エゴとの距離をコントロールするコツを掴む練習

1029 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/10/24(月) 15:50:59 ID:Li0GdV720

この間、家のベランダ(マンション10階)からタバコ吸いながら下見てたんだ。
アルミの手すりにもたれ掛かって。

で、ふと「この手すりがバキッと折れたら…」って想像したんだよね。
折れた手すりごと30m下の地面に落下していく恐怖をリアルに想像して足がすくんだw
で、その想像を止めて別の事を考えてみると全然恐怖を感じなかったよ。ま、当たり前だけど。

それが面白くて手すりにもたれ掛かったまま
「落下を想像して恐怖」⇔「想像を止めて安心」
を何回か繰り返して遊んでたんだ。

結果的にそれがエゴとの距離をコントロールするコツを掴む練習になったみたいだ。
俺はバカの不器用なんで願望実現や7章認識は全然だけど「エゴとの距離コントロール」が
容易になったお陰で普段の精神状態がかなり安定してきた。なんというか世界に感謝ですw


1048 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/10/25(火) 10:55:16 ID:2LHohR360

>>1029
セドナに似たメソッドがあったよ。
正直、自力でそれを会得したのは凄いと思う。


1051 名前:KEN 投稿日:2011/10/25(火) 13:41:04 ID:7xNRwRoEO

>>1050さん
そのスイッチ操作のやり方を教えてください(^O^)



1052 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/10/25(火) 14:34:57 ID:RZUzdx92O

>>1051
椅子にでも床にでも楽な姿勢で座ってタメ息つきます。
息吐くタイミングで肩の力をふっと抜きます。
それを何回か繰り返して、ま、要は体をリラックスさせるわけです。
敢えて呼吸を意識するのはこの時だけですね。

で、鳩尾あたりの感覚に意識を集中させます。
思考が湧いてきても放っときます。


湧いてくる思考を捕まえてしまっても淡々と鳩尾あたりに意識を戻すだけです。
思考を止めようとするよりも、胸の感覚に意識を集中する方が簡単かと。

以上の手順を「ゆる~く適当に」するのがコツかも。
そうしてるうちになんだか満たされた感覚になってきます。
あとは好きなだけその感覚に浸って下さい。

慣れてきたら20秒もあればその状態になれますし、
ぼけっととネットやテレビ観てるうちに勝手にそうなる事もあります。
いろいろなやり方があるかと思いますが俺の場合は以上です。

108以外 質疑応答【5】

Sponsored Link

お知らせ
チケット板☆備忘録のTwitter


PR
自己紹介


Author:双子座 (カノン)

・・・第7章・・・別の領域・・・
結果ではない、原因の領域。

内側の認識を変更すれば、
外側に反映される。
現実は、すでに終了している
ことを再生しているに過ぎない。

「今」が全ての始まりであり、
現実の起点。

実現した振動数で存在せよ・・・!

最新記事

迷宮突破
 初めてのかたへ

 カテゴリに「~式」というのが
 たくさんありますが、迷ったら
 108式からどうぞ。

 他にはU4式、自己観察式などが
 よく読まれています。↓
カテゴリ

全記事表示リンク
リンク
ブックマーク
仮面ライダーAmazon
検索フォーム


RSSリンクの表示

オススメ動画
108さんのYoutubeチャンネル


108ザ・チケット

プロ読書家 しもんさんによる
ザ・チケット 解説



①願望実現の秘密は「今ここ」ある。 反芻思考を止めたいなら「ありがとうの力」と「笑いの力」を利用するのが簡単!



②【1秒で現実を変える方法】ある「言葉」をスキマ時間に発するだけで「現実が変わる」!世界は完全に「言葉」で創られている!

ゲーム視座の桑田式 解説


この世は「ゲーム」この視点を知ったあなたは、どう生きていきますか?

役者視座のクレ式 解説


本気で叶えたい方だけ観てください。使うとすごい効果のある「奥義」についてお話します

 border=
Twitter
108さんTwitter
  @Ticket108

双子座 (カノン)Twitter
  @geminikanon_fc2
巨匠リンク
同士(車田ヲタ)専用
+双児宮メールフォーム+




QRコード
QR
リングにナゾかけろ
「エゴ太郎」とかけまして、
「確率変動しかない
パチンコ大当たり」
と解きます。

そのココロは・・・

大当たりするのは確定してるのに
「本当に当たるの!?
当たんないんじゃない??」
って、不安になって
変な打ち方してみたり、隣を
やたらと気にしてしまったり。

隣は連チャンしてるのに…
台が悪いのかも?って思って
違う台に移ったり、
打つ事自体をやめてしまったり・・・。