「自分=世界」 全ては一つのもの
http://geminikanon.blog.fc2.com/
Sponsored Link
748 名前: 577 投稿日: 2010/03/30(火) 07:52:45 6YRr958M0

画家さん、内なる存在…という言葉は
使い慣れていないので、ちょっとよく分からないのですが、
恐らく、「こうありたい、こうあろう!これが素敵な私だ!」
そう感じている自分自身の事でしょうか?

頭もよくて、勉強だろうと仕事だろうと要領よくこなし、
友達にも恋人にも恵まれ、何も憂う事無く楽しく毎日を過ごしている私…

こういう「崇高な理想の私」と繋がるというか、
想像の中でそこに身を置いてみる、本当はこうなんだと感じてみる、
たしかに心地良さ、安心、平和で一杯ですね。

*********

内なる存在を感じてみて、ちょっと自分でも驚いた事があります。

実は、もう1年以上も前から、理想の私を目指して
画家さんの仰る「内なる存在=理想の私」を感じようとすればするほど
内なる存在の私をそのまま、こちらの現象界の私に持ってこようとすればするほど、
何一つ思い通りに行かない現実を見て焦って落ち込むばかりの日々だったんです。

思い込ませようと躍起になっていましたから、
「思い込ませる」という所作自体が、理想では無い私という光景を
より強固に見せてたのかもしれませんね。

今までは、一番上に書いたような一体化が苦しくて出来なかった。

でも、今回のお説教事件のようなピンポイントはまだしも、
漠然と目の前に広がり続けてきた、満たされていない光景・現象に対する
「嫌だ!嘘だ!こんなの感じたくない!こんな世界で生きたくない」という気持ち自体は、
かなり時間を掛けて知らず知らずのうちに、大分和らいできていました。

よく言えば、今展開している現象化に慣れて、特に嫌悪の感情が無くなった。
悪く言えば、どうあがいても現象化が思い通りに行かず、諦めてしまった。

だからこそ皮肉な事に、理想の私を感じて、一体化が出来るようになったのかもしれない。

お稽古というか、ごっこ遊びの延長だと思ってやってみます。
お説教リミットは明日の朝…。


846 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/30(火) 23:14:56 ID:RPnMMGvg0

>>748
>内なる存在…
そうです。
「崇高な理想の私」です。
一言で言えばネガティビティを一切含まない、あなたの集大成だと思えばいいです。
あなたの望み、願い、理想、夢、現実面さえ含めて完璧にコンプリートされた波動存在。


つまり本来の自然なあなた、です。

これはエイブラハムの用語です。
詳しくは「引き寄せの法則の本質」を。

>内なる存在の私をそのまま、こちらの現象界の私に持ってこようとすればするほど、
>何一つ思い通りに行かない現実を見て焦って落ち込むばかりの日々だったんです。

はい。
内なる存在、あなたの理想を物理次元に持って来ようとする時、
そうではないコントラストとぶつかります。
そしてあなたはまた辛くなる。

この、「辛くなる」こと自体、あなたは本来完成され
しかも拡張する存在だということの証左、
全ての現実が思い通りに「叶っている」証左になるのです。
さもなくば辛さなど体験できません。

そしてここ、ポイントですが、
内なる存在を「不足を抱えていると思い込んでいる」あなたに上書きするとそうなる。
逆に、あなたが内なる存在に近づけば、否、内なる存在の波動状態を受け入れれば、
あなたはそれと共鳴します。


わかります?
持ってこようとすると上手く行きません。
あなたがその「内なる存在」に折れるのです。
屈服するのです。すると上手く行きます。


>「思い込ませる」という所作自体が、理想では無い私という光景を
>より強固に見せてたのかもしれませんね。

はい、思い込ませようとする行為があなたの持つ錯覚としての不足を強化してしまうわけです。
思い込ませるのではなく、受け入れるんです。

>だからこそ皮肉な事に、理想の私を感じて、一体化が出来るようになったのかもしれない。

なんであれ使えますなんであれ。
今回の出来事をあなたが内面に開眼するためのプロセスだとしてもいいし、
何がしかのブロック崩しだとしてもいいし、単なる忍耐実験(笑)にさえ使える。
またはあなたの完全性を証明するためのコントラスト(反対物を使った自己認識)としても使えます。

>お説教リミットは明日の朝…。

この三点リーダは何ですか三点リーダは!wwww
あなたが恐れるべきものなど、この宇宙、外宇宙、大宇宙、∞宇宙のどこを探してもありません。
恐怖は錯覚の所産。真実ではありません。
そんなもの、最初から無かったのです。

842 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/30(火) 22:53:41 0X0Ho6iw0

エイブラハム新刊、いいですね。(表紙の虹色ホログラム?ヴォルテックスも美しい)
帯のコピーがどうのっていってたくせに、結局早々に入手してしまったというw

でもよかった。
あの、たたみかけるような繰り返しで、思い込みを削りとられていく感じが!!!
以前、既刊を読んだときはそれほどピンとこなかったんですよ。
なんか「創造する」っていう表現と、感情をずらしていくっていうのがね。

でも、今読んだら、エイブラハムに限らずどの本も
「すでに望むものはあるからとっとと受け取りなさい!
方法はこれこれですよ。とってもシンプルですよ」
って
いってるようにしか思えなくなりますたww

画家さんお勧めの「本質」も読み直してみます。「お金と引き寄せの法則」もオヌヌメw
あ、なんか回し者みたいになってきちゃったノシ ピャ!!!


847 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/30(火) 23:20:40 ID:RPnMMGvg0

>>842
エイブラハム、いいですよね。
今ある精神世界本の中では一番バランスが取れた、健康的な、しかも英知溢れる本だと思います。

よく「エイブラハムって馬鹿みたい」という意見を聞くのです。
そうです。
真理とはこんな簡単で馬鹿みたいなことだったのですw

私もエイブラハムの回し者になってるなw
それも板チケでwwwwww

そこでフォロー。
チケットの副読本として、エイブラハムをオヌヌメします(爆)

858 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/31(水) 00:31:44 vjhgHy0A0

画家氏、昨日はお世話になり・・・・。
少しずつ自分の感情のブロックを解除と言うか感じてみたんです。

そしたら「今」もずーーっと(幼少期の)トラウマというか
コンプレックスというか、とにかく大人になった今現在も
持ち続けているということが分かりました。

と言うか、実は気づいてたけど
見ないふり知らないふり、どうでもいいふりで目を背けていました。
「どうせ○○だから」で願望を押し込めて代替の「人・物・事」で代用してました。

だからいつも叶っても叶っても
「ニセモノ」を摘まされてる気分でしっくり来なかったんです。
全く「嵌ってない」感覚でした。


864 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/31(水) 00:55:10 ID:RPnMMGvg0

>>858
そんな感覚が知覚できただけでもめっけものです。
観念は暴露(知覚)された時点で力を失います。

このあぶり出しの方法は108メソッドの中心になる方法です。
「チケット」第一章にその構造が詳しく書いてありますのでおさらいしてみてください。
どうにもならないな、と思ったときはチケットを読み直すのがおすすめです。

ブロックとはあなたが行きたい方向へ行きにくいと感じるとき、そこにあります。
それは「感じたくない感情」への禁忌としてあるのです。
ですからもし、いやなことに遭遇したとき、見たくない感情を見ることになる場合があります。
それがブロックを解除するきっかけともなるんです。

わざわざそんなシチュエーションを引き寄せなくてもいま、ここでやれる方法がこれです。

先ず望みをはっきりさせましょう。
望みがわからなかったら(解らなくなるほどブロックしている場合もあります)、
「私は何を望んでいるのだろう」と問いかける。
このとき思考で答えを捻出しないこと。ここ重要。
問いかけっぱなしにすることです。


また、ある思考があなたを苦しめたのなら、それを転換するか、
「私は何故このようなことを考えているのだろう」
と問いかけてもいい。

虚無感に襲われたら
「この虚無感って何だろう?」

絶望感に襲われたら
「この絶望感って何だろう?」

と愛情を込めて問いかける。
この行為そのものが解放への動きとなる。

>そしたら「今」もずーーっと(幼少期の)トラウマというか
>コンプレックスというか、とにかく大人になった今現在も
>持ち続けているということが分かりました。

おk、おk。
そのトラウマ(嫌な気分)に「この気分って何?」と問いかけてみる。
思考で追わないのです。問いかけたら忘れる。
気が付いたらその嫌な気分が軽くなっています。

その気分を駆逐しようとはしないでください。
あなたの一部です。しかし無効化することができる。
無効化すると単なる思い出と化するのです。

>全く「嵌ってない」感覚でした。

すごくよくわかる。
そしてあなたの望みも。
あなたは安心と価値ある自分を復権したい、のではないですか?
もしそうだったらその安心と価値ある自分を思うとき、あなたのこころは暖かくなるはずです。

さあ、焦らずぼちぼち行きましょう。

866 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/31(水) 01:19:39 vjhgHy0A0

>>864
>安心と価値ある自分

その通りです、全くもって。はい。

幼少期のトラウマは「責任」です。
ほんの3・4歳ぐらいで何故だか分からないけど
ものすごい責任を負わされた気がします。

そのとき家庭がゴタゴタしてたせいもあるし
で、今現在も「責任」がやたらと重く圧し掛かってます。
無いとわかってても有る(気がする)


871 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/31(水) 02:21:20 ID:RPnMMGvg0

>>866
じゃあ今回は「責任」をテーマにしようか。

「責任を手放そう」

こう自分に問いかけてみて。
何らかの抵抗があるはず。その抵抗を全部暴露しよう。

恐らくあなたは責任に付加価値をつけて自分と同一化していると思う。
その責任を守ることが「自分の価値だ」とね。
だから自分の価値を存続させるためにこの責任を背負い込んでいる。

さて、責任を手放したとして、あなたはどうなるだろう?
あなたには「責任」というアクセサリーが必要だろうか?
責任という条件があなたの必須アイテムだろうか?
この疑問を自分に向けてみよう☆

起こっていることは全部「今」という認識を持って。
過去に遡る必要は無いよ。

872 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/31(水) 02:40:50 T7bhMesYO

画家氏。質問いいかな?
最近は願望のこと考えてもワクワクドキドキで楽しいんだ。不安感じなくなった。
私の世界にコレ!!っていう完璧なものがあるからなんだけど。

現実で、本願関係のシンクロだとかそういう類の話が出たりすると、心臓がドキッ!っとするの。
反射的に恐怖心が襲ってくる。ちょっとするとおさまる。

昔は「願望=苦しみ恐怖」だったからそれが残ってるんかな?
本当に一瞬、うっ…怖い!ってなる。んで、その夜ちょっと不安定になる。

普段考えるとそんなこと、ぜぇ~んぜん、ないのに。
こりゃほっといていいのかな?


873 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/31(水) 02:45:54 ID:RPnMMGvg0

>>872
その「心臓がドキッ!」がどんな感情なのかちょっと解りませんが、
直感的にコメントすると、現実の認識が変わる(観念が変わる)ことに対するインパクト、かな。
それが当たり前になると徐々に落ち着きますよ。
寧ろそれを楽しんだほうがいいです。

875 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/31(水) 02:50:02 ID:RPnMMGvg0

>>872
>その夜ちょっと不安定になる。

それが恐怖感なら願望が叶う訪れを過去散々苦労した記憶が
「こんなんで叶ってたまるか!」と反発しつつもそれを受け入れざるを得ない否定感ですかね。
苦労が水の泡だわ、私何をやってきたんだろう、みたいなw

しかしその苦労があってこそ今のあなたが居るわけだから、いい子いい子してあげて。
苦労した自分も一緒に居ていいんだから。

874 名前: もぎりの名無しさん 投稿日: 2010/03/31(水) 02:45:57 vjhgHy0A0

>>871
そう、「責任」=「自分」みたいな事をずっとやってきましたね。

「責任感が強い」が周囲の評価でした。いつも。
その期待に知らず知らず応えていく内に責任から逃れられなくなって
勝手に「自分には責任があるから!」といいわけして
自分の願望はいつも後回しで今に至ります。

私から責任を取ったらほんと「虚無」です。
いつも感じてる「虚無感」はここにあるんでしょうかね・・・・・。


877 名前: 画家 ◆utHkaCg902 投稿日: 2010/03/31(水) 02:56:29 ID:RPnMMGvg0

>>874
その虚無感は

「責任を手放したら私には何も残らない」
「全くの無価値だ」

という思考(信念)ですね。
よくここまで炙り出せました。

あなたは
「私は親をはじめ、他の人々から愛されるためには責任が必須だ」と条件付けられてきたのです。
しかしもしあなたが責任を手放してもあなたの価値には何の影響もありません。

寧ろ・・・・
その責任を快く手放した瞬間にあなたはもっと重要な責任を持つことになる。
自分に対する責任です。それは自分を愛することです。
これがあなたに欠けていたもの。

今日はこのくらいでベッドに入って自分を労わってやってゆっくり休んで。

上海雑伎団スレ【第十七幕】
 
                 Sponsored Link


[2017/04/25 14:47] | Category * 画家式

 

 
Copyright © 2017 ザ・チケット板☆備忘録, all rights reserved.