくても良いから一歩を踏み出すことです。
苦しむ方向ではなく。

108質疑応答
 
                 Sponsored Link


[2013/05/22 13:07] | Category * 108式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.