「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
488 名前: 55 ◆52uE3j0pa6 投稿日: 2010/03/15(月) 16:15:47 o9z6Jxt.0

「明け渡し」がピンとこない場合には(まぁ、ピンとこなくても無問題なんだけど)、
「差し出す」という感覚を想起してみればどうだろう?

そもそも「明け渡し」というのは、
自分の身も心も全てを神仏にお任せして差し出すというね、
古くからバクティや帰依と呼ばれるものと本質は同じなんですよ。

要するにね、自分でどうこうしようとするのを放棄しちゃうの。
一切合財の「DO」をやめるんです。すると勝手に「BE」になるから。

「BE」は神や仏やサムシング・グレートやら何やらと直結した在り方だから、
後のことはお任せして大安心なわけ。

が、されど、ここで、この大安心を求めて「明け渡し」をしようとすれば、
それは明け渡していないってことだから。

明け渡した暁には、安心と静寂があるかもしれない(いや、あるんだけどw)。
けれども、それを予め求めるのは、「明け渡し」ではない。
自分がどうなるのかを自分で決めないのが「明け渡し」。
何かを求めて取り組むことから真っ向から離反していくのが、「明け渡し」です。


489 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/15(月) 16:34:26 ID:9HeHyl4g0

55氏ホロートントン。
明け渡し、って明け渡さなければならない!みたいなニュアンスじゃなくて、
時折、自分の全部を明け渡す時間を作るといいよ、ってな提案です。

するとあの「何か大いなるものに任せきった気楽さ」がわかってくる。
背負うよりそのほうが楽で居られるって感じがわかるとそれが自然にデフォになる。

おお、自分で全部やるこたぁねえんだ、と感じると、肩の荷が下りる。
義務から解放されるとやりたいことだけを安心してやれる。

私たちはその習い性として義務を背負わないと安心できないバージョンに慣れ親しんでいる。
寝覚めの落ち込みはそれを示している場合があるかも知れない。
これでいいのかよ、ってw

その「背負わなければ安心できない」マインドを徐々に解放させているだけです。


だからまた背負ってもいいんですよ。
明け渡した状態じゃないとダメだ!ではないんです。
無理するとそれが新たな条件付けになっちゃう。
けどたまに明け渡しをやってればだんだん気分が軽くなる。

497 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/15(月) 16:56:09 ID:9HeHyl4g0

私たちの気分が落ち込む構造はその落ち込みが「もっともなこと」による現象ではなく、
そうではないことが本来の状態、だからその違和として落ち込みを体験しているのです。
その落ち込みとは「限定、制限」を真に受けたときに来る。
次回落ち込んだとき、自分が何を信じているか、観察するとよく解ります。

必ず何かを制限している。
制限を真に受けている。

自分は被害者で、ダメで、この先状況は一向に変わらないのだ、とご丁寧に思い込んでいる。

その落ち込みは「限定、制限」という概念そのものが本来のフォームとは違うから、それが来る。
その概念が、ある大きな力に対する「抵抗」として働いている。


私たちは何かやらなければ何かを実現できないと頑なに考えている。
それが当たり前だと。
働かざるもの、食うべからず。
行為こそ、全てだ、と。
因果律を金科玉条に掲げている。
それがお互い様なのです。

しかし、実はどうもそうではなさそうだ、全く真逆だよ、ってのがLOA、108式、その他、
ある場所からの情報として示されてきたものです。

だから逆に力を抜こう、リラックスしよう、気分良くいよう、というのは
意図を活性する働きは別の領域ある、それを遺憾なく起動させるために、
出来るだけ抵抗を外そう、といった発想です。


なにもやることはない、逆になにかやることが
願望の動きを邪魔しているのだ。

ある情報では「幸せに屈服すること」を薦めます。
またある情報では「いま、ここで、やることを一切やめることだ」と。

私たちの概念と逆さまな世界が実はそうだったのだ、と。


「なんだ、最初から安心しかねえのかよ!」
「だったらここで安心してていいんだ」

そんな認識になる。
またそれを疑うような<錯覚>が来てもいいのです。
体験が認識を深めてゆく。
だから何が来ようが気にすることはない。
落ち込もうが泣こうがなんら気にすることはない。

503 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/15(月) 17:26:58 ID:9HeHyl4g0

我々は不都合な現状が変わらないとき、それを変えようと一生懸命にプッシュする。
動機は明らか。それが嫌だからだ。

行動もマインドもそれに総動員される。
その中にはメソッドさえ含まれる。

そのアクション全部「嫌だ」に支えられている。
結果、嫌だを具現化する。

「そりゃ当たり前だろ!誰でも嫌なものは嫌だ」

そう、当たり前である。
そしてあなたはその当たり前によって当たり前に嫌な現実を見る。

「だったらどうしろと・・」
「諦めろとでもいうのか・・」

いや、全く違う。

その「不都合な現状」そのものを疑ってみることだ。
これはほんとに不都合な現状なのかと。

「不都合だよ!仕事も見つからないし、金もないし、何もない!」

もしそれらが全て嘘だったら?どう感じる?

「現実としてあることを嘘だと考えろ?だと?」

そうだ。
今だけでいい、嘘だとしたら、どう感じ、何をやろうとするか?

「ああ、架空の話だな。それなら・・・」

どう感じる?

「安心するね」

何をやりたい?

「途端に腹が減ってることに気が付いた、何か食べたいかな」

では安心して、何か食べなさい。
食べたら次にやりたいことをしなさい。
それが抵抗を外すことになるから。

「え?何の抵抗だよ」

あなたの夢への抵抗だよ。
現状の否定は否定的現状を生む。
その否定とは単なるあなたの思い込みに過ぎないのに、
それを「これが現実だ!」とか絶対的権威を与えたあなたの認識、
それが抵抗さ。

「夢への抵抗?俺は夢を叶えたいから苦しんでいるんだよ?」

そう。叶えたいから。
叶えたいから苦しみが来る。
何故か解るか?

「何故だ?」

あるものを、ない、と認識しているからだよ。

「あるもの?」

うん、あるものだ。
あるものを、ないないと言い続けている。
その望みは既に叶っており、もうじき現実の世界に展開されるものだとしたら、どう思う?

「そりゃ気分いいが、来なかったら相当落ち込みが激しいだろう」

それが恐いから抵抗を外せないのだ、違うか?

「恐いね」

その恐れを外してみないか?

「どうやって?」

もしこのまま何も叶わなかったらどうだろう?と思考したときに起こる感情を見てごらん。
その感情を見る大胆さが必要だ。

505 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/15(月) 17:37:50 KBD626.A0

>もしこのまま何も叶わなかったらどうだろう?と思考したときに起こる感情を見てごらん。

ぜ…絶望しかないのだがorz

507 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/15(月) 18:06:21 vjhgHy0A0

>>497
画伯は落ち込むことが無いんですか~?


513 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/15(月) 18:45:21 ID:9HeHyl4g0

>>505
絶望などする必要はありませんが、もし絶望感が抵抗になってるのならそれをリリースするのも手です。
一旦、絶望感に対峙すると「絶望の価値」がぐんと下がる。
アフォらしくさえ思えてくる。

>>507
ありますよ。
向き合えばなんてことありません。

570 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/16(火) 00:54:36 RRGIuJEs0

>>503 画家さん
今日正にほどんど叶ってたのに、叶わなかったということが起こりました。
自分自身でも驚くほど実はショックだったらしく、心拍数は上がるは、胃はぎゅっと押されたようになるわ、
手は腕からしびれて震えるわなどすごい身体の症状が出てきました。
これを感じつくことに相当長い時間かかりましたが、今は大分おさまりました。
でも、ものすごい脱力感。あと虚無感も。

よっぽど自分自身が物事をうまくいかせたくないのかなぁ。
なんかもう死んでもいいか~と思えてきます。
そう思うとなんだかほっとする自分がいたり、あんなにうるさかったエゴの声もおとなしくなったり。
刃物を手首や首にあてると安心する自分がいたり。

私の願望って、実は死ぬことやったんかなぁ。
死のうという願望のために生まれてくる人っているのかなぁ。
いや、死んだら自由や開放感が得られる、ほっとできるとなぜか思ってるんだよなぁ。
これってなんなんでしょう。よく分からなくなってきました。疲れました。


650 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/16(火) 13:42:45 ID:9HeHyl4g0

>>570
>死のうという願望のために生まれてくる人っているのかなぁ。

いません。
自分と願望を逆転させないようにね。
願望は自分に添える花です。
叶わなくたってあなたが損なわれるわけではないんです。

>いや、死んだら自由や開放感が得られる、ほっとできるとなぜか思ってるんだよなぁ。
>これってなんなんでしょう。

いみじくも死を想起するとき、明け渡しが行われているからですよ。
でも死ぬことはありません。
そのまま目を瞑って今までの思い、過去の出来事、それらで作られている自分と言うイメージ、
重荷、未来の不安、あなたの気を重くさせる一切を明け渡してみて。

少しの時間でいいから明け渡すとほっとする自分に気づく。
何故ほっとするか、それはあなたの気を重くさせていることが実際には存在していないからです。


気が重くなったらその都度何かに明け渡してみる。
セドナでもいい、リリースする。背負い込むことはないよ。

自分を追い詰めないように、ね。

718 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/16(火) 23:21:33 IQ6nMRe20

画家さん、ねえ不安になっても心配になっても恐怖に陥ってもかまわないけど、
どうせなら不安を支えずに安心を支えたら、ってこと?
探しまわらずに見つけたら?ってこと?
現状は無視しとけってことでいいの?


734 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/17(水) 00:16:37 ID:9HeHyl4g0

>>718
うん。
ぶっちゃけ言うと、安心を選択すればいい。
と言うか、安心を選択していい。
と言うか、本来安心しかない。

現状を無視しろとは言わない。
どんな現状であっても安心すればいい。


735 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/17(水) 00:24:26 vjhgHy0A0

>>734
どんなことがあっても「安心」なの?画伯


738 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/17(水) 00:37:03 ID:9HeHyl4g0

>>735
うん、安心だよ。
落ち込んでも恐れても不安になっても、デフォルトの安心を感じている。
つーかあなたは何故そんな質問をしているのか。

「何故私はそんな質問をしているのだろう?」
「私はその質問をして何を得ようとしているのだろう?」

に答えがあるさ。
ここいらであなたの猜疑心をえぐる時だ。

739 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/17(水) 00:38:23 Q9iQlgKE0

>どんな現状であっても安心すればいい

余命1ヶ月の末期ガン宣告
強盗にピストル(外国でw)ORナイフで撃たれる刺される寸前
結婚式当日のドタキャン
恋人が目前でトラックにひかれる

安心でき・・・・・。


740 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/17(水) 00:52:10 ID:9HeHyl4g0

>>739
ご丁寧に最悪だと思われるシミュレーションをしていちいち不(ry

つかそのシチュエーションでセドナでもしてみる?(爆)

741 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/17(水) 00:53:00 vjhgHy0A0

>>738
画伯よ、㌧クス。
「絶対的な安心」を欲していると思う。自分が。
で、安心できないでいる自分はどうやったら安心できるのかを考えてるor感じてる。
「安心ではいられない」状況にいるからだと思う。


744 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/17(水) 01:07:26 ID:9HeHyl4g0

>>741
現状(目に見える現実)に自分を左右する権限を与えたままでは
誰だって安心と不安の相対的な関係を持ってしまうよね。
まるでシーソーゲーム、振り子と同じ。

そこで、です。

現状とは「無関係な」安心って何だろう?
「無条件な」安心って何だろう?


と言う問いが立つ。

ここは一発、現状とは無関係な、全く無条件な安心を見てみよう。
瞑想とか、明け渡しとか、いろいろ話題になってるその内面の穏やかさを見てみよう。
外は嵐が吹き荒れて、今は何も見えなくて、もう二度と笑顔にはなれそうもないけど~(カスラック御免)、
それとは全く無関係にある内面の穏やかさを感じてみる。
多分そこにあなたが求めている絶対的安心がある。

否、それ以外の安心、つまり外界に作用された安心は常に揺れ動くよ。
「~が見えたから安心」「~になったから安心」ってね。
ひとえに風の前の塵に同じ。

>「安心ではいられない」状況にいるからだと思う。

そこで敢えて大胆に安心してみる。
それは外界を偽る形での安心ではなく、そこにある安心を見てみる。
見てみて。今。

目を瞑って息を楽にして自分の内側に沈み込んでみる。
今抱えている問題や課題を何かに預けてみる。
もっと言うと自分の全てを、過去未来を思っているそれを明け渡してみる。

一発では解らないかもしれないがそれでもかまわないんだ。
単なる習慣だよ。
我々が外界に支配されていることを受け入れている習慣を逆転しているだけの話だ。

746 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/17(水) 01:19:29 ID:9HeHyl4g0

>>741
今抱えている問題を1秒でも何かに明け渡してみる。
するとね、自分と問題との間に隙間が出来る。

隙間。スキマ、ね。

それを感じてみてくれないかい?
その隙間にひかりが差すよ。
あら?って感じる。
その隙間に安心はある。
徐々にその隙間は広がってゆく。
是非体験して欲しい。

何かあったらその隙間を感じてみるといい。
何時だって落ち着いていられるようになる。
それがデフォルトの安心なのさ。


モノは試し。お題は見てのお帰りだ!

上海雑伎団スレ【第十五幕】
 
                 Sponsored Link


[2016/08/20 00:27] | Category * 画家式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.