「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
91 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/11/08(日) 02:52:57 hyFZ.PLs0

画家さん、出来れば何か良いアドバイス頂きたいのですが宜しいでしょうか?

私は創作系の仕事をしているんですが、
だんだんどうしてもこれ(作品)を人に伝えたい!みたいな気持ちが薄くなってしまって、
作品も実際良い物が出来ずに悩んで、でも他の取り柄は何もないので
やるしかないというループ状況が続いています。

もともと人から作品を褒められるのが嬉しくてやっていたので、
人に伝えたいとか好きでやっていたとは違ったのかな、と最近になって気がつきました。

このままこの仕事を続けるのも、好きでやっている周りの仲間などを見ていると
自分は明らかにモチベーションが違うしやめるべきなのかも、と思っているのですが
どうしたらいいか分かりません。(><)

こんな事を人に聞くのも情けない話ですが、どうしたら良いか何かアドバイス下さると嬉しいです。


108 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/11/08(日) 14:33:14 ID:3dUmPv1w0

>>91
私はあなたがその仕事を続けるべきか、辞めるべきかは判断しません。
というか私には出来ません(爆)

>やるしかないというループ状況が続いています。

何か言えるとすれば、逆説的ですが「今やっている事をやってください」。

「え?選択を探しているのに?このままでいいかどうか聞いてんのに?」

はい。
いま、そこでやっていることに集中します。


人に褒められるのが好きだったから創作が出来た。
でも伝えたいという気持ちが薄れてきた解んなくなった。

もうね、どうでもいいのですそんなこと(爆)

頭で考えれば考えるだけわからなくなります。
何をすればいいのか、既に解っている状態に気付けばいいんです。
そのためには「いま、ここ」に居て、出来る事をやってみてください。

何か情報が来ます。

今のあなたは「これではないかの知れない」と今あることを疑いつつも、そこから動けないで居る。
これではない、と解ればサッと動けるし、これだ、と解れば疑いは消えます。
それには先ず「いま、ここ」に気持ちの焦点を結んでみてください。

迷ったら、「いま、ここ」です。
というかいつも「いま、ここ」ですよ。
そこにあなたの力の源泉がある。

と説教してみました(;´∀`)

116 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/11/08(日) 16:21:38 hyFZ.PLs0

>>108
画家さんレスありがとうございます!
「今、ここ」を感じれば情報があるんですね。

実はもう自分と同じような作風のジャンルを見るのも苦しくて、
(劣等感とかに襲われるからだと思う)ここ数年目を反らしてきたりして
もう創作自体に全くワクワク出来ずにいました。

これからもこの苦しみに向き合って耐えていくか
他にワクワクすることを探すかばっかり考えてました。

もう難しいことは考えなくていいんですね!
正直まだ今ここを感じるというのはどういう感じかよく分からないですが、
じっくりやってみようと思います


126 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/11/08(日) 19:46:05 ID:3dUmPv1w0

>>116
>「今、ここ」を感じれば情報があるんですね。

はい。
逆に「いま、ここ」以外に情報があり、そこが安住の地である、なんて考えるとずっと迷います(;´∀`)
私たちの一番安全で確実な時間は「いま」であり安全地帯は「ここ」です。
いまここを大切にしてください。

するとあなたの感情が自然に行くところへ導いてくれます。

>もう難しいことは考えなくていいんですね!

考えてもいいんですよw
考える必要は無い、ということです。
いまここにいると全てが明確になってきます。
明確さが鍵です。

151 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/11/09(月) 01:31:38 nxxund4s0

潜在意識とか願望実現とかヨガとか気とか・・・
もう、あれもこれも沢山の本を読まないと気が済まない症候群で大変。
趣味の読書が義務になってる。でも確かに本を読めばいい事が知れるし
目から鱗が体験でき、その時はいいんだけど・・・。
リンク本なんか見つけてしまうと「読まないと」という衝動に駆られるんだ。

勿論、これはエゴの声だとは分かってはいるが・・・。
amazonの「こんな本もあります」的なレビューを見て更に・・・。というループにはまってる。
「じゃあ読むのやめたら。答えは自分の中に・・・」的な考えも出てくるんだけど、
その「答えは自分の中にある」とか「意識を向ければ叶う」とか・・

そもそもそういう情報も実際は「本」から得ている知識だから・・・。これもエゴの声か・・・。
今まで読んでチェックしたメモ紙とこれから「読むべき本」のリストは消えては増え、
消えては増えの繰り返しだよ・・・。

何か、これだけ読んでればいいっていうのないですか?? 画家さん?
あ、チケットの他にです。


157 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/11/09(月) 05:03:34 ID:3dUmPv1w0

>>151
あなたが知的好奇心を満たしたいというのならお勧めしたい本はありますが、
その「気が済まない症候群」が脅迫的でどこか不快な動機なら逆に本から遠ざかるのも手ですね。
こんなときは自分の内面にある叡智に従ってみて。

「私がこんなにスピ本を追いかける動機は何だろう?」
「この動機は私にとって心地よいものだろうか?或いは不快なものだろうか?」

と問いかけて感覚を待ちます。その感覚に従ってください。

何かひとつ、という事なら直感的にこれをおすすめします。
本ではありませんが。
http://www.acim.jp/contents.html

153 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2009/11/09(月) 01:58:03 ID:FtJRF4zAO

流れブッタ切ってすみません。皆さんは家にお風呂ってありますか?
私は、実家住まいですが小さい頃から風呂なしのアパート暮らしで
それがコンプレックスになってる事に気付きました。

毎日仕事帰りに銭湯に行きますが、会社の人達からバカにされないか不安だし
恥ずかしいから風呂なしの事を言わずに曖昧にしていました。
しかし今日思わずカミングアウトしてしまいました。何だか凄く不安になってしまいました。

小さい頃、貧乏で母親も精神病でロクに服なども洗濯してもらえず
小汚い恰好をしていて虐められてたからか、美観に凄く拘る自分がいる事に苦しめられてる感じです。

…何と言うか、
「本当は風呂もない家にしか住めない位貧乏なのに、高い服ばかり着てオシャレしてる自分」
だからバカにされたり虐められたりするのが凄く怖いんです。

何だか凄く下らないかもしれないけど、吐き出す場所も無いから書き込みしました。
「んな事気にしなくても別にいんじゃね?」って自分もいるけど、
「嘘つきで見栄っぱりな自分はカッコ悪い、でももっと美しくなりたい(´;ω;`)」
って思ってる自分もいて訳わかんなくなってきます。
とりあえずセドナやって恐怖心を解放してますが楽にならないんです。

本当ワケわかんない文ですみません。


162 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/11/09(月) 06:46:47 ID:3dUmPv1w0

>>153
横レスごめんなさい。
もう苦しむ必要はありませんよ。
たとえどんな理由があろうとも不必要です。

そういえば私も幼いことから物心付くまでずっとアパート暮らしでしたよ。
勿論風呂なしです。

生きている事が苦痛で祖母によく零していたものです。
「ばあちゃん悩み無い?僕は悩みだらけだ」ってw
小一のガキがですw

厭世観に満ち満ちた少年時代でした。
意識を止めると現実も止まると思ってよく手のひらを凝視していました。
止まりませんでしたが(;´∀`)

で、今はそんな経験も感謝と共に、全く無価値(笑)だと思っていますw
苦しみに価値付けすると次の苦しみを許しちゃいます。
正当化はソレを存続させます。

だからよかったらサラリと手放してください。

いくら過去に苦しみの理由があろうと大丈夫ですよ。
理由は理由に過ぎず、単なるリストであり、いくらでも作れちゃいます。
逆に幸せである理由さえ、です。

で、幸せであるための理由なんか要らないのです。

169 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2009/11/09(月) 14:20:57 nLflpWUQ0

画家しゃん。
つまるところ、自分自身の全肯定で、人生は勝手に整うのかな。
肯定っていうのは無理にでも好きになるんじゃなくて、ただそこに居る事を認めるって意味で。

「私は今の私で良い」とやると、本当に救われた感があって、根拠のない安心が沸いてくるのね。
あぁ、ずっと求めていた感覚はここにある、この承認が欲しかったのだ、と。

でも。
愛されていないから愛されたいと叫ぶ私。
失望が怖くて一歩踏み出せない私。
よくないイメージをし、怒りや嫉妬を想起して、不実現の未来を確信したがる私。
一生このままじゃないかという恐怖でおののく私。

正直に本心を言うと、私、今すぐにでも彼女たちにはいなくなって欲しい。
そこにいてもいいよ、ってやると確かにすごくすごく気持ち良い。
でも彼女たちを抱えたままでいいのかとても迷う時がある。
抱えているから結局現実見て、彼女たちの感情を感じてしまう。
彼女たちが重たい。彼女たちと同調するのはもうしんどい。

結局居るのを認められていないのかな。
認めるのが怖い。こんなものを抱えている私は嫌だ。

やっぱり変わりたいよ。
居なくなって欲しい。彼女たちが居なくなって欲しい!
でも彼女たちが居なくなるのはきっと現実が変わった時。
彼女たちをどこかへ手放すことも現実を変えることも私には無理みたい。


193 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2009/11/09(月) 21:24:47 ID:3dUmPv1w0

>>169
>つまるところ、自分自身の全肯定で、人生は勝手に整うのかな。

つまるところ、
全肯定=無防備=幸せへの無条件降伏。


>根拠のない安心が沸いてくるのね。

そこに焦点を置いて(それをあなたの生活の椅子にして)

>彼女たちが重たい。彼女たちと同調するのはもうしんどい。

の思いを放棄してごらん。
また出てくるからそのときは「そんな考え(゚⊿゚)イラネ」ってやってごらん。
面会謝絶にするんだ。

実際、あなたの幸せとその彼女たちの行動には

何 の 関 連 性 も 無 い のです。

でもあなたは彼女たちが気になる。
だから一生懸命にその現実に抵抗してその現実が維持できるようにプッシュしている。
だから暫くの間無視してごらん。

で、現実をみてごらん。
これはあなたの壮大な実験でもあるよ。

上海雑伎団スレ【第七幕】
 
                 Sponsored Link


[2014/04/12 13:53] | Category * 画家式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.