318式05 選択して受け入れたら「選択したものが姿を現す」んです

473 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/12/21(水) 14:27:20 ID:YyfE4q2oO

世界=自分、既にあるなど感覚としてこれかな?ってところまではあるんですが
「絶対そういう世界だったって言い切れる?」って問われたら確信が持てません。

そこを絶対的に信用すればポンポン叶うような気がするのですが、
達人さん達の書き込みをみてそうか、そういうことだったのかと思っても疑っている気がします。
確信を持つにはどうしたらいいんでしょうか?



474 名前:318 投稿日:2011/12/21(水) 15:01:34 ID:dyEnX92w0

>>473
>確信を持つにはどうしたらいいんでしょうか?

認識に至る過程は人それぞれなので、これがあなたにとってのきっかけになるかどうかは
分かりませんが「自分の中で勝手にそう決めてしまう」事です。

これは僕も通ってきた道なので、すごく気持ちがわかります。
何か引っかかってるんですよね。「惜しいとこまで来てるんだけどなー」って。

>そこを絶対的に信用すればポンポン叶うような気がするのですが

この思考は、言い方を変えると「信用を待っている状態」と言えるかと思います。
言い方変かもですが、「信用できるまで信用しない」と言ってるようなものです。
そしてそれを発信しているものが、あなたの今までの観念(=エゴ)です。

エゴは今までの世界しか知らないので、
「絶対そういう世界だったって言い切れる?」と訴えかけてきます。
「絶対そういう世界」が理解できないからです。

その声に耳を貸すと、「絶対そういう世界だったって言い切れる?」の立ち位置で止まってしまいます。

前のレスにも書いたのですが「何を選択し受け入れるか」だけです。
選択して受け入れたら「選択したものが姿を現す」んです。

できるのを待つのではなく、してみて下さい。
立ち止めようとする思いが湧いてきても、無視して下さい。
それは今まで採用してきた「観念」なだけですから。

「世界=自分だ。誰がなんと言おうとそれは決定」
こう決意してみて下さい。
世界が反応し、それを裏付ける現象が現れてきます。


476 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/12/21(水) 17:14:44 ID:YyfE4q2oO

>>474
>この思考は、言い方を変えると「信用を待っている状態」と言えるかと思います。

言われてみれば確かに確信できる証拠が現れるまで信用できませんという待ちの状態かもしれません。
待つのではなく選択してしまえばいいという事ですね。
これは現実がどうだろうと関係ない、現実からリアリティを取り除くことと似ていますね。
>>318さんありがとうございました!



477 名前:318 投稿日:2011/12/21(水) 17:24:19 ID:dyEnX92w0

>>476
いいえ~どういたしまして!
あくまで僕の感覚なのですが、「世界=自分」って、チケット的アプローチの中では
割と重要だと思っているので、近々まとめたものを投下してみようかなと思っています。


485 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 00:19:02 ID:dyEnX92w0

>>477 にも書いていますが、「世界=自分」や、
その他気づいた事について、現状の認識をまとめてみました。
あくまで私見ですし、正直大した事書いてないですし、実像の捉え方は自由だと思うので、

軽い気持ちで読んでみて下さい。


486 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 00:21:52 ID:dyEnX92w0

いきなりですが、下に書いてある状況をイメージしてみて下さい。
「○○(家族、友達、恋人など)と一緒に遊園地にいる」

頭にイメージを作り出せたと思いますが、そのイメージの中に居る自分ではなく、
人、空間、物も含めてイメージ丸ごと全体が「自分」です。

で、そのイメージ全体が自分ならば、そのイメージの中に出てきたものは全て、自分自身とイコール
ということになります。なぜならば、作り出したのは自分自身(の中から)だからです。

この感覚で目の前の現実を見てみると
「目の前にあるものは全て自分自身」という事になります。
つまりこれが「世界=自分」です。

いわゆるエゴ視点で現実を見ている時、
「現実(世界)の中に自分が居る」といった感覚だと思うのですが、

自分(意識)の感覚で現実を捉えた時、
「現実(世界)と自分が一体化している」感覚になるかなと思います。

で、「イメージすると現実になる」とよく聞く事があると思うんですが、
それはどちらも「(自分が)投影しているもの」だからです。

なので「イメージ=現実」とも言えます。(イメージしたら絶対叶うとかそういう意味ではないです)

で、先程のイメージを思い出すと、そこに投影されているのは、
自分の「常識・情報・知識・記憶」つまり「観念」の総合結果です。
例えば上記のイメージをAさんとBさんが創造した時、そこに居る人や遊園地の雰囲気など、
イメージ結果は異なってくると思うんですが、これはAさんBさんの「観念」が異なるからです。

で、目の前の現実にも自分の中にある「観念」が投影されているのですが、これが
それぞれの人で異なる為、「体験している現実はその人オリジナルのもの」という結果になります。
これが「宇宙は人の数だけ存在する」という事です。


488 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 00:33:21 ID:dyEnX92w0

(>>483のつづき)
ここで上記の内容をエゴ視点から見ると「うそつけ!俺が投影しとる!」
「私が願っても叶わんし」とか騒ぎ出すと思うのですが、
エゴが現象化しているのではなく「本当の自分(別の領域)」が現象化しています。

「本当の自分」の実像については、自己観察さんのまとめなどに詳しく載っているので割愛しますが、
簡単に書くと、自分の本当の正体は「全知全能の存在、あらゆるもの全て」だという事です。


491 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 00:46:31 ID:dyEnX92w0

そしていわゆる「願望」というものも、実はこの「別の領域」から湧き出てきています。
これが「現実は自分が作っている」と言われる意味です。

実は誰でも、常に別の領域に居ます。

「常に自愛している」というのもそういう意味です。
「意味分かんない」と感じるのは、エゴのベールで見えなくなっているだけです。
それを見抜いて取っ払ってみましょう、そしたら人生は楽しいですよ!ということです。


492 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 00:49:22 ID:dyEnX92w0

何とかまとめてみました。伝わりましたかね?
思った事あったらお聞かせ願えると嬉しいです。


494 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/12/22(木) 01:39:38 ID:utxK6XGQO

私は人体の専門家ではないので間違ってるかもしれないですが
目から入ってきた情報を脳が処理して見えているように作り出しているならば
脳が作り出している自分の世界なんだろうなと漠然と思ってました。

外にあるものを見ているのではなく映し出してるのだろうと。
映し出すもとは自分しかありえないので
自分が世界を作っている、自分=世界、になるのかなと思ってます。

それをわかりやすく丁寧にいうと318さんが言ってることになるんだなぁと思いました。
間違っていたらすみません。


495 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/12/22(木) 01:51:30 ID:utxK6XGQO

もはや願望は願望にあらず、見たいものを選んで映すだけなのかな。

既にあるんだから映るに決まってるし、別の領域から湧き出るというのも納得。



500 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 17:10:39 ID:dyEnX92w0

>>494 >>495
>外にあるものを見ているのではなく映し出してるのだろうと。
映し出すもとは自分しかありえないので
自分が世界を作っている、自分=世界、になるのかなと思ってます。


そうそう、僕が伝えたかったのはそういう事です。
世界=自分って、けっこうつまづいちゃうポイントだと思うんですよ。僕もそうでしたし。

で、>>486 に書いたのは「こう捉えると分かりやすいですよ~多分」ってことで、
「世界=自分ってどんな感じだ?」といった方に、少しでも伝わればな~と思って書いた次第です。
なので「これがそうか!」という答えではないです。
というか、「答え」と捉えないで欲しいと思っています。

>もはや願望は願望にあらず、見たいものを選んで映すだけなのかな。
既にあるんだから映るに決まってるし、別の領域から湧き出るというのも納得。


ホントその通りですね~。
実現を認めれば、何でも出来ると思います。



503 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/12/22(木) 17:55:20 ID:QMWwb0AMO

>>500
318さん、横からすいません。
もうちょっとですっきりしそうです!質問させてください(^人^)

願望が叶った→自分にとって好ましいものを映し出せている

願望が叶っていない→自分にとって好ましいものを映し出せていない

というだけのことなんですね。

自分が自分の世界で、あれみようって決めることで、みれることを知ることさえできれば、
叶えるために何かしないととかは不要で、自分の決定が全て ということですよね?

そして、叶えるために何かイメージとかしないとって思考したり、
こういう状況だからとか分析したりとかするのが、いわゆるエゴで

自分のみたい世界を自分がみることを許して、自分の決定でみれることを知れば、いわゆる
願望が叶った=自分にとって好ましいものを映し出せていることになる。

解釈あってますか?



504 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 18:20:29 ID:dyEnX92w0

>>503
>願望が叶った→自分にとって好ましいものを映し出せている

願望が叶っていない→自分にとって好ましいものを映し出せていない


言葉でわかりやすく言うと、そういう事になるかと思います。
ただ、上の2行の表現ですと、「叶う・叶わない」という「願望=不足」視点、
いわゆる「エゴの視点」でとらえてしまう事になるので、僕の表現で書くと

意図が実現した→障害となる観念が無い
意図が実現していない→障害となる観念がある


となります。
ただこれはあくまで表現というかニュアンスの問題ですので、
ご自身が良いと思う表現で全然OKです。

>自分が自分の世界で、あれみようって決めることで、みれることを知ることさえできれば、
叶えるために何かしないととかは不要で、自分の決定が全て


その通りです。

>そして、叶えるために何かイメージとかしないとって思考したり、
こういう状況だからとか分析したりとかするのが、いわゆるエゴで


これもその通りです。思考と観念が自動的に反応しているだけです。
いわゆる「パブロフの犬状態」ですね。

>自分のみたい世界を自分がみることを許して、自分の決定でみれることを知ればいわゆる
願望が叶った=自分にとって好ましいものを映し出せていることになる
解釈あってますか?


そうなります。
ですが、あくまで僕自身の感覚ですので、ご自身の感覚を一番大切にされて下さいね。


506 名前:もぎりの名無しさん 投稿日:2011/12/22(木) 19:08:53 ID:QMWwb0AMO

>>504
318さんありがとうございます!なんか自由になったかんじです( ´∀`)

決めていいって自由ですね☆
逆に自分しか決めれないのだろうけど。



507 名前:318 投稿日:2011/12/22(木) 19:34:39 ID:dyEnX92w0

>>506
はい、ご自身で決めて良いんですよ。
そして全てを作りだせるのはあなた自身です。

完璧で全てが在るこの世界で、完璧なあなたのままで自由を満喫して下さい。

108以外 質疑応答【6】
Sponsored Link

お知らせ
チケット板☆備忘録のTwitter


PR
自己紹介


Author:双子座 (カノン)

・・・第7章・・・別の領域・・・
結果ではない、原因の領域。

内側の認識を変更すれば、
外側に反映される。
現実は、すでに終了している
ことを再生しているに過ぎない。

「今」が全ての始まりであり、
現実の起点。

実現した振動数で存在せよ・・・!

最新記事

迷宮突破
 初めてのかたへ

 カテゴリに「~式」というのが
 たくさんありますが、迷ったら
 108式からどうぞ。

 他にはU4式、自己観察式などが
 よく読まれています。↓
カテゴリ

全記事表示リンク
リンク
ブックマーク
仮面ライダーAmazon
検索フォーム


RSSリンクの表示

オススメ動画
108さんのYoutubeチャンネル


108ザ・チケット

プロ読書家 しもんさんによる
ザ・チケット 解説



①願望実現の秘密は「今ここ」ある。 反芻思考を止めたいなら「ありがとうの力」と「笑いの力」を利用するのが簡単!



②【1秒で現実を変える方法】ある「言葉」をスキマ時間に発するだけで「現実が変わる」!世界は完全に「言葉」で創られている!

ゲーム視座の桑田式 解説


この世は「ゲーム」この視点を知ったあなたは、どう生きていきますか?

役者視座のクレ式 解説


本気で叶えたい方だけ観てください。使うとすごい効果のある「奥義」についてお話します

 border=
Twitter
108さんTwitter
  @Ticket108

双子座 (カノン)Twitter
  @geminikanon_fc2
巨匠リンク
同士(車田ヲタ)専用
+双児宮メールフォーム+




QRコード
QR
リングにナゾかけろ
「エゴ太郎」とかけまして、
「確率変動しかない
パチンコ大当たり」
と解きます。

そのココロは・・・

大当たりするのは確定してるのに
「本当に当たるの!?
当たんないんじゃない??」
って、不安になって
変な打ち方してみたり、隣を
やたらと気にしてしまったり。

隣は連チャンしてるのに…
台が悪いのかも?って思って
違う台に移ったり、
打つ事自体をやめてしまったり・・・。