「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/

 クレ式 
-「なる」- 叶うまでの過程を断つ聖剣エクスカリバー

「なる」のルーツは仮面ライダー電王にあり
17 クレシフト「なる」 - 自分に対する設定を変える  [存在ごと身体ごと、望む"私"になる]

32 クレシフト「なる」 応用編 - 判断基準の観念を崩そう [三段論法の大前提を崩す]

34 「なった」「なっていない」と考えるのをやめたら「なる」は解決する

37 現実は内面の投影ならば、望む自分そのものになれば現実もそうなる


おまけ 自己観察さんのクレ式「なる」要点

打ちひしがれても「目の前の現実は関係ない」っていう切り替えができればいい。

意識の比重が「意図する方向」<「目の前の現実」だと「なる」はONにならない。

意図とは、それを邪魔する思考よりも望む方向を見続けるという意識的なもの。

「なりたい自分」に反する自分に気付いたら「あ、ちがった」といって、既になった自分に戻ればいい。

なってたら目の前で嫌なことが起きたとしても 「なった」ことに対しての疑いは起こらない。

思考と同化してると、その思考どおりの現実が見える


望む世界のみ真実。そこに駒を置く。
望む世界以外は無関知。一切無関知。

108質疑応答スレから
01 「自然なあなた」のままでいい。偽装され作られたキャラを演じるな。

02 現実は自分が作ってる。だからいくらでも何度でも変えられる。

03 借金返済の意図 「私は安心して生きる」 ただそう決めるだけ

04 現実に関わりない、どうありたいかということの単純な選択が「意図」

05 完璧メソッドで変えるべきは評価。それこそが認識の変更  [現実不視の誤解・完璧メソッド]

06 思考は何も生まない。だから思うままにさせておけばいい。

07 結局最初からシンプルでよかったということに行き着く  [全ては常にニュートラル]

08 クレシフト「なる」 みんなの体感表現あれこれ

09 「どんな観念があっても受け取ってよい」と許可し、受け取る

10 願望が叶うのかどうかに関係なく、幸せでいると決めてしまおう

11 あなたの世界のルールが、あなたを苦しめている

12 体の不健康な箇所は、自分を愛していない部分の投影

13 因果での縛りを解放することで、望ましい現象化へのルートを広げる  [能力と価値]

14 世の中も引き寄せも、あなたが思うよりあなたにとても優しい

15 あなたが純粋にただ楽しもうとして、楽しい人生が展開しない訳がない

16 こうしたい!という部分にブレがなければ、物理的距離は関係ない

18 理想の自分に「なった」瞬間、現実の設定がその時点で変わる

19 私達は普段から、今の自分になっていると考えることもできるでしょう

20 「願望」って叶うのが「よくあること」になってもいいんじゃないか

21 我々は常に耐えず変容している。故に行ったり来たりは当然に可能  [現象化への期待は無意味]

22 自分が細かい注文を付けなくても、満足のいく結果は向こうから来る

23 観念は「書き換える」のではなく、持つか捨てるかの意識です

24 自分の今の位置を確認することで、スライドしやすくなる場合もある

25 「受け入れる」のは本来あるべき状態です。

26 あなたの仕事は願望を抱くまで。手に入れる作業は別の領域のお仕事。  [願望の手放し]

27 あなたがそれに「なる」限り、間に合う間に合わないは問題になりえません

28 「今ここ」には何もないが、全てがある。そこにおいて死は虚偽。

29 投影論が真実であれば「人の死」自体が実際には存在しない

30 願望がなくとも、私達は私達が幸せと考えるものを得られます

31 最終的に死ぬなら、今生きたが得られる幸せは多くなる  [ボーナスゲーム]

33 関係性を無視するとは、いかなる状況でも願望を持ってよいということ

35 自分自身の認定が変えられれば、他人は変えることができてしかるべき

36 心を大きく持つんだ。「まあいいか」これに勝る精神はそうはない

38 願いが叶うまでのプロセスは不要。プロセスは後からついてくる。  [ティム・バートン]

39 私のイライラ解消法

40 縁を切りたい嫌いな人は、どうにかせずに全面的に受け入れてみよう

41 私は私が成功していると認識していた。これはけっこう秘訣。

42 現実に一喜一憂を続ける限り、現実は永遠に望む方向に変わらない

43 嫌な事を思い出す頻度を下げるだけでいい。自分を助けるのは自分

            

 
  

Sponsored Link

[2013/03/21 14:07] | Category * クレ式

 

 
Copyright © 2021 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.