「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
735 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/04/06(火) 01:39:38 p1VgDwI60

小さい頃はワクワクすることがたくさんあったんですが、
最近は減ってしましました。というか、その感覚が分かりにくくなりました。

好きな事はあるのでそれを見たり感じたりするとなぜか鳥肌が立ったりします。
鳥肌も、気分が心地よければそれを感じていけば良いんですよね?(・ω・)
そうすれば昔のようにワクワクがもっと大きくなりますでしょうか?


738 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/06(火) 01:50:48 ID:RPnMMGvg0

>>735
>そうすれば昔のようにワクワクがもっと大きくなりますでしょうか?

なりますなります。
感情って大幅ジャンプしにくいんです。
エイブラハムの感情のスケールみたいに一段ずつ上がってゆきます。

実はね、私もずっとワクワク感が無かった頃がありました。
何も情熱を感じない。
感情に制限を設けてたんですね。
でも徐々に、極めて徐々に、感情を感じるようにしました。
で、ワクワクが戻ってきましたよ。
大丈夫☆

783 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/04/06(火) 19:00:39 EfLI44U20

最近、引き寄せて気にうまくいっている人や悟った人たちに対して
嫉妬を通り越して憎しみさえ覚えるようになってきてしまった
スピ系の本を読むとイライラする
昔は安心して読んでるときだけは心の平穏を得られたのに


791 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/06(火) 21:13:16 ID:RPnMMGvg0

>>783
あなたのレスを読んでると何か来たので貼らして下さいね。
あなたの答えにはならないと思いますし、方向もずれている感じがしますが。

-----------------------------------

スピ系の人が言うことが自分には出来ないと不快になるのはつまらないことだ。
そんな風にして自分を責めるといよいよ不愉快になる。

自分を責めるのはやめろとよく言われる。
根源的な責めは
「私はこのままではだめだ」
と言う観念だ。
「私は何かしなければならない」
「この状況を打開しなければならない」
これが根源的な罪悪感だ。

この罪悪感を支える感情が「不快感」だ。
不快感からこのままを否定し、何かしなければならないと思い込む。

だが逆だ。
何かしてきたから、それがあるのだ。
何かするから、ソースとの遮断があるのだ。

不快感とは「あなたがあなたらしくない考えを<している>」と教えているに過ぎないのだ。

あながた心地よく感じるときはいつも自分の本性に順じている。
あなたが心地よくないときはいつも自分の本性に逆らっている。
自分を責めることが如何に実しやかに見えても、
それが苦痛なのは自分の本性とは違うからだ。


責めをやめろと言われると、責めがやめられない自分を責めるときがある。
その方向にはパラドクスがある。
もしあなたが苦しいとき、これではだめだと思うとき、
そんなときは安心して苦しみなさい。
それが出来ない自分を安心して責めなさい。
そして不快は嫌だ、と感じるなら安心して嫌がりなさい。

そうすれば人から言われたことを真に受けて自分を責めるのをやめられる。
わかった風な人からああしろこうしろと言われても、それが不快なら快く放棄することだ。

そのようにして、そのままでいいことを選択すれば責めは徐々に無くなる。
そのままの自分を尊重し、そのままの価値を受け入れることが出来るようになる。

それは快さが教えてくれる。
自分はそのままでいいのだと認識しそれに感謝すれば、ソースとの繋がりが恢復し始める。

そのときあなたはかすかな喜びを感じ、こころからほっとする。

あなたは気持ちよくなってもいいのだ。
何かをしなければ心地よくなってはならないという考えは誤謬だ。
それは掛け値なしのものだ。
プライスレスで無条件なものだ。

条件を受け入れて心地よくなったってかまわない。
しかしそれは条件が齎してくれたものだとは思わないことだ。
条件は装置にしか過ぎない。
装置はいらないのだ。

スピ系の人が言う話を聞いて「私には出来ない」と落ち込むよりも、
なんて馬鹿なことをやっているのだ、もっと現実を見ろ、と揶揄する方が
よほどソースとマッチすることもある。

自分に正直であれば、いつでもあなたでいられる。
自分に正直であるとき、あなたは自分と一枚になる。
そのとき快さがある。

快くあることだけが答えだと解るよ。

827 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/04/06(火) 23:42:08 F9u5yOHw0

以前、画家さんが推薦してたんでオレも今「アカギ」読んでるとこ。
マージャン分かんねけど面白い。

「アンタはただ助かりたがってる」
「死ねば助かるのに」
って、名言だよね。

オレは仕事中とか不安になった時、この言葉思い返して気分の揺れを抑えてる。


831 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/06(火) 23:51:57 ID:RPnMMGvg0

>>827
名言だよね。
アカギはエゴを見切っています。
八木がブラフリーチかまして不発に終わったときの言葉、

「人をはめることばかり考えてきた人間の発想。痩せた考え・・・・・・」
これもいいw

アカギ名言集
http://www12.plala.or.jp/m_seikatu/top/room/akagi/meigen2.htm

826 名前: 信頼 投稿日: 2010/04/06(火) 23:41:48 wamaoOOI0

麻雀漫画と言えば、あんた背中がすすけてるぜしか思い浮かばないw

846 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/04/07(水) 00:32:29 XcCbX5EEO

主人公竜が言葉数少ないからアカギほど名言はないけど、
そこがまた「考えるな感じろ」の世界を醸し出してるようでよいんだな。
自分は麻雀漫画では最押し。


850 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/07(水) 00:47:41 ID:RPnMMGvg0

桜井さんの言葉で印象的だったのは
「考えるって不誠実じゃねえかと思う」
ですね。

私は「考えを捨てよ系」のアプローチに疑問を抱いています。
たまに捨てますが(爆)、それはデフラグとして、休息として。
思考をツールだと考えると捨てる必要はない。
しかし使いすぎて疲れさせると錆びちまうw

858 名前: NASA局長 投稿日: 2010/04/07(水) 01:43:39 6qaLjB1YO

>>850
>画家さん
たしかに「考える」てのは何かワナがあるかもしれませんな。
やはり、直感といいましょうか、インスピレーションと、
インスピレーションにおける感情について敏感でいることが大切のような気がしますわ。

例えば画家さんのような芸術家ですと、絵を描く時のインスピレーションて大切だと思うんです。
初動といいましょうか、私は絵のことはからっきしわからないので、例えば音楽で言いますと、
録音する時、たいてい一発目のやつが一番いいんですわ。

演奏が粗くても、パッションといいましょうか、
エネルギーは一発目が最高な場合が多いですわ。
何回も録音し直したり、絵だったら何回も描き直したりするような時って、
たいてい思考が入ってきてますね。


860 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/07(水) 01:46:51 ID:RPnMMGvg0

>>858
実に面白いことは、思考を駆使して構想を練り、設計しますが、
最終的にどこかで思考を超えないと、何かは生まれないんです。
思考には限界があり、それだけでは到れない場所がある。
しかし思考はツールとして非常に有用。

ツールとして認識するとき、思考からの自由がある。
観念もツールですし、感情さえツールです。
いや、自分さえツールなのかもしれません。


誰の?

私のです(爆)

885: もぎりの名無しさん :2010/04/07(水) 03:31:08 ID:o7t2zIfE0

画家さんいますか?
愛を送るたび、「これやれば叶う」とか
「結ばれたらいいなぁ」って下心が未だに出て困ってます。

「一人ぼっち・彼氏がいない自分」ってのが大嫌いで怖かった時は
とにかく焦りで何も見えなくて、心身ボロボロに…。
悪魔に魂売ってでも復縁したかったです。怖いですね。

でもどん底の中、自分という人間が多くの支えを得てここに生きている事を知り、
人の温かさに触れて、忘れていた感謝を思い出しました。
振られた直後は、自暴自棄で何もかも自信を失っていましたが、
私の事を綺麗だと言ってくれる異性、好きだと想いを伝えてくれる異性とも
何人か出会い、自信を取り戻していく事も出来ました。

前の彼と過ごしていた時、人生の何もかもがバラ色だったから、
別れたあとの世界は灰色の死の世界と同じだった。
今は、灰色は灰色だけど、自分なりに楽しみも見つけています。

だけど本音を言えば、そろそろ恋人が欲しいとも思うし、
なのにやっぱり誰にもときめく事が無いんです。
告白されると、たしかに顔もカッコいいし、性格もいいし…でも…となってしまう。

心がいつまでたっても、元彼大好きのままで動かないのですね。
友達に話すと、執着と言われたり、そこまで人を好きになれるのも
逆に一途過ぎて羨ましいよと言われたり。

元彼がどこで何をしてるのか、何も知らないです。
別れてかなり時間経ってるから、もう向こうは私の事を思い出す事も無いし、
結ばれる事は無いと頭では分かっています。
もしかしたらもう誰かと結婚しているのかもしれないし。

好きという気持ちが出来ても、報われなければ無意味、という観念があります。
これのお陰で最初は愛メソッドが全く出来なかった。
好きの気持ちに憎しみさえ抱いた時があります。

今は死ぬほど復縁したい気なんてこれっぽちも無い。
でも、また一緒になりたいな、それが出来たら前よりその恋愛を楽しむのにな、
って穏やかな気持ちはポッポッと沸いています。

愛を送る事は以前よりもずっと容易に出来るようにはなったけど、
冒頭にあるように「結ばれたらいいな」という気持ちは永遠に消えそうにない。
報われていない「好き」を抱えている事に疲れてしまいました。

報われている「好き」を抱えている事が出来たらいいのにな。
でも108さんの言葉を、ここの賢人さんの読むたびに、
「好きになって欲しいな、好かれたいな」って下心が悪だと思い知らされるのです。
現に108さんは何度もそうおっしゃってるから。そういう下心を抱えてるのは愛じゃないと。
そんな仏のような欲の無さに私はなれる気がしないです。


890: 画家 ◆utHkaCg902 :2010/04/07(水) 04:27:09 ID:RPnMMGvg0

>>885
それらしい答えが出ましたが、なんとなく面白くありません。
ちょっと保留させてください。

ひとつだけ。

>「好きになって欲しいな、好かれたいな」って下心が悪だと思い知らされるのです。

悪ではありません。

897 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/04/07(水) 08:10:01 o7t2zIfE0

>>890 画家さん
悪という表現はよくなかったですね…
108さんが散々、「相手と結ばれようとして、愛を送っても無意味」とそう仰ってるんで…。

元彼の事は今でもとても「好き」なのです。
でも885に書いたように、「報われない好き」を抱えて生き続けてるのに疲れてしまった。
時間の無駄遣い、気力の無駄遣いじゃないのかと…。

環境は刻々と変化するので、色んな人との出会いはあります。
だけど、イイ人だな、かっこいいな、と思っても所詮その程度。
好意を寄せてもらっても、異性的な魅力やときめきも感じない。
とても歪んでいますね…

元彼大好きの気持ちのせいで、恋愛面の世界は常に灰色なのです。
でもこの気持ちを消すために、忘れるために無理矢理誰かと付き合うぐらいなら
ずっと1人でもいいと考えてもいます。
そんな恋愛は面倒だし時間の無駄だし、何より相手に失礼だと思っているので。

恋愛はしたい。でも元彼以外にときめくことすらない。
「まだ若いんだから、これから一杯出会いはある、恋愛出来る」
何百回とそんな言葉を色んな人に貰いました。
私もその通りだと思います。まったくもって正論です。

まだ23歳です。
友人や周囲の同期はカップルばかり。
最初はそんな子たち見て嫉妬し、恋人もいない自分に価値が無いと思って
とても焦ったりしてましたが、今はそんな事もありません。
一緒にいたいな、と思える相手じゃないと、私は付き合いたくない。
ただそれが今のところずっと元彼しか当てはまらないというだけ。
相手選びの基準も元彼と比較してるのは自覚してます。
「元彼好き」の気持ちが報われるなら、それが一番良い。
報われないなら、さっさと人生の浪費である「元彼好き」から自由になりたい。

報われることと、報われないけど忘れる事、
どちらかを選べと言われたらそりゃあ前者がいいです。
でもどうしたら報われるんだろう、と思考錯誤している間に2年も経ってしまいました。
想い続ける事も、他に好きな人を作る事も疲れた。
愛する人に、愛してもらいたいだけなのに。


901 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/07(水) 08:34:49 ID:RPnMMGvg0

>>897
ひとつだけ認識していただきたいことがあります。

彼(モトカレ)のことが好き、と言う気持ち、彼に感じる魅力、その世界のひかり。
それはあなたから発せられたものです。
ここをよく玩味してみてください。

好意を寄せてもらってもときめきを感じないのは
その対象にあなたの求めるひかりが映らないからです。
モトカレには映ったのです。
しかしひとりモトカレだけではないはずです。
そのひかりはあなたの中にあります。

>愛する人に、愛してもらいたいだけなのに。

そう思うのは自然ですし、それは全く可能です。
そして真実はそれを相手に求める必要すらない、のですよ。
これを108氏は繰り返し伝えたかったのだと思います。

相手に気がなくても、好きになってもらえなくても
自分が愛することだけで満足しろ、など全くナンセンスです。
しかしあなたの創造性が相手の気に依拠してしまったらそれはそれでナンセンスなのです。

あなたの幸せが相手の意のままになってしまう。
それはそれであり、なのかも知れませんし、それを選択する人もいることでしょう。
私も以前はそうやったし、それで幸せだったこともあった。
でもそれさえひとつの選択にしか過ぎないのです。

相手の意のままにしておきたい、とあなたが選択しているのです。
あなたがその世界に権限を差し出す、とあなたが決定してだけなのです。

>でもどうしたら報われるんだろう、と思考錯誤している間に2年も経ってしまいました。

どうしたら報われるんだろう、とは「報われないのだ」に焦点が当たっている。
報われないことを前提に報いを探している。
簡単な話、報われたいな、と思うときに来る感情を感じてください。


そのとき、心地よい感情が来るなら「既に報われている」世界の情報をDLしていることになります。
不快なら「報われないのだ」という信念に基づいています。
あなたが何かを望むとき、それは既に完結している。
完結しているからその望みが叶わないと思うと悲しくなるのです。

たらたら書いてみましたが、あなたの望みに良いも悪いもないのです。
ただあなたがその望みを肯定できれば返って報いを思う気持ちは軽くなるはずです。
何故ならそれは「ある」と確信できるからです。
「ある」と確信するメソッド、これが愛を送るメソッドだと思えばいい。

愛は孤立しません。
だからただ愛すればそれでいいのです。

あなたが納得できるような答えではないと思います。
でもそれがいいと思います。
愛について、それをテーマにしてください。
私は愛とは何か、説明できないのです。
ただそれを感じることは出来る。
感じてください、ただ。

言葉ではない答えを見出してください。

902 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/07(水) 08:49:19 ID:RPnMMGvg0

なんとなく108氏の過去レスを貼ってみます。
クレさんのtransformationや愛を送るメソッドへの良い示唆になると思います。

-----------------------------------

507 :108 ◆90KoxUVipw :2008/05/29(木) 00:54:17 ID:1BEUIOqH0

私が語っていることについて、若干の誤解があるようです。
同じように誤解されている方もいるかもしれないので、
この部分を少し慎重に補足しておきます。

「今すぐに幸せを感じていい」というのは、
「実際には幸せといえる状況ではないけれど、
心の中では幸せを『感じる』ことは出来る」ということではありません。

文字通り、「実際に、現実の物理的現象として、幸せを『体験』して良い」ということです。

目の前の「不足している状態の現実」が、叶った状態なのではありません。
あなたが今認識できていない「充足している状態の現実」が、
叶った状態であり、実際の現実なのです。

つまり、あなた方は「知覚不全を起こしてしまっている」ということです。
ほとんどの人は慢性的に、この「現実に対する知覚不全」の状態にあります。
ほとんどの人は通常、本当の現実というものを全く把握していません。

508 :108 ◆90KoxUVipw :2008/05/29(木) 00:55:02 ID:1BEUIOqH0

>「でも現実には、今も何も叶ってない」
>「あんたの願望は何も叶っていない」

ここに注意してください。
この「現実に対する誤った認証」が、
それにしたがった「誤った現実」という歪んだ知覚を、
繰り返し引き起こしているに過ぎないのです。

そして、これが連鎖的な妄想をますます引き起こします。
知覚は、この見当違いの認識をますます強力に補強していきます。
まず、全ては自分の「現実に対する誤認」から始まっているのだということを
しっかりと心に刻み込む必要があります。

あなた方にとって「不幸で確固たる現実」と見えているものは、
全て、この知覚不全が見せている幻影に過ぎないのです。
なぜ、現実の良い面に注目することが大事なのか。
この知覚不全を、少しずつ解消していくためです。

それは、幻想から実際の現実に焦点を合わせていくことになるからです。
「あなたは既に幸せである」というのは、こういうことです。
それは苦労して引き寄せるような性質のものではなく、単に
「本当は既にあるものを、正しい知覚で認識する」

509 :108 ◆90KoxUVipw :2008/05/29(木) 00:55:43 ID:1BEUIOqH0

このことを理解した上で、このように考えてください。

幸せを感じた後、
「あんたの願望は何も叶っていない」という声が聞こえたら、
「いかん。また自分は幻想に焦点を合わせようとしていた」
こうやって「幻想を現実だと誤認しようとする」自動プロセスをストップさせます。

「また幻想に力を与えるところだった。危ない危ない。」
プロセスが動き出したら(勝手に起動するようになっています)
こうして常にストップさせることが必要です。
これを習慣化してください。

そして、「自分はまだ幻想から焦点をはずし切れていない。
だから、こうやって絶えず幻惑されようとするのは仕方ない。
しかし、それらは幻覚だということは認識している」
こういう態度で、知覚不全に対処してください。

最初のところで自分に間違った認定を与えることを、断固拒否し続けるのです。
この態度を保ち続けることで、依然幻想が見えていたとしても、
それをあくまで幻想として対処することが出来ます。
そうすることで、徐々に不思議なことが起き始めてきます。
空を覆っていた暗い雲が晴れて、さわやかな晴れ間が広がっていきます。

それを実行してみてください。

904 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/04/07(水) 09:03:40 ID:RPnMMGvg0

>>897
あとひとつ、最近ぽんと気付いたことなんですが、
本を再読していると、全く新たな認識を得られることが多くなりました。
これは多分、自分が存在として全く「変わっている」からなのでしょう。

記憶は引き継ぎますが、自分としての存在は変わっており、
再読が初読になる、のかも知れません。
まあ単に忘れているだけ、なのかも知れませんが(爆)

もう一度あなたが見た108氏のコメントを見てみてください。
多分、びっくりすると思います。

でわでわ。
 
                 Sponsored Link


[2018/03/26 13:33] | Category * 画家式

 

 
Copyright © 2018 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.