「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
912:捻くれ者 ◆hiNe.ejEAw2010/06/18(金) 00:46:38ID:8SaiQWx20

こんばんは!捻くれです!
見知り頂いてる方、超お久しでございます。ご新規の方、初めまして。

最近クレ氏のレスをいくつか拝見致しまして、
書こうか書くまいかずっと迷ってましたが、流れを無視して私も投下します。
誰かに向けてのレスというよりも、自分自身への答え合わせみたいな感じです。
必要な部分があったら活用していただければと思います。
例によって長文なんで苦手な方はスルードゾー。

*****

結構前のことなのですが、私にとっての全ての答えは、チケットの序章にあったんです。
(灯台下暗しとはこのことですよw)

「願望はそう簡単に叶うものではない」
まさしくこれが、私自身の『願望』という概念に対する定義でした。

今までこちらで幾度か認識の変化の過程と、その過程で思いついたメソッドを報告させて頂いてきました。
やっぱり7章なんだな、と行きついたのは行きついたのですが、108氏の言う事全てが
理解出来たわけじゃなかったし、どうしても腑に落ちない部分もあったんです。

「快で居る事は大事」と書いた。快であることはデフォルトだとも。

でも快でいてもいなくとも、願いは叶ったり叶わなかったり。
うまくいったりいかなかったりの波は、やっぱり小さいながら私にもあった。

そこをいちいち判断するなと108氏は仰るわけですが、
結局叶う願いなんてないのだろうか、偶然や運命の範疇なんだろうか。

1年間じっくり時間をかけて自分の願望の実現を見てきても、
やはりコントロールに傾注してしまう部分が私の中にありました。
というより、ずっとずっと、謎を解き明かしたい、という気持ちが私の中にありました。
「引き寄せ」という考え方そのものに対する疑問です。

そしてある日、チケット序章を思い出して「おや?」と思った。(※以下、あくまでも私の場合です)

メソッドをすること・引き寄せの法則を知って活用しようとすること…
これらの行動は全て「願望とはもともと実現困難だ」という概念に支えられていたんじゃないか?
だから私は今まであらゆる方法で『叶える方法』を追い求め、生きがいを感じていたのでは?

叶わない・引き寄せなど出来ない、というレスに対して、「いや!叶うんだよ」と無性に
反論したくなる気持ちがあったのも、現実はコントロールできませんという108氏の言い回しに
かつて憤ったのも、全てこの概念が、変更不可能なものとして私自身を突き動かしていたからでは・・・?

「 願 望 と は も と も と 実 現 困 難 ・ 不 可 能 な も の だ 」

この、私自身がいつ信念としたか分からないくらいに巧妙に隠された
このスレにいる方たちほとんどが、当たり前だと思えるような概念によって
私は努力を強いられてきたのだと気付きました。

913:捻くれ者 ◆hiNe.ejEAw2010/06/18(金) 00:48:30ID:8SaiQWx20

そしてチケット1章の冒頭部分と、
108氏がいつも言ってる「充足に包まれている」という言い回し・既にある、がハッキリ繋がった。

そうだ、水を飲む事、寝る事、テレビを見る事…自分の特定の欲求を充たすという願望実現に他ならない。
だが私はそれを「願望」と認識していなかった。

そんな誰でも出来る簡単な事は願望とは呼べない!願望実現の例だと認めない!
(つまり「私にとっての『願望』とは、簡単に実現しないものだということですね)

でも願望に種類が無いとしたら、際限が無いのだとしたら。(ここはクレ氏も仰ってます)
特に意識しなくても、私は特定の欲求を満たしている。実現している。

もしかして、願望とはもともと叶うように出来ているのじゃないか?!
なら、何のためにメソッドをしているんだ?!
うまくいく方法とダメな方法を見分けろ?!
瞑想すれば?!快にならなければ?!ハァ?!

そんなこんなで、今までの108氏のコメントが(これまたクレ氏と同様に)同じに見えてしまったのです。

「願いとはそもそも実現するものだ」
私には、彼がたったこの一言の視点からずっと物事を見ていただけだと感じられた。


上り下りの波の中、潜在意識、瞑想、バシャール、エイブラハム…
あらゆる事をして「願いを叶えよう」とやってきた過去。
チケットを一番最初に手に取った時で「これを使えば不可能が可能になる」、そんな心境だった。

上り調子の時は、つかの間の幸福や安堵感に身をまかせつつ、失う恐怖にさいなまれる。
でもそのたびに「大丈夫!実現方法があるんだから!無くしてもまた手に入れられるよ!」
そう自分を励まして生きてきた。

しかし願ったことは手に入ったり入らなかったりで、私はますます
「願いとは叶わないものだ。でも実現方法をがんばれば、叶う確率が上がる」
そんな信念を補強していっていただけなのでした。

で、これに気付いた後は早かったです。
願望と実現がまさに一体だから、待ち望むというのがそもそもおかしい。
7章にあること今、そのまんまを体験し続けています。

沢山揃えてあった実現方法を書いた本は、全部古本屋にいきましたw
そのままの意味で、何も必要ないのでした。メソッドをすることすら、本当に。

「叶わない、引き寄せなんてそもそも無理」こんなレスに、ずっと昔は反論したくなっていたけど
(まさしく私の【願望】に対する信念をずばり言い当てられて、その信念を否定しようと
していたからでしょう)今はまるで他人事のように感じられる。

方法を一生懸命考えているレスも、まるで遥か昔に起きた出来事のように見えてしまいます。

最近の流れを少し拝見したところ、かなり気付いておられる方多そうなんで、
もう分かってるんだYOって方はそのまま自由でいてください。

でも実現への渇望や、義務感に疲れ切った貴方は、そろそろメソッド探しや、
自分に適用出来ているかどうか、それそのものを疑ってみるのもいいかもしれない。
その行動の動機がどこから出ているのか、もし私と同じく「願いは叶わないものだ」
というものから出ているならば、その信念そのものを疑ってみるのもいいかもしれない。

長文失礼しますた。

上海雑伎団スレ【第二十六幕】
 
                 Sponsored Link


[2011/08/26 00:50] | Category * 捻くれ式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.