「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
134 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/13(土) 04:25:38 4mQbsq0s0

思い切って画家さんに質問攻めしたいと思います。
絵がうまくなりたいんですが、なかなか上達しません。
108氏の言葉を借りると、うまい絵や素敵な絵を観たら、
それは自分の中にもある。ということですよね。

でも実際に自分の画力は?→NO∑('A`)!まんま変わらずですっ!
今すぐ思い通りの絵を描きたいんですが、これも容姿の引き寄せと同じ感じで、
じょじょに変わってゆくものなのでしょうか?

「既にある」の先に出会いや転職みたいな現象が起こるのではなく、
紙の上で己の技術に関わる問題でも引き寄せって可能なのでしょうか?
お時間のあるときにお願いします。
歌や楽器のお稽古などで伸び悩んでいる人の救いにもなると思います。


138 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/13(土) 09:53:59 ID:9HeHyl4g0

>>134
おはようございます。

>108氏の言葉を借りると、うまい絵や素敵な絵を観たら、
>それは自分の中にもある。ということですよね。

そうですそうです。
私は昔、ある人がある人の才能に嫉妬している、この嫉妬をどうにかしたい、という質問に対し、
私ならその才能者に感謝します、と書いたことがありました。
それは私を見せてくれているからです。


映画『アマデウス』でモーツアルトに嫉妬したサリエリ、
『利休』では千利休に嫉妬した秀吉。
もはや言辞は不必要。

彼らが嫉妬できたのはソレを「持っているから」です。
ただ自分のものではない、と錯覚したため対象者に嫉妬したわけです。
対象者(モーツアルト、利休)が持っているひかりを彼らは見ることが出来たのです。
そのひかりは間違いなく彼らの創造です。

さてどうやったら上手くなるか、ですが、
上手くなろうと考えるな、上手いと知れ、で片付けたいのですが(笑)、
ちょっと現実的に考えてみましょう。

それらは既にありますが、私たちは「練習」「経験」といったものを使って
納得するプロセスを受容しています。
ですから腕に出るまでやや時間がかかる。
ポイントはこれらを如何に<楽しむか>にあります。

仮に「練習」「経験」さえ条件付けと呼ぶのなら、
最低限の条件付けを受容する場合、それがスムースに展開するコツは楽しむことです。
何かを掴むために我慢して何かをやる、といった態度ではなかなか展開しないのです。
もっと言えば「練習」「経験」を条件下しなければいい。
それをやることが目的になってしまうことです。

楽しいから、やる。
これで手段と目的が同じになる。

練習や経験に楽しさを見出すこと、これが意図的創造になります。

興味を持って楽しんで取り組んでゆくと、上手くなろうなどとは考えなくなる。
ただ上手い自分を見出せます。

「ただ楽しめばそれでいい?笑止。下手の横好きもいるじゃねえか」

いや、ただ楽しめばいいんです。
制限的な言い方をすれば、楽しくなくちゃダメです。
上手くなろうとせずに、ただそれを楽しんでください。
上手くなるなど二次的なもの。楽しむことそれが全てです。

最近私が通信で指導している方は量子的飛躍をしました。
彼はただひたすら、楽しんでやっています。
それが短期間に変貌を遂げた唯一の理由です。
(まあ私の指導も上手いわけですがねw(;´∀`))

139 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/13(土) 10:07:59 ID:9HeHyl4g0

>>134
補足です。
あと絵に限らず、歌とか小説とか自然とか、
絵以外の全てを対象にして美を見出してみるといいです。
必ずそれは絵に還元されます。

例えば「この歌手のこの部分がしびれるんだよねぇ。。。」とか、
「このフレーズすごいよなぁ・・・」とか。

一見無関係なそのしびれる美が指し示す、
ある非空間的エリア?が絵に還ってきます。
言葉では表現しずらいんですが・・・

私もよく音楽を聴いてて「この曲のこれ、これを作品に反映させよう!」とか意図します。
曲は物質化したものですが、それが物質化する以前の非空間的エリア
(自分が感知した非物理的な場所)を見ます。そこに創造の源泉がある。


面白いですよ、やってみてください。
世界が広がります。

136 名前: 134 投稿日: 2010/03/13(土) 05:14:47 4mQbsq0s0

信頼さんレスありがとうございます。>>135
確かに最終的に欲しいのは「心を動かす」こと。
全くもって信頼さんのコメントの通りの選択に行き着きました。

その先です。今回のことでぶち当たりました。
裏付けされた技術です。味や個性の支えになるものです。

歌で言えば「声」が信頼さんがいってくれた味や個性にあたりますよね?
(ハスキーボイスや透明感ある声などの)持ち味をより引き出すのが
歌唱力とかテンポの良さとかいったようにです。


140 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/13(土) 10:27:31 ID:9HeHyl4g0

>>136
一気に書くか。

>裏付けされた技術です。

技術はフォームです。
身体とこころのあり方です。
フォームも同じ、ある程度の時間を許容してください。
絵なら絵筆と身体とこころを何度も対話させます。
その対話(感覚、手ごたえ)に興味を持ち、レッスンを進めます。

するとあるフォームが見出せてくる。
フォームには必ずある種の心地よさが伴います。
ですから感覚に耳を傾け、心地よさが指し示す方向へ進んでゆくことが大切です。

それが指針です。

あなたがそのフォームを取ると、作品の深み、説得性、存在性が際立つ。
そのフォームや作品が、周囲の空気を一変するくらいの純度まで引き上げてみてください。
楽しいですよ。

143 :もぎりの名無しさん:2010/03/13(土) 11:53:46 ID:XcCbX5EEO

>>136
自分も昔絵かきでなんかを目指してた経歴ありなので一応…
画家さんも描いてる重要項目「楽しむ」とほぼ同じよーなもんなんだけど…w
テクニックに振り回され始めると、うまくいくもんもうまくいかなくなるような気がするんよね。
この板での「どうやったら~」質問とかとも通じるところで…

テクニックに振り回されるとうまくいかなくなるのは、
そんな自分を見て「自分が好きだ」と言えないから。

楽しむも大事なんだけど「こんな私が好きである(こんな私でもOK)」を絵描きを通して
いかに無条件に近いくらいに集められるかなんじゃなかろうかと。
自分が絵描きを趣味に留めた理由もそこにあったんよね。

いつまで経ってもうまくなれなかったし
どんなに自信を漲らせても満足に認めて貰えなかったし、
自分の望むように認めてもらえる見込みが見えなかった。
のたうちまわるほどのスランプから抜けてふっと湧き出たのが
「自分は絵描きが好きではなかった」

正確に言えば、うまく描けた自分は好きになるし認めるが、
それ以外の自分に憎しみや嫌悪感しか抱く気はなかった。
絵描きが好きだったわけじゃなくて、絵描きで賛美され成功する自分という
野望に叶った自分だけを好きになろうとしてた。

自分の満足いかない絵はおいといて、絵が思うように描けない自分を

「それでも好きだよ」そこまでいかなくても
「それでもいいよ」とどれだけ言えるようになるかで、
伸び方も変わってくると思うんだ。

もし当て嵌まってるけどそうすることに抵抗があるという場合は
「絵が思うように描けない、そんな自分が好きになれない」
この部分を「それでもいいよ」とするところから始めてみるのがやりやすいと思う。

「好きこそものの上手なれ」
はそういう意味でもやっぱ大事だよね。
いっぱい自分を愛して認めてやるのは気持ちいいよ。

気持ちよくいるということは当然絵だって、どんな時でもオートで楽しんで描ける。
後は画家さんのアドバイスに自然に続いていく、とゆーわけですわ。

145 :もぎりの名無しさん:2010/03/13(土) 12:09:12 ID:kxsYV.lU0

>>143 
激しく同意であります。( ゚д゚)ビンゴー
私ピアノの場合ほんとそんな感じだった!
そうだなぁ~そういうことだったなぁ~ってすごく頷いたよ~ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
改めて認識することができた。
ありがとう。アリガトチャ━━━━( ´∀`)━━━━ン!!!!

154 :もぎりの名無しさん:2010/03/13(土) 13:41:20 ID:XcCbX5EEO

>>145
ありが㌧
んでさ、最近は気が向いたらしか絵は描かないんだけど、
逆に不思議な事に必死こいて絵で天下とる野望wwに燃えてた時代と、
そんなに腕が変わらなく見えるのよ…皮肉な事にw

その衝撃に初遭遇した時は
「過去の特訓の意味はなんだったんだー!」と思ってたんだけどそんなことじゃなかったんよね。
単に、昔より増えた自分の中の認める部分が練習量を補填してたんだとw

それでもね「絵かきが心底好きではなかった」に行き着いた時は
もう大変だったよw全てを失った気になって愕然としたし。

誇れる趣味も特技もない自分はやっぱり、
誰の目にとまることない世の歯車で虚しく終わるしかないのかと死にたくなったw
実際自暴自棄になってトンデモな寄り道もしちまって、更に自分が嫌になる経験もくぐってきたし。

今もすっぱり真のスランプ(絵かき的な面ではなくて)から
抜けた!っちゅーわけでもない、厳密には自分オケ集めの道半ば段階なんですわw

こんなことが出来て認められてます!
と現実的に誰の目から見ても、明らかなすごいものを見せつけられる人でなければ
生きてる価値なんかない!とか考えてたんだな…
少なくとも世間はそうじゃないとしても、自分はそうなれないなら死人同然だと思ってた。

今は、その自分オケを増やしてまだなお楽しめる何かってどこから見つかるかな?と探険最中。
また絵に辿り着けたら嬉しいけどそうでなくてもいいやと…

242 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/14(日) 00:26:44 FhBaODfU0
 
>>154
すげー解るぜ。
俺も全く同じ理由で描けなくなった。
それは今も解決出来てない。
大方ここで躓くよね。

画家さんが言ってる「ただ楽しめばいい」
理屈では解ってるけど、それをエゴが邪魔すんだよね。

全ての願望の根本にあるのは存在価値。
自分の存在価値を確認したい。
不完全性を埋めて完全性を自覚したい。
その為に現象を求める。
これがエゴから来る欲望なんだろう。

神・源・静寂・無限・宇宙・内なる存在・別の領域・・・。
名前は何でもいいけど、本当の自分はそういう存在なんだろうと認識している。
けど実感が伴わないから、現象に存在価値を求めて、
常に根底に巣食っている空虚感・喪失感・分離感みたいな痛みを、必死で埋めようとしてる。
けどやっぱり現象じゃ埋まらない。埋まる筈が無い。だって自分は神だから。

元々完全である自分が、一時的な形に存在価値を求めても、埋まる筈無いんだよな。
と・・・。ここまで解っているのに、渇きは癒えない。

たった今、画家さんが説明していることが、
永続的な充足感を得る唯一にして絶対の方法だと思う。
「思考を停止して、大いなる存在と繋がれば、無限の喜びが湧いて来る」
エックハルトもそんなようなことを言っている。

しかし、これが感覚的に掴めない!!
つーことで、画家さん。ここら辺のこと、詳しく説明して下さい。


245 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/14(日) 00:36:13 ID:9HeHyl4g0

>>242
「思考を停止して、大いなる存在と繋がれば、無限の喜びが湧いて来る」

この言葉がそもそも誤謬なんですわ。
思考を停止して→大いなる存在に繋がれば→無限の喜びが湧いてくる
どんだけ条件付けてんだって話ですw

今私が解っていることをはっきりいいます。
大いなる存在と繋がる為の一切の行為は無駄です。
逆です。行為をやめるんです。


で、ここで引っかかる。

「え?行為をやめるって頭ではわかるんだがさ、どうやんのよ?」

とまたここで行為を探そうとする(笑)

私が今申し上げている「明け渡し」は最低限の条件(行為)です。
しかしそれは行為にはなりません。
明け渡すこと自体、行為を「放棄」することだからです。

そもそも瞑想ってあるじゃないですか。
これ、一言で言うと「行為の放棄」です。
何かやってるんだ、これで何かを得るんだ、なんて瞑想は瞑想になりません。
ただ、デフォルトにある「無条件の安心」を感じることだけです。
抵抗を止(や)めたとき、それが「ある」ことが解る。

ですから安心して目を瞑り、安心して自分を明け渡してください。
それ以上、こちらから何もやらないんです。
するとあちらからドアを開いてくれますから。
こんなん、難しくともなんともありませんし、私は人間(存在)の本能だとさえ感じます。
誰でも出来るし、あくびと同じくらいのものです。

上海雑伎団スレ【第十五幕】
 
                 Sponsored Link


[2016/07/14 01:51] | Category * 画家式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.