「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
964 :幸せな名無しさん:2016/02/15(月) 03:56:25 ID:mkm/0IfM0

自己観察さんまたきてくれないかな
モチベーションというか
あげたいや


965 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 00:05:07 ID:OGxrTN1Y0

>>964
お。久々に来てみたら、ちょうど呼ばれてた。

ご無沙汰してますー。本人です。
スレも終盤ですし、終わるまでお付き合いしますよー。

966幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 00:33:32 ID:OGxrTN1Y0

>>964
ちなみに。
「モチベあげたい」は、なんとなく停滞感、新鮮さがないな~って感じですよね。

二元の思考的には「新鮮さがない」と感じることは、「世界って新鮮そのものだ~!」ってことの裏返しです。
あなたの思考は、「新鮮さがない」という思考でもって、真実の片鱗を見せてくれてるってことですよ!

不満や不足といった「ネガティブ」な思考は、
その奥にあるものを掴むための、素晴らしいチャンスです。

楽しみながらやりましょう。

967 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 00:45:22 ID:wGIbtK0E0

>>965
自己観察さんだ!
964さんではありませんが、一言お礼を申し上げたく、思い切って書き込みます
あなたのまとめが本当に力になっています
やっと観察している視点がわかりました
さがしているものが、さがされているものだったんですね
なんという盲点w

引き続きそこから見ていきます
本当にありがとうございます


981 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 23:46:53 ID:OGxrTN1Y0

>>967
おお!素晴らしいことに気づきましたね!
求めていたものは自分自身だった。なんだ、最初っから全部あったんだ~と。
どんどん世界を楽しみましょう!
こちらこそありがとうございまーす。

968 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 00:57:00 ID:7W9ABkYs0

自己観察さんこんにちは。
いらして早々で申し訳ないのですが、どうかアドバイスお願いします。

二ヶ月ほど自己観察をしているのですが、未だにしっくりきません。
最初のうちは「感情を見ている自分を見る」感覚がよく分からず、しかし一応は
「これかな?」という感覚をつかむことが出来ていました。

しかし、感覚を掴めるようになる→できなくなる→別の感覚を掴めるようになる
(最初の感覚とは違うけど、これも別の領域かな?と感じる)→できなくなるを繰り返し、
今では新しく感覚をつかむこともできなくなってしまいました。
やってもやってももがくだけで、全くうまくいっている実感がありません。

また、感情を見ることもなかなかうまくできません。
いつの間にか見ている感情と一体化してしまいます。
冷静に感情を見つめることが出来ていないのだと思います。

ここからさらに「それを見ている自分」に移るなんてもってのほかで、「感情を見る」を成功しても、
「それを見ている自分」を意識すると、間も無くいつもの自分に戻ってしまいます。
せめて安定して「感情を見ている自分」で居られればと思うのですが、それができません。

どうしたら淡々と感情をみつめることができるのでしょうか?
心の中で体が宙に浮いているイメージで、などとやっていたら一時期うまくできていたのですが、
今ではそれも出来なくなってしまいました。
どうかよろしくお願いします。


981 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 23:46:53 ID:OGxrTN1Y0

>>968
「うまく出来るようになろう」とするのをやめることです。
自己観察とは、エゴと一体化しないためにエゴに気づきましょう、というのが目的です。
エゴとは、本来一つであるものを、二元の枠組みに無理やり嵌め込んでいるモノの見方のことです。

>>966であるように「出来る/出来ない」という二元の奥に、「うまくいくのが当たり前」があります。
ですがエゴは「うまくいくのが当たり前」を認識できない仕様なので、
「出来るか出来ないか」という二択のように見えます。
あなたが苦しいのは、その枠組みの中にいるからです。

「出来る/出来ない」という枠組みのなかで、「うまく出来るようになろう」とするのではなく、
その枠組みに気づいて、そこから出ましょう、というのが自己観察なんですね。


ですので、「出来ない」→「うまく出来るようにならなくては」ではなく、
「出来ない」→「出来ないという形で現れたけど、エゴはこういう形でしか
出てこないんだから気にする必要ないや」です。

それがだんだん定着してくると、
「出来ないという形で現れてる、その奥にあるもの」が段々姿を顕してきます。
「出来る/出来ない」ではなく、その奥にあるものを見よう!と決めることです。


ということなので、「それを見ている自分」というのも忘れてください。

そもそも「見ている自分に気づく」というのは、
そこに気づければ「既にある」がわかるよってことだったかと思いますが、
「見ている自分に気づく」とは、枠組みの外に出るということです。
そして枠組みの外に出れば「既にある」のが自然です。

「それがわからない」「どうやったらわかるのか」と言い出したら、100%枠組みの中にいます。
「わかろう」「出来るようになろう」とする限り、わかることは出来ません。

971 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 05:06:22 ID:8dYJqCJM0

自己観察さん、はじめまして。
1ヶ月程前に「世界=自分」「別の領域=既に叶ってる」ということに辿り着き、
そこから少しずつ世界が変わり始めているのですが、
もともとがマイナス思考癖が強く、長かったため、どうしても元いた所へ引っ張られがちで、
その都度、意識して立ち位置を確認して、望む状態へ「なる」ようにしています。

私はお金関係と片思い成就で潜在意識を活用しているのですが、
お金に関しては、少しずつですが動いています。
現実が動き始めたこと、自分の意識が変わり始めていることを実感できていて、
これは何があってもブレない様になってきました。

あとは恋愛なのですが、
いつもは内側の彼ととっても仲良くしていて幸せに浸っているのですが、
一昨日のヴァレンタイン等、たまにネガに襲われて意図を取り下げてしまっています。
現実が動かない原因はこれかなと思うのですが、自己観察さんまとめの
「気に入らない洋服を着ている自分を嫌だなと感じたら、着替えればいいだけ」
という言葉が胸に響きました。

どんなに内側の彼と愛し合って満ち足りていても、ふとした瞬間に現実を見てしまう。
でも、その現実の方が間違いで、今自分が感じている内側の彼との幸せの方が正しい。
常に自分が望む方へと意識を向けていこうと気づくきっかけになりました。

自己観察さんがまた来てくださって嬉しいです。
ありがとうございます。


981 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 23:46:53 ID:OGxrTN1Y0

>>971
素敵ですね!
着々と、しっかりしたものになってるみたいで素晴らしいです。
そうそう、思考の内容なんで、洋服と同じです。気に入らないならさっさと脱いじゃえ!ですよね~。
どんどん幸せになりましょう。

972 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 06:59:39 ID:OWXyVUWs0

自己観察さん
まさかお会い(?)できるとは!
過去のあなたの書き込みに随分助けられました。

最近やっと思考?エゴ?とは別の自分というか場所というか、
それがわかるようになってきました。まだブレブレですけど。

思考に気付いて、今まで慣れ親しんだその思考、判断から離れる時、
意識的にそうしようとする時、引き剥がすような、引き剥がされるような、
そんな感覚がありますが、それも少しずつ慣れてスッとできるようになるのかな、
と思っています。

いろんな条件、こうあってほしい、こうあってほしくない、とか、
そういうものも全部下ろして、その場所にいて、安心してていいんだ、って感じてます。

ホントに、来て下さって嬉しいです。
今、あなたのお話を聞くことができるのが、とても嬉しいし、楽しみです。
ありがとございます。
ポカポカする(*´ω`*)


981 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 23:46:53 ID:OGxrTN1Y0

>>972
ご縁があったんでしょうね~。
レスもいい感じです。引き剥がされるような~とかの感覚もちゃんと自覚されてるので、
慣れるのも早いかもしれませんね。
自覚って結構大事なんですよー。素晴らしいです。
わたしもポカポカしてきましたーw

973 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 07:23:23 ID:yA1VAa8Q0

自己観察さんはじめまして。
自分は復縁目的で自己観察してます。
まとめとても参考にしてます。

自己観察を続けていて、エゴと自分は関係なかった!ということが何度か体験としてありました。
信頼しきれてはませんが、強い感情があっても自分の中にエゴと無関係な不動の何かがあるのが心強いです。
別の領域を感じることを言葉にすると、エゴと距離が離れる感じ。自分が無である。
「ある」や「ない」の背景。ただ安心感。などが感覚として日によって違いますがあります。

現実では彼とは 偶然会うということがあるだけで、仲良くなるとか進展がなく、
逆に他の異性にすごく好かれて彼と体験したいシチュエーションを違う人と体験するということが起きます。
私は、復縁したい彼とお互い信頼でき、仲良い関係をもう一度築きたいです。

そこで、質問なのですが、
思考や感情に気付いていていると、「肉体的にも精神的にも彼に傷つけられた辛さ」
「傷つけられて信頼できないという気持ち」 「彼を傷つけてやりたいという気持ち」
「別れて自分に興味を持ってくれていない悔しさ」 「優しかった彼が好きで、彼と仲よかった頃に戻りたい」
いうものが混ざったよくわからない気持ちはいつまでも残ってしまっていて、加えて、最近強いのは
「現実が動かない。なんとかしなきゃ」 「やり方が違うのでは」 「何も変わらなかったらどうしよう」
「焦る!」という思考です。

こういう思考がきたら、別の領域を感じようと「私はこういう感情と一体になってる」
「私はこういう風に思ってるから不安なんだなー」ということを繰り返して、
少しエゴと距離を感じたらそこに意識を置くようにしてます。
朝のネガは強くて難しくてうまくいかないことも多いですが…

そこで質問なのですが、
私の観察はエゴでの観察になってしまっているのでしょうか?
傷つけられて信頼できないのに、好きっていうようなことは、本当の自分からの願望でないから、
潜在意識の判断?で他の異性が供給されているのでしょうか?

現実を見ていると観察の仕方に最近自信がなくなってきました。
確認という意味で一度お聞きしたいです。
なんだかがっかりしてしまって、少し自信がなくなってきたところで
自己観察さんが登場してくださったので思い切って質問してみました。
お時間ありましたら、よろしくお願いします。


982 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 23:49:42 ID:OGxrTN1Y0

>>973
「これはエゴの観察だろうか」とかもどうでもいいことなんですよ。
これも「うまく出来るようになろう」と同じですよね。

いろんな複雑な感情や思考が出てくるのだろうと思います。
それらも二元の枠組みで、主に「不足」の属性で、様々な形で出てきただけです。
恋愛に関してだけでも複雑なのに、観察の仕方への疑いとかもでてくると訳わからなくなりますよね。
それもエゴの思う壺ですよ。

ですが、エゴにもいい面はあります。
上での説明どおり、エゴは「本来あるものを、二元の枠組みに嵌め込んでるだけ」のものですから、
出てきた思考や感情から、本当にある充足に気づくきっかけを見つけることもできます。

例えば「傷つけられた」「信頼できない」「悔しさ」は、彼への想いが大きいからこその反動ですし、
そこに注目してみると、純粋な思いがあるのではないでしょうか。

観察にしろ復縁にしろ「このまんまじゃダメだ」とかは、
「うまくいくのが当たり前」という大前提があるからこそそう感じるのです。
枠組みに嵌め込まれた、歪められた思考ではなく、本当にある美しいもののほうを見ましょう。
 

他の復縁希望の方も読むと思いますので念のためですが、
「うまくいくのが当たり前」という表現で、却って、相手に対しての執着を強めてしまう方もいるかもしれません。
「うまくいくのが当たり前」って本当なのか、どうやったら信じられるようになるのかとか。

そうやって思考にしがみつきながら安心できる答えを探しても、
見つけることは出来ないので諦めてください。。
複雑になり始めたら、それは枠組みの中にいるからだと気づいてください。
気づいたら、それ以上そこにいる必要はありません。さっさと出てしまえばいいだけです。

二元的な枠組みから出てしまえば、不安や疑いが出てきても影響を受けなくなります。
いろんな思考感情が湧き出てくるものから「本当にあるものはなんなのか」
というところに注目してみてはいかがでしょうか。

他の異性と遊ぶことは別に悪いことではないので、
あなたがしたくないことをしているのでなければ、その瞬間を楽しむことです。
「誰かといると観察は難しいけど、観察しなくちゃ」なんて難しいことをする必要はありません。
「うまくいくのが当たり前」ってことは、楽しいのが当たり前なんです。
相手が誰かに関わらず、その時々の「今」をあなたが楽しむことは、
「うまくいくのが当たり前」に近い状態です。


975 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 08:57:05 ID:IZtK/Nyg0

自己観察さん!最近スレ1から読み返していたところです。
以前も何度か質問させていただきましたが、最近やっとやっと、本体(?)
みたいなものにとどまれる時間が増えてきたところです。
ホイホイっとスルーできる思考とそうでないものがあるだなーと感じています。

で、私からも質問してもよろしいでしょうか?
例えばAという事象を望んでいてあまり望んでいないがそこまで悪くもないBという事象が来た場合、
「Aは高望みってことなのか」「Bで妥協しろってことかな」と考えてしまいます。
もちろん、自分が幸せになるなら「未知の(理想の)Cでもいい」とも思っていますが、
「それって理想に執着しているのかな」「握っているから現象化しないのかな」と。

別の領域?が起こしたものは、こだわらず受け取った方がいいのでしょうか…

こういう思考があるだけなんだなと思うんですけどね。
ここでAやCに執着するのは思考(エゴ)の判断なのか?と悩んでしまったりしています。


982 :幸せな名無しさん:2016/02/16(火) 23:49:42 ID:OGxrTN1Y0

>>975
お久しぶりですw
シンプルに、目の前のBにときめくか?でしょうかねー。
今目の前にあるのはBだけで、AやCはあなたの思考の中にあるだけです。
思考の中にあるものと比較して、「これは高望みか」「妥協か」「執着か」と複雑にしてるだけなんですね。
複雑になっていくと、本当にあるもの(本当に望んでるものの本質)を見ることからどんどん遠ざかります。

とりあえずBがきたということは、それほど本質から遠いわけではないということですから、
そこはまず喜んじゃいましょう。

だからといってBを受け取らなくちゃいけないということも無いですし、
楽しめそうなら、Bを受け取って楽しむことは、望むものの本質にさらに近づく
ということですから、結果的にAやCがくることも十分にあるし、
あるいはBが自分の理想そのものだった!となることもあるかもしれません。
どちらにしろ、悪いことにはなりません。

本体?みたいなものにとどまりながら、自分の中のときめきをもっと見つめてみましょう。

あ、これ>>973さんの、他の異性と本命の彼とも通じますね。ご参考になれば。

自己観察スレ2
 
                 Sponsored Link


[2016/02/24 01:35] | Category * 自己観察式

 

Sponsored Link
367 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/02/11(火) 08:53:48 ID:OoZzywGU0

んーと、世界が私だからすべての根源に立つ自己観察の立場にいると
自ずと外も変わって当たり前ってことですよね。

まだその前のいろんな観念がボロボロでてきてる状態なのでまだまだ苦しいな。
昨日もとんでもない失言をして、皆に呆れられたんじゃないかと悶々とした。
こういう時って、その感情を観察しても、それがただの思い込みに過ぎないとわかっていても
なかなか根源の立ち位置に立てないんですよね。

こんな自分の過失からくる後悔やら恥ずかしさやらはみなさん、どうしていましたか?
自己観察さんや皆さんの体験やアドバイスをお聞かせいただければありがたいです。
落ち込みも観察しているんですが、それが蓋になってる気もして。

368 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/02/11(火) 09:09:44 ID:Eeitq2PE0

>>367
自己観察さんではないですけれど。
恥ずかしいとか、過去の失敗の記憶に巻き込まれてもいいと思ってます。
自己観察さんも、気楽にとか、ゆるくっておっゃってますし、
他の達人さんたちも、結構ゆとりというか余裕がある。
嫌なことも思い出すし、不安も感じます。でも、それでいいじゃんっていう。

嫌なことを思い出したり、不安を感じて「これを早く消さないと」とか「早く距離を取らないと」ってなるのが、
多分一番辛いし、その「早くなんとかしよう」という思考こそが、不安や嫌な感情に力を与えるんじゃないかなと。「~すべき」って、エゴが好きそうな感じがしますし。

不安や嫌な感じがあったとき、
「これを早くなんとかしよう」としている思考に気づくと、ふっと楽になるというか、冷静になれます。
「幻だ!幻想だ!」って思おうとするのではなく、単に気づく感じ。
その態度というか姿勢というか、立ち位置?みたいなのって、
すごく余裕があるよなって思うので、これでいいんじゃないかなーと。


374 :幸せな名無しさん:2014/02/11(火) 23:31:54 ID:apgx7B6E0

>>367
>>368さんの仰る通りで、うわー恥ずかしい!!とかなっても別にいいやって感じです。
これも「何で恥ずかしいって思うのかな」ってみてみると、自信とか自分や他人を大切に思ってるからこそ、
それがちょっと歪んだ形で恥として感じることができるんじゃないかと思います。
もしかしたらそうなのかもしれないなーくらいのゆるさで、思考や感情の奥?にあるものを
正しい形で知覚できるようになるといいんじゃないかなと思います。

372 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/02/11(火) 21:58:58 ID:WGMwuVf6O

2年ほど前に自愛や自己観察やら色々やって今安定してる。
これと言って願望もないんだけど久しぶりにここ来てみた。
んで、ひとつ疑問?がある。

自己観察の立場に立つと確かにフラットな状態になるけどこれと言って喜びもなければ悲しみも湧かない。
感情や思考を放棄することで今度は自分は何を、何処を生きてるんだろうみたいな状態になる。

これが良いか悪いかという話でもないんだけど、、、なんて言えばいいんだろう。
言葉にするなら「空しい」に近いのか。皆さんこういう経験はありますかね?


374 :幸せな名無しさん:2014/02/11(火) 23:31:54 ID:apgx7B6E0

>>372
感情や思考の放棄というとちょっと違うような気がします。
>>367さん宛にも書いてますが、錯覚で歪んだ形で出てきた思考や感情の、
本来の美しい形を見ることができると「空しい」ということもなくなるんじゃないかと思います。

377 名前:17 投稿日:2014/02/12(水) 22:08:22 ID:OgfbyN8w0

>>373
この文体は自己観察さんですね。お気を遣わせてしまい申し訳ないです。
確認ってのを一応きちんと書きます。

 >181②「意識上だけで幸せを感じる」ことは不可能です。
 ↑「意識上だけ」以外の対象って、思考ではなく、物理的現実の事を指してるんですよね?

まあ、Yesという理解です。
実践は「現実は内面の投影」を前提とし、自己観察に限らず色々やってるので、
(もっぱら良い気分でいる、というのが主ですが)
回答有無にかかわらず実践の動機付けに変化は無いつもりですし、
都合のいいとこだけ確認、ましてやなんかあったら文句を、とかするつもりないです。

確かに質問が出ない程の確信に達しているかと言われれば?ですし、
表向き正確に理解したいというのがあったとしても、質問で回答が欲しいって事自体、
究極的には安心したいからなので、「安心したいからじゃないんですか?」という指摘は否定しません。
まあ実践には関係ないので、確認できりゃなお良いかな、程度です。

・・・と、ごちゃごちゃ書くと、「そうやってマインドが騒ぎ出し~」とか言われそうなので、
端的に質問したら逆効果でしたね。。

(つづく)

378 名前:17 投稿日:2014/02/12(水) 22:09:17 ID:OgfbyN8w0

(つづき)
>>373
なお、
>私が答えるかどうかを選別してるかのような?印象

ってのはないです。(少なくとも私は)
いつも貴重な情報を慎重にご判断頂いた上で教えて頂き感謝しています。
聡明さが文に表れており素晴らしいという印象です。

ただ別の印象というか疑問が2つあります。(以下思考もマインドも同じ意味で使ってます)

1
こちらの質問に対して動機背景への思慮や分析、判断が入るのはマインドの仕事だと思うのですが、
気づいてる立場からだと、単に「質問がある」と見えるだけで、思慮や判断といったマインドは
出てこないのではないかと思ってましたが、違うんですかね?
(まあ、気づきを極め一切の判断無く現実を見ると、今見てる文字すらただの模様にしか
見えなくなるかと思うので、思考は出るだろうとは思いますが。)

2
思考が発生するとして、それらの思考、それに伴う問いや質問は、気づいてない人がやると、
「マインドが騒いでる」となるようですが、気づいてる人がやると、それはマインドが騒いでるのでなく、
ただ起きているだけ、となるのでしょうか?
または気付いてる人も、ずっと気づきの立場ではなく、マインドが騒ぐこともあるのか?
気付いている前提でマインドをツールとして使っているという感覚なのか?

気付いている人と気付いていない人のマインドの扱い方の違いがよく分からんです。
何かご意見頂ければ嬉しいです。

まあ、「そうやって分かろうとすることがマインドの罠で~」とか「分離からの質問は答えようがない」、
「つか何言ってるか分からん」とかならスルーで良いです。


379 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/02/14(金) 00:41:26 ID:VlD0Gw9A0

>>377
いえいえ、好きに書いてますのでお気になさらず。
「現実は内面の投影」というのは、言葉通りの意味なんですが、
内面が二元的・分離的な状態だと、現実は「分離状態が100%完全に」投影されるということです。
つまり快を心がけていても「快であったり不快であったりするという分離的な現実」です。


内面が二元・分離的というのは、意識と現実を分離したものとして捉えている場合、
または頭で理解はしているけれど確信はないというような葛藤がある場合
或いは「自分」と「いい気分」を分離したものとして認識してる場合などのことです。

なので「意識上だけでなく、物理的現実に反映するんですよね?」という意味でならYesですが、
「意識上で快であれば、快属性な物理的出来事が起こるんですよね?」という意味では
意識が分離状態だと必ずしもそうではない。そういう意味で肯定も否定もできないということです。

で、大体の場合そういう質問をする時点で確信がない、つまり分離意識状態なので
そういう自分の意識状態(二元的な思考の属性)に気づくことで
その両極をフラットに見れる立ち位置に立つことが、自己観察的な実践だと思います。


例えると二元的な立ち位置は振り子の錘の位置になります。
そこでは様々な外的環境によって快・不快を行ったり来たりする意識が現実に投影されます。
振り子の支点に立てば両極を包括した立ち位置ということですね。
支点は外的な影響を受けませんので、意識の在りかたがそのまま投影されるわけです。


以上のことから自己観察的実践においては
「質問の背景に気づく=思考の属性に気づく」ことで全てを包括した立ち位置に立つ、
というのが大体の流れなのですが、どうやらそういう実践ではないということですよね。
まあ私も一応きちんと書きましたw

380 :幸せな名無しさん:2014/02/14(金) 00:42:27 ID:VlD0Gw9A0

>>378
>1. 気づいてる立場からだと、単に「質問がある」と見えるだけで、思慮や判断といったマインドは
>出てこないのではないかと思ってましたが、違うんですかね?

「単に質問があると見えるだけ」という視点で、「思慮や判断をすることが起こっている」のを見るという感じです。
質問も思慮、判断も、ただ在るだけということですね。

>2.気づいてる人がやると、それはマインドが騒いでるのでなく、ただ起きているだけ、となるのでしょうか?
>または気付いてる人も、ずっと気づきの立場ではなく、マインドが騒ぐこともあるのか?

気づいてると「している」という感覚はなくなります。
私は気づいてる状態が自然、デフォではあるけど始終明確に気づき続けてるというわけではないです。
気づいてることと気づいていないことのギャップが殆どないようなかんじです。
小説だと判っているのに感情移入してしまうような状態が近いかと思います。
なので反応は起こりますが、騒ぐというほどのことはないです。
以前と全く変わっていない、にもかかわらず何もかもが違うというような感覚ではあります。

>気付いている前提でマインドをツールとして使っているという感覚なのか?

その感覚はないです。というかその感覚がどういう感覚なのかわからないです。

>気付いている人と気付いていない人のマインドの扱い方の違いがよく分からんです。

明確に違うのは、
錘の位置ではなく支点の位置に自分がいることを知っているということだと思います。

錘の位置にいると、優先度や重要度のある思考や疑問等があって、その回答を得られれば
何かを理解でき、何かが進んで何かが解決して何かすごい奇跡が起こるかのように想像してるんですが、
支点の立場にいると、錘が一生懸命動き回っていても、それに全く意味がないというのがわかるんですね。
頑張っても頑張っても、目まぐるしく動くだけで徒労に終わるという。

優先とか重要なものなど全くなく、何の意味も脈絡もない思考に振り回されてるだけだということです。
逆にその支点の位置にいるからこそ、余裕を持って楽しめるわけなんですが。

>まあ、「そうやって分かろうとすることがマインドの罠で~」

分かる必要がないものを「分かる必要がある」と勘違いして頑張ってるから「騒ぐ」とか「罠」とかいいますね。
でもそれが楽しいならそれでいいと思います。

>「分離からの質問は答えようがない」

分離からのというより、分離的な答えを得ようとする質問ですね。
「有るのか無いのか」「実現するのかしないのか」とか。

錘は両極があって成り立ってます。
片方だけだと存在できないものを、片方だけ欲しがるのがおかしいんですよ。
錘の位置にいる以上、どちらかだけを選ぶことはできませんからね。

自己観察スレ2
 
                 Sponsored Link


[2015/10/12 00:59] | Category * 自己観察式

 

Sponsored Link
255 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/01/28(火) 18:12:40 ID:.Hc4NJ5.0

普段は視線と合体してるんだけど、音を聞いたり、「?」と思った時に、
肉体とずれる意識が「それ」なのかなー、何かを見てるとき「それ」は、見てる対象物にあって
(というか対象物と自分が一つみたいな感じ?)、その時は肉体にはない感じで、
「あ、これが自分の本体なのかなー」って思ってたんだけど。

目を閉じて思考がおさまっている時、「それ」は大きな一つになって、
安心感や胸にちりちりとした快の感覚を感じたりするんだけど、
目を開いて活動している時は動き回っている感じで、なんか違うかも…という疑念が…。

以前、自己観察さんが、「眠ると消える自分の意識」と「眠らない意識」は違うと書いてらっしゃたけど、
私がそうかな、と思っているものは単なる「眠ると消える自分の意識」かもしれない…
という不安がずっとある。

とすると、「これまで自分と思ってたおしゃべりするもの」と「動き回る意識っぽいもの」の他に、
まだあるのだろうか…と感じてみるのだけど、分からない。
とりあえず、思考と肉体は自分の本体ではないな、というのは分かって、
随分楽になって、自己観察さんには本当に感謝しています!

あとは「背景らしき、大いなる意識」を体感して確信を持てるようになりたいなぁ。。


350 :幸せな名無しさん:2014/02/08(土) 14:17:47 ID:SpW1DWCE0

>>255
>目を閉じて思考がおさまっている時、「それ」は大きな一つになって、
>安心感や胸にちりちりとした快の感覚を感じたりするんだけど、
>目を開いて活動している時は動き回っている感じで、なんか違うかも…という疑念が…。

その大きな一つの感覚で大丈夫ですよ。
活動してるときはどうしても世界の動きや思考のほうに引っ張られますから、それも構わないと思います。
活動の中にあっても、ふとしたときに一瞬「それ」に意識を向ける、ということができれば
それはどんどん存在感を増していくと思います。


あと「これで本当にいいのか」という不安や疑念のせいか、いろいろ考えすぎてるように思います。
それも「それ」の存在が増していけば徐々になくなっていくと思いますが、
もっと自分の感覚を信じて安心していて大丈夫です。

256 名前:17 投稿日:2014/01/28(火) 22:23:22 ID:TKiHFp9g0

>>242
>ふわっと返ってくる感覚がそのまま意図になるんじゃないかと

これってよく言う、「既に実現した状態となる」または、
「既に実現した状態の周波数に合わせる」ってのと一緒ですかね?

つか自己観察は>>241の①でやってたかも。。
で、②を意識してやってみると胸の真ん中が痛くなります。(どんなか伝わりますかね?)

と、唐突で申し訳ないですが、この胸の痛み、というか身体感覚って、②の感覚と何か関係あるのでしょうか?
この胸の痛みを感じ続けると、全てと一体である、に至るとかだといいなと思いますが、
特に関係ないですかね?もし、なにかご存知でしたらまた教えて下さい。


350 :幸せな名無しさん:2014/02/08(土) 14:17:47 ID:SpW1DWCE0

>>256
>これってよく言う、「既に実現した状態となる」または、
>「既に実現した状態の周波数に合わせる」ってのと一緒ですかね?

自分のわかりやすいように解釈すればいいと思います。
ただ、知ってる概念に当てはめようとするのは制限することと同じではあります。

>この胸の痛みを感じ続けると、全てと一体である、に至るとかだといいなと思いますが、
>特に関係ないですかね?

①でいくなら、その痛みは何かの抵抗で、それを受け入れることで何かに至るというような見方もできます。
でも②では、結果的にそのように見えるようなことがあるかもしれませんが、「こうすればこうなる」は
成立しません。というより②であるなら、それらの疑問が出てきてもそれを質問するまでに至らないのです。
何かを期待したり「こうすればこうなれるかも」と思いたいものですが、②ではそれは出来ません。

出来ることは「ただ在る」だけなんです。
どこまでもそれは思考であるということに気づいて、思考と同化せずに「在る」だけなんですよ。


始めのうちは「これで至れるかも」という動機があったとしても、
それを抱え続けてるとそれはもう②ではないのです。

320 名前: 投稿日:2014/02/02(日) 11:06:18 ID:buE10Fv20

自己観察さん、2点ほど確認させてください。この2点は密接にかかわっています。

①世界から独立した「主体」には気づくことはできるのか? 
 端的に言えば、「主体」そのものに気づくことは可能か?

②自己観察さんは、まず「世界との一体感」を感じらた。
そしてその一体感を阻むものが思考であると解明・あるいは認識されたうえで、
世界との一体感を阻害する思考に気づくことで、一体感を取り戻そうとされているように読めます。

つまり「世界との一体感」という本来の立ち位置を知っているために、
本来の立ち位置でない状況を認識できるのだと思います。
本来の立ち位置を阻むものが思考であり、思考に気づくことにより、
本来の立ち位置の戻るというプロセス(?)のように感じます。

すると、本来の立ち位置や世界との一体感をそもそも知らない、あるいは経験したことのない者にとっては、
思考に気が付いたところで、「本来の立ち位置を阻んでいる」という状況の自覚がありませんから、
「思考には気が付けるが、そこでストップ」するという状況が連鎖するのではないか? 
そのように思います。

要するに、世界との一体感を知らない、あるいは経験したことのない、私のような者が、
思考に気が付くことで、本来の立ち位置を自覚することは、可能であるか?
ということです。

なかなか理解が進まず申し訳ございませんが、お暇な時で結構ですので、レスをいただけたらと思います。


351 :幸せな名無しさん:2014/02/08(土) 14:22:26 ID:SpW1DWCE0

>>320
「自分は世界から分離独立した個体性を持つ人間という認識を持っていたがそれは錯覚で、
 存在するのはどこにも継ぎ目のない一つであった」

というのが話の大筋なんですが、その質問の意味はよくわかりません。

②思考を通すから、元々どこにも継ぎ目がなく唯一つしかないものを
「知らない」や「経験したことがない」や「可能」や「不可能」というピースに分割してしまうんです。
そして「わからない」という切り分けられたピースの範囲でしか物事を捉えることができない。

私がいっているのは、
思考と同化しなければ、そもそも分割されてないひとつ、全てであるものしかないということ。
可能も不可能も、そんな線引きは実際にはない、色んなピースもない、それは錯覚だということです。


通常私たちは「他」を認知することで自分を認識することができるので、
全てが一つのものとして在る状態、自分以外のものが存在していないという状態は非常にわかりにくいです。
なので「わからない」という思考は浮かんでくるでしょう。

でもそれもやっぱり思考であって、「私がわからないのだ」とそれに同化することによって、
全一であるものから、切り取られたピースになってしまいます。
そこからどんなに探求しようと、思考自体が分解機能しかもちませんから、全一に戻ることはできません。

ですから「わからない、わかりたい」と探求すること自体が、全一を分割し、
そこから違うピースを求め続けるという終わりのないゲームです。
分割することをやめれば、最初から全部あるんです。

もちろん思考と同化しないことで、すぐにそれに気づけるわけではありません。
ひどく微細で曖昧な感覚でもありますので、そこに慣れていく必要はあるかと思います。
そういう意味で私は「思考ではなく、気づいている意識に気づく」と書きました。

ですからどんなに「わからない」という思考が湧いてきても、ただ気づくだけです。
そこで「わからない」という思考に同化することが「気づいている意識」を放棄してることです。
「わからない」という思考と同化してるんですからわからないのは当然です。

もちろん探求を続ければ、少しくらいはいくつかのピースを集めて
何かを得たり理解したりは出来るかもしれません。
ですがそれは小さな欠片を一つずつ集めてつないでいくような気の遠くなるような作業になるでしょう。

端的にいうと、あなたの質問は
「違うピースになるにはどうしたらいいか」「それは可能なのか」であり、
そんなことは私の知るところではありません。

あなたはご自分でも仰ってるように、思考の探求が好きなんです。
「わからない」というピースを常に選び続け、その思考での分割作業に
夢中になって楽しむのは大いに結構だと思います。

ですがそうするのであれば、質問する相手を間違っています。
私は思考のゲームををやめれば全部在るよっていってる人なので、そういってる人に
「このゲームを攻略するにはどうしたらいいのか」「ゲームを攻略することは可能なのか」
と聞き続けるのはおかしいですよね?

321 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/02/02(日) 11:09:48 ID:SzMRcAFI0

喧嘩売るわけじゃなくて、自己観察さんの言う気付いてる意識もわかるけど
仕事で意図したりしても惨敗したりする。そんな繰り返し。
何故なのか純粋に疑問なんです。

328 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/02/02(日) 15:16:18 ID:UOwkXxAE0

>>321
同意。意図して取り下げていないのに。


352 :幸せな名無しさん:2014/02/08(土) 14:28:49 ID:SpW1DWCE0

>>321>>328
「意図しても惨敗」「意図して取り下げてないのに」これだけじゃわかりにくいですけど、
ことのほか「気づいてる意識に気づく」ことが特別なことのように扱われてるようです。
別にそれがわかったら叶うというようなものではないです。

「叶う/叶わない」「勝ち/負け」という概念がなくなる、錯覚だと気づくポジションです。

354 名前:幸せな名無しさん 投稿日:2014/02/08(土) 18:46:22 ID:zRxgYv3o0

自己観察さん、いつもありがとうございます。
少し確認なんですが過去のまとめを読むと以前は現実を選べる立場などの
お話をされてますが、今はそういうスタンスは変わられたんでしょうか。
情報が沢山あるので混乱してます。

355 名前:17 投稿日:2014/02/09(日) 17:45:13 ID:xag7te8s0

私はこれまで、自己観察で行きつく先は、
自己観察で別の領域に気付く=108さんの7章の認識=既に叶っている、なので
意図する事で既にあるものをみる=物理現象としても手にできる。
だと思ってました。(元々108式が発端だった認識)

まとめなどで復縁のご相談なんかでも、
「既に叶っているので叶えようとするのではなく、ほっといて遊んでていいですよ~」的なことも
おっしゃっていたので、既にあるが前提であればほっといても物理的に手に入る、
という事も含め言ってるのかと思いました。

そうではなく「叶う/叶わない」の概念が無くなり、意識としては既にあるので、
物理的に手に入ろうが入るまいが、手に入ってるのと一緒でしょう、という事なのでしょうか?
何度もすみません。。またお手数で無ければ教えて下さい。


356 :幸せな名無しさん:2014/02/09(日) 20:28:06 ID:yenxsHVk0

>>354>>355
マインドは「叶う/叶わない」がなくなると聞くと騒ぎ出しますね。
「叶う/叶わない」の二元性は、叶うかどうかわからない次元でしかありえない概念です。
全部あるのに「叶えるためになにかしよう」とは思わないと思います。
見たいものを見ればいいだけですから。
>>116>>181②と同じですね。

357 名前:17 投稿日:2014/02/09(日) 20:49:36 ID:xag7te8s0

>>356
自己観察さん?

>>181②「意識上だけで幸せを感じる」ことは不可能です。
=意識だけじゃなく物理的にも手に入る、ということでOK?


358 :幸せな名無しさん:2014/02/09(日) 22:33:50 ID:yenxsHVk0

>>357
「叶う/叶わないがなくなると、叶わないのかも!」とか思って、
「意識上で幸せでも、物理的には幸せではないのかも!」とか思って
「確実に物理的にも手に入るという直接的な言葉が欲しい!」とか思ってるんですよね。

そしてそういう言葉で安心できたら
「よし、物理的にも手に入るんだから安心して自己観察しよう!」とか思うわけですよね。

それって「手に入れるために自己観察しよう」ってことではないですか?
自己観察をするにあたって、根本的に気づくべき思考ってこのへんじゃないでしょうか。
つまり「物理的に手に入れるために」という思考は正当性があるんでしょうか。

まあ最初はそれが動機でも仕方ないとは思うんですけど、そういう思考をいつまでも信じていると
思考が錯覚であることに気づくのは難しいのではないでしょうか。

360 名前:17 投稿日:2014/02/09(日) 23:50:15 ID:xag7te8s0

>>358
181②の文章の解釈を再確認してるだけで、他意はないですよ~。
「手に入れるために自己観察を」ってのだと確かによろしくないですが、
そちらはあまり意識してないです。

・・・いや、なんか聞いちゃまずい話ならやめときますが。。


362 :幸せな名無しさん:2014/02/10(月) 10:13:20 ID:d4UqbTQs0

>>360
聞かれてまずくはないですが、そんな大前提を今更確認されると何とも言えない気持ちにはなります。
じゃあいったい何の話をしてる思われてるのかしらと。
根本的なところについてですが、「聞かれるとまずいのかも?」と思われるあたり、
なんだかいろんなストーリーが作られてるのかもしれないですね。

363 :幸せな名無しさん:2014/02/10(月) 10:34:43 ID:d4UqbTQs0

あ、大前提というのは「自分=世界」のことですね。
これの実感がないといくら人の話を信じようとしても根本的な部分で疑念があるんだろうと思います。
なのでそこにしっかり向き合ってみるといいかもしれませんね。

364 名前:17 投稿日:2014/02/10(月) 20:30:53 ID:AztkavFU0

>>362 >>363
ただの文意確認のつもりでしたが、お気持ちを揺らしてしまい申し訳ないです。
ご返答が、疑念と向き合ってみるといいかも、となるならそれで。
色々ありがとうございました。


373 :幸せな名無しさん:2014/02/11(火) 23:29:33 ID:apgx7B6E0

>>364
こちらこそわかりにくくて申し訳ないです。
文章の確認ということでいうと「これはこういうことですよね」という端的な確認は
肝心の部分を理解した上での確認なのか、まったく無視したうえで都合のいいとこだけを
確認したいのか判断しにくいです。

私の感覚では理解してたらそこは確認しないんじゃないか?と思うことが多いので、
文章上ではそうであっても、それをそのまま肯定も否定もできないなと思うのです。
それよりも質問が出てきた背景に、問題点というか不安や疑念があるのでは?と思った次第です。

以前、貧乏とか金持ちというのは、
そもそもお金という概念が在るからこそ見ることができるんだ、というようなこと書いたんですが、
二元的な物事にはそれを生み出した上位概念があって、
それに気づいてしまえば二元のどちらかで悩む必要がないんです。


物理的実現の有無とか文章表現の二元性という、「どちらかしか見れない」ものしか見ないから
自分の都合が悪いものだと困ったり都合の良いものを見る必要が出てくるんです。
その両方を見渡せる立ち位置に気づけばいいんです。

自己観察というのはそういうものの見方、習慣のようなものなんじゃないかと思います。
そして質問の背景に気づくというのは、自分がどういうものの見方をしているかに気づくということだと思います。

なんか(17さんがということではなく)私が答えるかどうかを選別してるかのような?
印象があるみたいなんですけど、そういうつもりはないんですよ。
マインドは二元的な答えを求めるけど、そこに真実なんてないから答えようがないんです。
まあ私もふてぶてしいというかあまり優しげな答えかたはしてないですけどね。

自己観察スレ2
 
                 Sponsored Link


[2015/09/15 01:54] | Category * 自己観察式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.